Tags

毎日に喜びを増やしていくには、あなたから力を奪っているものを排除する必要があります。その一つに、多くの方が既に嗅覚をかなり失っているから気づいていない、化学物質の存在があります。

クラスで順番に回ってくる子どもの給食着や家に来た業者さんなど、外から来た「いい仕事をしてくれた」「いい人達」が持ち込んだ香りの成分である毒物は、家の壁や天井などに沁みついていて、主に夏になると揮発します。高温多湿下で揮発するときにも、匂いというよりその成分がみなさんをだるくさせたり、喉が少し痛くなって「あれ?風邪ひいたかな?」と思わせたり、なんだかよく眠れないという状態を起こすだけで、匂いとして感知されないものもあります。

その場合、試しに壁と天井を水拭きしてみて下さい。柔軟剤の成分などは、それで再度香るので、香りとして認識されやすいから、この段階でギョッとできる方もいらっしゃいます。既に感覚をかなり失っていて、認識できない方も、高温多湿になったときに、息が苦しくなったり、気管が狭くなるような感じがあったり、ごくわずかに動悸がしたり、頭痛がしたり、セメダインのふたを開けたときのような刺激を薄めた刺激を少しでも感じていたなら、高温多湿自体も苦手かもしれないけれど、実際にあなたから力を奪っているのは、化学物質の方だと認識を改める必要があります。

除去方法は、既に今年のメールマガジン内で何度かご紹介しています。過去のメールマガジンを辿ってみて下さいね!