中期的に、80~90%最適化する

100円ショップの競合に、無印良品なども入ってくると思うのですが、わたしは100円ショップで必要なものと出会えたことは、あまりないのです。出会い率が一番高い、つまり自分にとって相性が一番いいのは、そうした界隈では3COINSです。

しかし、そんなわたしでも100円ショップで「これは!」とリピートしているのは、ソフト竿グリップです。(こちらと同じだと思います)ピタットはまるので、台風ではない強風時に全くずれずにいてくれるんです。(台風が来た時には竿を家に入れます)

最近「100円ショップだけど、必要なものがあった!」と思ったのは、冷蔵庫のドアポケット用仕切りです。ついでに、毛玉ブラシで取れなかった毛玉を取ろうと、毛玉取り機も買いましたが、毛玉とりブラシの優秀さを再認識する運びとなりました。

どこかの時点で最適化したつもりでも、ライフスタイルを変えたつもりがなくても、気候変動や周りの迷惑行為など外的要因で、変更せざるを得ない部分も出たりして、やっぱりいつの間にか少しずつ変わっていたりします。そういう時に「今日は文具の不快をなくそう」「今日はキッチンの不快をなくそう」のように決めて、それらを解消してくれそうなお店で地道に一つ一つ商品を眺めてみると、必要なものが見つかって「自分はこんな風に変化していたのか」と、気づかされることがあります。

短期間で最適化しすぎるより、中期的に8~9割くらいは最適化する感じで、こうした事を続けていくと、一番効率的だろうという感じがしています。最適化する率を7割くらいまで落としてしまうと、今度は自分の変化に気づきづらくなってしまうので、8割以上を狙ってみて下さい。