Tags

「自分はこんなに変わったのに!」と思っているのに、自分をとりまく人間関係が変わらない人は、その人たちが本当に自分にとって大事な人間関係なのか見直すと、新しい風を取り入れられるでしょう。

まず、人間関係の人数は多くても、実は「馴染みがあって、どう振舞うか何を言うかの予測ができるから」という理由で、親と似た人ばかり集めているのかもしれません。「予測ができる」ことを安心と紐づけてしまっているから、どんなに海外に行っていたとしても、あなたは実のところ外の世界は知らないのです。

次に、あなたがもしも本当に変わったのなら、そしてあなたが誰かにとっての大切なら、誰かは必ず変わります。つまり、あなたが本当に変わったのに、大事だと思っている誰かは変わらないなら、あなたは大事だとは思われていないということです。

憧れのソファーを部屋に運び入れたいなら、ないと困ると思っている本棚は手放す必要があるかもしれません。酔っているから演じる人ではなく、ケアと愛の違いを理解している、大事な人があなたの周りに溢れていくと、「これが人とつながるということか!」とわかるでしょう。