タケコプターと車内放送

初回無料キャンペーン終了まで、三週間を切ったFAPですが、セッション中は指を触っていただきつつ、あるフレーズを繰り返してもらったりします。

そうすると、耳だけで次にすることを判別することになるので、指を触って欲しいときには、トーンを変えて伝えるようにしています。

例えば「タケコプター」のトーンで「薬指」と伝えたり、「(次は)品川」のトーンで「中指」と伝えたりしています。どちらもちゃんと注意を促すシーンに属するトーンで、よくできてるなぁと感心します。

こんな舞台裏の話をしたら、先日FAPを受けた方が爆笑されていました。トラウマ治療は楽しむことから遠い印象かもしれませんが、実際にはかなり笑ってやっています。免疫力も上がるので、笑うことは大切にしています。

かなりエンターテインメント度の高い、ちっとも怖くないトラウマ治療に、免疫力UPも兼ねて、ぜひいらしてみませんか?