Tags

コーチングで基盤にしている考え方の一つに「人はそもそもwholeであり、欠けたところがない」があります。月は地球から見ると、欠けたり満ちたりしてみえますが、実際には、太陽と月と地球という三者の関係によって、そう「見えているだけ」で、月自体が欠けたりはしません。

(もし、月自体が欠けたり、新月の時に至っては消滅しているとするならば、毎回同じように膨らんでいくという神業をわたしたちは見せてもらっていることになります。その方がすごいかも…)

先日の中秋の名月の次の日は、満月に当たりましたが、2019年で一番小さく見える月でした。同じように大きく見える月もありますが、これもやっぱり、月自体がその大きさを変えているわけではありません。

人も同じです。その人自体は欠けたり満ちたり、小さくなったり大きくなったりしません。ただ色々な関係性の中に生きているため、欠けて見えたり満ちて見えたり、小さく見えたり大きく見えたりするだけです。

自信がない時、自分でも自分が細い三日月や新月に見えていたり、自慢げに見えるときには自分では自分が大きいと思っていて他からは小さく見えているのかもしれません。でも、月はいつもまあるくて、大きさも変わりません。変わらない喜びが、そこにあります。