これが最期かも。

特に昨年秋から、人に会う時、それがオンラインや手紙であっても「これが最期かもなぁ」と思うようになりました。悲壮感があるわけでも、自分が死にそうな感じがしているわけでもありません。ただ「これから色々なことが地球上で大規模に起きるなぁ」と感じ、今まで以上にふつうの当たり前のことの価値が上がり「あれがあの人と話した最期だった」となる回数が増えると、直感したのです。

だからと言って、別に人にいい印象を与えようとか、絞りだすように感謝を伝えきろうといった、特別な何かは一切していません。ただ、一瞬一瞬を自然と噛みしめ、より潔さを身につけるようになったと思います。

そして、現実において、みなさんの生活の中でも「あれが最期だった」と振り返る時が増えていくと思います。ただ、頻度こそ違えど、それは今までにもあったことで、特別ではありません。いつもただ清らかに、それを志向するのみです。