一生懸命の恩恵

冬至過ぎましたね!こちらは初雪でした。柚子湯は苦手なので、柚子紅茶や柚子たらこうどんを楽しんだり、レモン代わりとしていちじくジャム作りに使っています。

さて、何でもいいから、一生懸命になることは、あなたを本当に救います。と言うのは、一生懸命になる時、情熱を持つ時、あなたの中で無意識が働いてくれるからです。

意識は、狭い領域にフォーカスし物事を進めてくれます。一方、無意識は非常に広い領域をソフトフォーカスで見ながら、大事なところで自分を守ってくれます。意識が捉え切れない脅威を無意識は察知して、あなたをまもろうとしては「もっとできたのに、やらなかった」という事態を引き起こしてくれるからです。

無意識の起動がうまくいっていない方も、たくさんいらっしゃいます。意識で「頑張らないと!」と自分を追い詰めては、ギリギリのひやっとする状況を作り出したりぶっ倒れて、やっと無意識が働けるようになるんです。

そんな悲しくなる選択をしなくても、意識と無意識か和解する方法はたくさんあって、それは何か目の前のことに一生懸命になることなんです。あるいは、何度も書いてきたように、ルーティンを持つことです。それはみなさんに、規律に満ちた生活ではなく、自由な生活を運んできてくれます。