Tags

察することが当たり前の人は「~なんだけど」のように、語尾をお化けにして、相手に察してもらおうとします。

もちろん、互いに察するタイプ(便宜的にタイプと書いただけです)なら、これでコミュニケーションも成立するでしょう。でも、話が通じない実績を持つ相手にこれを続けても、察してもらおうとして察してもらえなかった歴がまた一つ増えるだけで、話が通じるようにはなりません。

日本では察しあうことが美徳のようにされる傾向があると思いますが、すべてには良し悪しがあります。察するタイプの「悪し」は、依存的欲求です。「察してくれるよね?」と寄りかかって、相手との境界がおぼろげになっているとも表せるのです。

さて、依存的欲求とアサーションは、非常に相性がいいことが分かっています。「どうも依存的になっちゃうな」という瞬間を、自らの中に捉えられている人は、アサーティブであろうという意識をもって、練習してみて下さい。

相手に「~なんだけど」と伝えるのではなく、足のあるお化けではない状態にします。即ち「~が嫌なんだけど」は卒業し「~が嫌です。具体的にはこれこれこうです。〇じゃなくて▽してください」と、リクエストまで言い切るのです。

そもそも話が通じていない相手に「嫌なんだけど」だけ伝えても「じゃあどうしろっていうの?」で終わるでしょう。そうではなく「こうしてほしい」まで伝えきるのが、アサーティブな態度です。「しっかりクロージングしましょう」という表現でも伝わるでしょうか?

アサーティブになっていくと「依存的な欲求を持つ自分が嫌だな」ではなく、そんな自分も統合して、より居心地のいい自分になっていけるでしょう。そして、もう一点だけ付け加えるなら「話が通じない」ストレスを、過小評価しているから、語尾がお化けになります。実際には「話が通じない」ストレスというのは、相当なものであることがわかってきています。認識を改めてくださいね!