冒険に出かけよう。

心を通わすことが、コミュニケーションの基本です。言語能力というのは、その支えになるものの、コミュニケーションのごくわずかしか占めません。わたしたちは、心が通い合ったかどうかを、ノンバーバルで確認できますから、バーバル(言語)は原則として不要なのです。

しかし、ジャッジが当たり前で正しさやあやまちに怯えて暮らしている状態にあると、言語獲得に精を出します。しかし、言語獲得後に、その人が世界に出ていくことはありません。冒険はできないのです。

それは、冒険にこそ、やはり心を通わすことが必要だからです。言葉で正しいことを言われることは、わたしたちを信頼や誠実さへは導きません。話しやすさや愛嬌と呼ばれるような態度は、すべてノンバーバルです。気持ちの受け取りあいのかわりに、ジャッジをするなら、相手を脅かすだけなのです。

この春は冒険したいな!と思うなら、まずは自分の気持ちを知れるようになりましょう。