あなたが滅ぼさずとも。

靴の色を変えてくれるサービスが、あるんですね!

さて、特に、事件や事故で人を亡くすと、置き場のない気持ちがたくさん湧いて、足場を奪われたような感覚にだって、なりやすいでしょう。

仮に交通事故ならば、加害者と被害者が明確にいます。事件はよりこんがらかりやすいので、時をずらし、同じ人が加害者で被害者にもなることがあります。

そうすると、わたしたちは加害者あるいはそう呼べそうな人を断罪したくなり、自分がいかに怒っているか主張したくなり、死者が浮かばれるようにと、たたかいたくなります。

ただ、その動きに同調する加害者も被害者もあるいは関係者も、その時、死者のことをみていないのです。死から目を背け、時に死者を盾にして自分が崩れないようにします。

あなたの選択であり、何の強制力もありませんが、もし亡くなった方に本当に安らかに眠ってほしいなら、平安を贈りたいなら、死を死者を見てください。例えば、太陽がのぼれば、どうしようもなく朝です。「いや、もうすぐ夜だ」とあがいても、太陽はどんどん高く上ります。そんな風に「望んでいなくても、今は朝だ。朝が来たのだ。次は昼が来るのだ」と理解し、解釈せず、その状況を受け入れるのです。

加害者も被害者も死者を見ることで、互いの平和が始まります。関係者全員が死をみたとき、初めて大事な人も安らかに眠れます。

あなたが加害者を滅ぼさなくても、つまりあなたが断罪せずとも、自らの罪で死んでいきます。あなたは、加害者より、死者を見てください。それが根底にあってこその、訴訟です。そうすると、裁判で物事が整理された後、あなたにも深い平安が訪れます。加害者も平和の中にあれるから、本当の意味で罪を償うことができるようになります。