Tags

,

わたしたちは、特に子供時代に、苦しみやつらさに、ただ堪える他ない時期を持ちます。1歳の子が「自立して家でれば大丈夫」とは、思えなくて当たり前です。

ただその時期が長いと、もう自立して家を出られる時期にも、耐え続けてしまうことがあります。苦しみやつらさがなつかしのホームのようです。

そんなとき”I’m feeling lucky.”にたたずんでみることは、今までにない匂いを持つ風を吹かせます。つい、いつものホームとは違う方へ、足を運びたくなるんです。

朝の小鳥のように、口ずさむところから、はじめてみませんか?