Tags

地面に座って、足を前に移動して、つま先や足裏を触れるような前屈を、皆さんのしたことがあると思います。

この時に「背中のストレッチが目的だから、ふくらはぎや太ももはリラックスできる状態を保ってくださいねー」といっても、ふくらはぎや太ももがつりそうになるまで頑張る人がいます。

「ほら頑張ってるでしょう」と言う見栄に他なりませんが、この時に「あのポーズがきついからもうやりたくないな」と言う感想まで持っちゃうのです。

繰り返しになりますが「ふくらはぎや太ももはリラックスした状態を保つように」と、こちらからは伝えているのです。だけどご自身のエゴで「いやいやそんなこと言っても、もっとできるし」とがんばっては「あのポーズはきついから嫌です」と言ってくるのです。

きつい嫌なポーズにしたのは、自分のエゴなんです。そうやって「がんばる」と言うエゴをいつも稼働させて素直じゃないのは、ご自分なんです。背中のストレッチなのに、ふくらはぎや太ももにまで拘るみたいに、いつもフォーカスするポイントを間違えてしまうのは、ご自身の方なのです。こういう状態にあると、失敗や絶望の力を活かしていくことができません。