Tags

わたしたちが恥を感じないために良くするのは、人とのかかわりを避けること/名誉欲を育てること/各種アディクション(ワーカホリックももちろん含む)/批評家ぶること/自分自身に対し監視していく感覚が常にある状態に入ることです。

物を壊したときに「これ、安物だったしね。どうせ国産じゃないし、人件費の安い工場で作られたんでしょ」なんて言う、(特に)男性をよく見かけませんか?そんな風に批評家ぶっている人、かなりの人数生息していませんか?

あるいは一度遅刻してしまって「こんなのダメだ」と思うと、寝る前から緊張してしまって、目覚まし時計を何度も確認したり、いつもなら気にならない玄関の確認を何度もするといった、疑心暗鬼のモードにはいって、自分を監視していくのです。

そうじゃないと「自分はダメ(な存在)だ」「(自分は恥ずかしい存在だから)居場所がない」といった、拭い去れない恥の感覚が襲ってくるから、プライドもどんどん高くなって「馬鹿にするな!」と怒ることも、増えていくんです。年をとるとプライドが高くなるのではなくて、年を取るとその恥の拭えなさに呆然とする、そう表した方が、表現として適切かなぁと思います。