ウニとクローバー

何となく、冬はウニを食べる方が多いのかなぁと思うので、ウニとクローバーの話を書きます。ウニを買ったとき、ウニの軍艦巻きを注文するときなどに、思い出していただけたら、幸いです。

環境問題の一つとして、以前から「磯焼け」という現象があります。海藻が減少し、海底の岩がはげたようになり、パッと見はそこにウニや小さな巻貝がたくさんいるように見える状態です。「ウニがたくさん→うれしい!」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にとってみると、スカスカの実入りの悪いウニばかりで、とてもお寿司屋さんに並ぶ代物にはなりません。

磯焼けとウニの関係で言えば、磯焼け時の過密状態の10%程度までウニが減っている状態が、健全さの目安となるようです。

複雑なシステムが引き起こす磯焼け自体がなかなか解決されないため、最近はその実入りの悪いウニをどう生かすかにも、注目が集まっているようです。ウニにクローバーを食べさせると、非常にいい味のウニに育つことが分かったそうで、駆除したウニにクローバーを食べさせ、つまり養殖して味を良くして出荷という流れも、生まれ始めているそうです。

「あら、ウニが安くなってる」なんて喜んで終わりではなく「このウニもクローバーを食べているかも」と、一歩だけでも考えを進めて頂けたら、そこからみなさんの好奇心がどんどん「ということは」と、考えを進めてくれたなら、わたしもうれしいです。