Tags

みなさんにとって、自信とは何でしょうか?ちょっと自分の言葉を探してみて、それから続きを読んでみませんか?

わたしたちは、しばしば必死で得たはずの居場所を「これでいいのかな?」と疑います。「本当にこの職業になりたかったのかな?」「なんで、この立場引き受けたんだっけ?」「母親がこんなにきついと思わなかった」こんな感じです。

そして、一度その居場所を失って、なぜ今自分がここにいるかがわかっているとその感覚を自信と呼んだり、またそこにつながる憧れる感覚(例:初めてコックピットから空を見た感覚/初めてメスを握った患者さんの後ろ姿)を思い出すと、自信が戻ってきたように知覚したりします。

ただこれらは、比較的浅い感覚です。だからこそ失ったり蘇ったりします。自信はもっとやさしくて柔らかくて、伸び縮みするような感覚です。そして、そこにアクセスできる権限は、いつでもみなさんが持てたりします。