妊娠・出産・育児休業等に関するハラスメント

大晦日ですね。今年1年も読んでいただいてありがとうございました。まだ今年は残っているから、一緒に表題について見ていきましょう。

平成29年1月からは、妊娠・出産・育児休業等に関するハラスメントについても防止措置を講じることが事業主に義務付けられています。

このハラスメントの行為者となり得るのは、上司と同僚です。また上司が直接的な言動を行った場合は、それが1回でもハラスメントに該当しますが、同僚が行う場合は原則として繰り返しあるいは継続されたものがハラスメントに該当します。

上司が制度の利用を取り下げるように言えば、明確にハラスメントに該当します。会社として請求を取り下げさせる場合は、そもそも法律違反になります。早期の職場復帰については、そのタイミングが利用した本人に委ねられている事がポイントです。

育児・介護休業法第10条では、制度程度利用者に不利益な取り扱いをすることを禁じています。不利益な取り扱いの例には、自宅待機を命じられること/期間を定めて雇用されるものについて契約更新しない/正社員を非正規とする契約内容の更新を強いることなども、含まれています。

育児休業・介護休業・子の看護休暇・介護休暇・所定外労働の制限・深夜業の制限・所定労働時間の短縮措置・始業時刻変更等の措置等については、皆さん堂々とできる制度が整っています。セクハラと合わせて、道府県労働局雇用環境・均等室で相談を受けているそうです。平成30年の是正指導の状況等は、こちらで確認できます。

こちらも、働きやすい環境作りとご自身の心身を守るための足がかりとしてお使いください。上記に書いた事はごく一部です。

自分の尊厳は自分で守る意識も、大切です。そして、それと関連し、年末年始忙しさのあまりぐでんぐでんに酔っ払ったようになって、判断を間違えては、災厄を招き入れるような事はお控えくださいね。

職場のセクハラ対策

今年も仕事納めました!納められる喜びが、わたしの目線を上げてくれます。

さて、少し世の中がゆっくりした今日だから、普段目を向けないことに、一緒に目を向けてみましょうか?

まず、すべてのハラスメントは、①働く人の尊厳や人格を不当に傷つける ②働く人の能力発揮を阻害し、働きにくい環境を生む 点で、対策が必要です。社会的にも経済的にも損失を生む「雇用上の管理」に該当するトピックです。

もちろんここで言う働く人には、パートや派遣社員も含まれ、派遣元事業主だけでなく派遣先事業主も、措置を講じる必要があるのは当然です。

そして、セクハラの場合は ①同性に対するものも含まれること ②加害者が取引先やクライアントである場合も、社内の場合と同様の対応が求められることを、念頭に置くと良いでしょう。

例えば、a日ごろから性的な話題を公然と話していたことに抗議され、抗議した人を降格したり、bセクハラによる苦痛で仕事への意欲が減ったり、c同僚が見ていたアダルトサイトが視界に入り、苦痛で集中力が落ちることなど、すべてがセクハラに該当します。これらはすべて、働く環境を害されたと捉えるのです。

職場におけるセクシャルハラスメントの防止措置ついて、事業主に義務付けられたのは平成11年だったそうですが、だいぶ経つのにまだ正しく認識されていないケースが多いのです。

また雇用されている側のつまり簡単に言うと会社員の皆さんは、知ろうともしなかった方もいらっしゃると思うので、ご紹介しました。働きやすい職場づくりと自分の身の安全を守るために、どうぞ足がかりとしてください。

集中力upのため、作業をリ・デザイン

Bearをやめ、Google Keepに変えてみています。アプリのお話でした。

さて、作業を設計し直し、集中力を温存できるようにすることは、すごく大事です。思い切りリラックスすると、注意力もupしますから、休息や休養もしっかり時間のデザインに、組み込みましょう。

今日は、年末年始や大掃除シーズンであることを踏まえた上で、こうしたことを助けてくれそうなグッズをご紹介します。

テイジンのあっちこっちふきん

ニチバンのディアキチワザアリテープ

讃岐物産のうどん県のうどん(乾麺)

それでは、メリハリある滞りないエネルギーの使い方をして、自分の尊厳をまもるために、あらゆる作業のリ・デザイン、楽しんでくださいね。

音楽をつくるつもりで、リ・デザインに勤しむとやりやすいかもしれません。

数値目標

無農薬のみかんが安価で手に入り、うれしいです。概して、無農薬や有機の物には、あとを引く変な甘さがありません。

より健やかでありたいクライアントさんにお伝えしている数値目標は、以下です。

・毎日最低でも睡眠8時間
・毎日最低でも運動2時間(ストレッチ含む)
・毎日最高でも仕事4時間(アウトプットのみ)
(・売り上げは前年比0.9〜1.1倍)

これで、残り10時間あることになります。この10時間に掃除・洗濯・食事作り・移動・インプットなどを入れていきます。

例えば、仕事前に机を拭くとか、仕事に関連する勉強会に参加する(インプット)は、仕事の下ごしらえに当たるものですから、上の仕事時間には当然換算しません。会社内でしたら、会議時間を削減するため、経営の実行力を落とすようなパワポで大量に企画書を作る文化から脱し、A4一枚にまとめる文化に変える必要がでてくるでしょう。

そして、上の仕事時間(最高でも4時間)の中身は、うんと濃厚にしていきます。濃厚にするための仕組みづくりは、残り10時間で行っていくことになります。

年末年始は、暮らし方を変えられるいい機会ですから、ぜひ上の数値を使って、みなさんも暮らし方を変えてみて下さい。実際にこの数値をかなえている人ほど、健康診断の結果が良くなり、取引先の質が良くなり、家庭でのコミュニケーションが改善しています。

お金持ちは1円を大事にします。料理上手は大根の葉を捨てません。雑じゃない主婦は、襟の汚れだけ洗濯石鹸で洗ってから洗濯機に入れます。そんな風に、あなたは5分を「かけがえのないいのち」として扱う、自分の尊厳をまもれる人になってください。

マルチタスクをやめる

年末忙しくなってしまうという方は、「仕事」というカテゴリーに入れているものの量を徹底的に減らすことに加え、マルチタスクを止めてみて下さい。「え?!」っと思ったなら、ぜひ続きを読まれてください。

「マルチタスク=仕事ができる」「マルチタスク=効率がいい」「マルチタスク=時間短縮」のように思い込んで、マルチタスクに拘っていませんか?聖徳太子みたいなこと、潔くあきらめてしまいましょう。

マルチタスクだと、心を込めてする/今日はこうなんだと気づくといったことが薄れ、作業に見えてきて、とにかく進めていくことにだけエネルギーを取られ、次につながる学びも見えないものです。進めることにだけ注力し、深まりがないというのは、簡単に言うとベルトコンベアになったようなものです。

単純に一度に一つのことをやって、ただ順番に終えていくなら、心が自然と込められて/今度はこうしようと気づいて、毎日の同じことも全く違うことだったのだと理解できます。毎日、ちょっとしたアップデートも可能になるので、自分の在り方も深まっていくのです。簡単に言うと、人間らしいです。

マルチタスクは女性なら誰でもできるといった噓八百がまかり通った時代もありましたが、嘘だとわかっています。昔から「二兎を追う者は一兎をも得ず」と言いますね。女性も男性も、堂々とシングルタスクで物事を進めて、ロボットにならない人としての一生を送りませんか?

トップの首

今日、日食みたいですね。

さて、トップの首を切れば、責任をとったことになるのは、子供がみたっておかしな話です。

トップを変えても、問題を生んだ仕組みは変わっていないわけだから、どんどん首を切る羽目になります。そしてだんだんと、首を切られないために、無難な判断をする人がトップに来るようになって、問題の先送りをする仕組みができあがります。また、実質的なリーダー不在になります。リーダーシップがなくても、トップになれる仕組みができあがってしまうのです。

責任の所在をはっきりさせたいのは、問題を生んだ仕組みにみんなが気づくためであって、個人になすりつけるためではありません。

トップの首ばかり切っていると、責任をしつけて自分には関係ないと思う人ばかり量産する仕組みをうみます。本当に解決すべき問題からは逃れて、解決しやすい手ごろな問題に大騒ぎするのは、思考停止状態だからですが、そうする人を評価しているようだと、浪費しやすい集団や組織を作っているわけです。

一見すると、個人の話について書いているようですが、個人の中の話や恋愛などにも当てはめて応用してみてくださいね。

強い企業・強い家庭・強い人

わたしは万年日曜日みたいな常に年末みたいな土地に住んでいるので、クリスマスらしさはあまり味わえていませんが、みなさんはいかがですか?

さて、強い企業も強い家庭も強い人も、結局小学生が「しなさい」と言われているようなことを、誰にも見られなくてもきちんとやっています。

例えば、ゴミを見つけたら拾うとか、ごめんなさいを言うといった、人としての基本ができた人が集まった企業は、強くなります。

いかに無理するか無茶するかを考える人より、規則正しく暮らしている人の方が、ホルモンバランスなども安定し、予期せぬ出来事に出会った時にも崩れたりせず強いのです。

家族の誰かに何があっても、支え合う頼りになる家庭は、普段からありがとうが飛び交うし、約束を守り合っているのです。

幼稚園児や小学生に対して教えることを、自分に教えてあげてください。何度も何度も基礎に立ち返るようにすることは、つまらないかもしれませんが、最もコスパが良く、あなたや家族みんなや企業としての欲しいものを手に入れる近道です。

仕事に潤いをくれるもの

クリスマスブームを作り出しているみなさん、お疲れ様です。

さて「毎日の仕事に潤いをくれるものこそ、マニュアルだ」と言ったら、あなたはムッとしたり驚くでしょうか?

マニュアルはむしろ、仕事を硬直化させると思う方が多いでしょうか?「マニュアル=更新頻度が低い」と、位置づけているからですよね?

マニュアルはそもそも職場でみんなが思っている「こうした方がいいのに」を反映していけるアウトプット先です。つまり問題を解決したり、より改善していくことで、職場の気持ちよさをアップするために、職場のみんなが参加できるのがマニュアルです。そう位置づけてきましたか?

マニュアルをつくるには「こんなことも?」と思うようなことも、徹底して具体的に説明できる必要が出ます。そうでないと、他の人が使えません。また「自分が辞めた後も、この職場に来た人が気持ちよく働けるために」と考えることだけでも、目の前の作業を「HOW+行動」→「WHAT+実現」から見れるように、関わる全員を導いてくれます。

社員全員が経営者などとうたっても、社員はそう思っていなかったりします。経営者のような視野を社員に求めるなら、少なくとも毎月アップロードされるマニュアル作りは、ファーストステップとしてオススメです。

一生懸命の恩恵

冬至過ぎましたね!こちらは初雪でした。柚子湯は苦手なので、柚子紅茶や柚子たらこうどんを楽しんだり、レモン代わりとしていちじくジャム作りに使っています。

さて、何でもいいから、一生懸命になることは、あなたを本当に救います。と言うのは、一生懸命になる時、情熱を持つ時、あなたの中で無意識が働いてくれるからです。

意識は、狭い領域にフォーカスし物事を進めてくれます。一方、無意識は非常に広い領域をソフトフォーカスで見ながら、大事なところで自分を守ってくれます。意識が捉え切れない脅威を無意識は察知して、あなたをまもろうとしては「もっとできたのに、やらなかった」という事態を引き起こしてくれるからです。

無意識の起動がうまくいっていない方も、たくさんいらっしゃいます。意識で「頑張らないと!」と自分を追い詰めては、ギリギリのひやっとする状況を作り出したりぶっ倒れて、やっと無意識が働けるようになるんです。

そんな悲しくなる選択をしなくても、意識と無意識か和解する方法はたくさんあって、それは何か目の前のことに一生懸命になることなんです。あるいは、何度も書いてきたように、ルーティンを持つことです。それはみなさんに、規律に満ちた生活ではなく、自由な生活を運んできてくれます。

不安ってなぁに?

比較近いパン屋さんで、帰り際になぜか「ありがとうございます!失礼します!」と言われて、笑ってしまいました。

さて、例えば初めての土地に行って、どこか落ち着かない感じは、不安という状態なのだと、自覚していますか?

これからのことを考えると、緊張してどこか落ち着きを失うのは、決して当たり前ではなく、不安と呼べる状態です。

急に社宅を出なくてはならなくなり、部屋をみないまま契約してしまったりするのは、決して健全な状態ではないと、自覚できますか?びっくりしたとき、身体がこわばるなら、あなたは不安なんです。

スマホが壊れそうだからと、どんな機能を今使っているかに基づいて探すのではなく、予算外のスマホまで見て、妄想しては大騒ぎするような、実際にはさほど重要ではないんことに思い悩む状態こそ、自分が不安な状態なのだと理解できますか?

どうしようもない考えが出てきて、集中力散漫になるのは、あなたが不安状態にある証です。

これらのこと一つでもハッとされたなら、あなたの過ごす時間の中では、不安が当たり前になっています。そして、あなたの周りの人も不安な人ばかりでしょう。似た者同士だと気づけません。あなたは、心身に良くない人間関係を保っているのです。

新年に向けて、改めて、不安という状態にある自分を理解するところから、自分の今の人間関係を認識しましょう。

田舎の飲食店

川べりに実っていた赤い実が美味しそうでした。そう、わたしは田舎に住んでいます。

人が多いところつまり都会だと「この料理がおいしかったから他の料理もおいしいだろう」と言う発想が、大抵当たります。

しかし、人が少なかったり過疎化が激しかったり人の振る舞いがひどいところほど、つまり質の悪い田舎ほど、上記が当てはまりません。

例えば、ごまのケーキはおいしいけれどガトーショコラはイマイチで、ランチに至っては最悪だったりします。食べログ等の評価が一定以上を超えている場合でも、一点だけおいしいものがあるに留まります。

カフェや飲食店に求めるのは、おいしさだけでなく人とのつながりや休憩所としての機能など多々あると思いますが、人が少なくて店も少ないと、美味しくなくても高くなければ成立してしまうことが一因でしょう。

本当に、冗談抜きで記憶に残るまずさのお店というのが存在しています。評価サイトでの評判は、そこそこ良かったりします。そういうことが楽しめる幅を持つと、みなさんさらに自由に生きられるでしょう。

つまり、あまりの奇妙さや変な様に、怒るより笑っちゃう感じになるときには、見えないものがかなり感じとれている状態にあるということです。

信頼されたい!

冬は湯たんぽ2つ使います。考えすぎたり使いすぎた後、湯たんぽを使って、頭を緩めることもできますが少しコツがいるでしょう。「検討します」と思うより、まずはやってみてくださいね!

「検討します」という拒絶、ビジネスの世界では、多く見受けませんか?言葉だけを追う新人なら「検討してくれるって~」と、喜んでしまうこともあるでしょう。コミュニケーションは、バーバル(言葉)+ノンバーバル(表情やしぐさ)で成立しているので、バーバルとノンバーバルにギャップがある人は、言葉巧みに言うほど人から信用を失いますが、たまにバーバルにやたら重きを置いてしまう方も、いらっしゃるようです。

バーバルに重きを置くと「わからないと言われているのだから、もっと説明しないと。分かりやすい言葉を使わないと」と、実際の相手のニーズ(例;甘えたい)と離れたことをしてしまうので、余計に相手との関係が混乱します。また、バーバルに重きを置くと、一語一句に引っ掛かり「それ、どういう意味?」とツッコミを入れたり勘ぐったりして、素直に誉め言葉を受け取れなくなります。言葉下手な人は、あなたをよく思っていたとしても、その反応に離れていくでしょう。

バーバルに重きを置いている人ほど、「検討します」という拒絶のような、言葉と心のギャップが大きい状態が、日常になっています。だから、相手の言葉を疑うのです。そして、人が自分から離れていく理由の一つに、言葉と心の不一致があることは、認識できていません。せっかく、言葉の細かな意味合いを捉えることができる繊細な感性があるのに、それではあまりにももったいないと思いませんか?

犬や猫など、言葉が通じないとされている相手とのコミュニケーションや、言葉の通じない安全な国でのコミュニケーションは、ノンバーバルを育てるいい練習になるでしょう。バーバルとノンバーバルの誤差が少ない人間を目指していただければ、欲していた他者からの信頼も自然と手に入るようになります。

2019年、どうだった?

みなさん、毎月の大掃除続けていますか?今日の私はこれから冷蔵庫の大掃除をします。そのノリで今年も振り返っちゃいましょうか!

1. 今年1番記憶に残った匂いは、どんな匂いでしたか?

2.今年あなたのお財布の紐を緩ませたものの中で、後から後悔したりいじけるなど、不快をもたらしたものは、何でしょう?

3.今年あなたがお財布の紐をこじ開けて払ったものの中で、後から伸びやかさや安らぎといった快をもたらしてくれたものは、何でしょう?

4.今年あなたが一番好きだった時間帯は、何曜日の何時頃でしょう?

5.あなたの手のひらや肌は、今年の初めよりもきめ細かく柔らかくなりましたか?それとも逆でしょうか?

6.去年のあなたが期待もしなかったのに、今年のあなたが見せた思わぬ成長は、どんな面にあらわれているでしょうか?

7.今年やっと気づけた「本当は苦しかったこと」は、どんな感覚をあなたにもたらすものでしたか?

8.今年触ったもの中で、今までとは違う印象をもてたものは、どんなものでしたか?

9.今のあなたを動物に例えると、なんでしょうか?

10.来年に向けて、1つ努力を手放すとしたら、どこから始めますか?

楽しんでいただけましたか?

ちなみに、2や3の質問がおもしろかったなら、「聞くワークショップ」の”Balance / バランス”を面白く感じるでしょう。4や10が響いたなら「聞くワークショップ」の”Ease / 気楽さ”が響くでしょう。5や8がよかったなら「聞くワークショップ」の”lnsight / 洞察”がよいでしょう。

1や9の敷居が低かったなら「聞くワークショップ」の”Detox / デトックス”は敷居が低いでしょう。6や7に心がほぐれはじめたなら、「聞くワークショップ」の”Hope / 希望”でさらに心がほぐれるでしょう。

「聞くワークショップ」もぜひよろしくお願いいたします!

それ、ストレスです。

お酒を全く飲まないので知らなかったんですが、大和橘や大和当帰をつかったジンがあるそうです。お酒を嗜む際は、ストレス解消ではなく、お酒の作り手さんや材料を大切に思って、飲みましょうね!

「このままではダメだと焦るのは、仕事の状況が~だから」と、片づけていませんか?これは、あなたがストレス状態にあることを示しています。食べすぎたり飲みすぎたり、お金を使いすぎるといった「過ぎる」ことも、ストレス状態を示す信号です。

自分が嫌いになるのも、ストレス状態にあるからです。周りの人と折り合いが悪くなって、人付き合いが億劫になっているのも、ストレス状態にあるからだから、そういう人を見かけたら、気分転換を進めてあげましょう。

寂しさを感じることが増えたのも、今がクリスマスシーズンだからではありません。ストレス状態にあると、段々孤立していくので、その一環で寂しさを感じていきます。朝起きても「素晴らしい1日!」とは思えないし、イライラしやすくなるのはレジのお姉さんの対応がひどかったからなだけではないのです。

ストレス状態にあると、攻撃的な言動も増えていきます。「話を聴いてあげよう」と自分が似非カウンセラーになろうとするのではなく、気分転換をすすめたりプロの対人援助職を紹介してあげる方が、お互いのためです。

「なんだか集中できない」という悩みも、ストレス状態を表しています。効率を上げる仕組みを探しても、同じようにまた「やっぱりなんだか集中しづらい」と、繰り返していくでしょう。

こうした状態の自分/他人が、まずはストレス状態にあることを、しっかり認めましょう。そして、自分の領域にきちんととどまり、プロの真似事はしないことですね。