不思議なバケツとラップ

一月から、地球環境がさらに悪くなって、近隣の穢れも増したなぁと思って、外で運動する回数を、原則として(以前の)3日に1度に戻しました。その分、お天気が良かったり空気のいい日にあたったら、2時間半くらい歩く日もあるような感じで、調整しています。

さらに、上記の変更で筋肉が減らないよう、食生活の面ではメルマガに書いた物なども取り入れ、より自分の健康を維持できる食事へと、調整を重ねています。その展開の中で、先月末には味噌を仕込みましたが、その過程で二つのすてきなものに出会いました。

まずは、不思議なバケツです。同機能を持つもの、がいくつかのメーカーから出ています。「いつか」と狙っていたことを今回思い出し、今年は不思議なバケツに味噌を仕込んでいます。二ヵ月で味噌が出来上がるそうなので、楽しみです。ゴミ問題や災害時にも活躍するバケツです。

そして、不思議なラップです。ラップはシリコンラップも併用しつつ、やはりラップそのものが必要な時があります。(避難グッズにも、ラップは入れておきましょう!)味噌も上にラップしてから重しをのせるのですが、長時間同じラップがかかるので、無添加のものがいいなと思っていました。さらに、しょっちゅう買い物に出かけないわが家に必要な機能である「包んでおいた物の鮮度を保つ」も備えていました。このラップを使うと、バナナなど持ちがよくなります。

手に入りやすいラップよりも、くっつきづらいのですが「お皿にぴたっとくっついたりするのは添加物のせい」と知っておけば、くっつきづらい度に「だから安全」と思えませんか?

世の中には、いい動きもまだまだたくさんあるんですよ。