清潔にできる喜び!

掃除がもたらす喜びとは、清潔にできる喜びです。

(これは、思い込みで自分を縮こまらせるような、潔癖症の話ではありません。それは、既に自分をけがした状態に見られる現象です。)

私たちは、不潔だと苦しみを感じるようにできています。清潔になることでその苦しみが消せる、そんな風に自分を救えることは、喜び以外の何物でもないのが、わたしたちのデフォルトです。

ところが、自分の尊厳をまもらなかったり、汚いところにたたずむような、自分を汚すことが当たり前になると、不潔であることと同化しようとします。例えば「どこでも眠れる」が、目標になってしまうのです。

そして、不潔と清潔の境目を夕暮れのように曖昧にすることで、自分を傷つける人や出来事に近づけてしまうのです。そしてその痛みに支配され、回復する方向と、痛みだけを消す方向を取り違えるようになります。

清潔にできることは喜びなのです。もし、掃除をすることをめんどくさいと感じるなら、すでに自分をだいぶ汚してしまったのです。