病原体の忠実さ

みなさん、部下やパートナーやペットに忠実さを求めるでしょうが、今、病原体の忠実さにオロオロそわそわぞくぞくされているだろうと思います。

まずは、新型コロナウィルスについて、わたしがしてきたことをざっと書いてみます。

このウィルスの発生が1月初めに報道された際、6月までの移動する予定を、全キャンセルしました。一月上旬に、図書館のような「物を借りる」利用も停止しました。そこからは、日本語・英語での医学論文検索に加え、以下で状況把握をしてきました。

COVID-19 Global Cases by the Center for Systems Science and Engineering at Johns Hopkins University
東洋経済ONLINE 新型コロナウィルス 国内感染の状況

比較的早い時期に、比較的近所で感染者が出たため、知事からの発表なども確認し始めました。人とすれ違う時、2メートルはあくように工夫しました。(その結果、駅までぐねぐねしながら、歩いていくことになったりしました)また、国際機関の発表や各国のトップの発表は、随時その全文を確認していきました。

2月半ば頃までの、まだワチャワチャしていた人が多かった時期には、人を見ると「スマホ拭いてるのかな~」と気になりました。その後、公式で、スマホを拭いていい素材が発表されました。(リンク先はapple)

また、早々に正しい判断をされたGMOグループのページやトップの発信も、時折拝見させて頂いています。頭が下がる思いで、盲点に気づかせていただけました。

一方で、基本的に「メディア」は見ていません。解釈の尾ひれがつきすぎていて、とれたてのさつまいも(事実)が大学芋(報道されている状態)にまで、変わってしまっているため、余分な解釈をそぎ落とす作業が必要になり、非効率だからです。即ち、受け身になって情報を受け取ることはしていません。

空からきのこや野菜が降ってきたりはせず、きのこ狩りや野菜の収穫に「わざわざ」出かける必要があります。朝起きたら、ベランダで魚が跳ねているようなことはなく、魚がほしければ釣りに「わざわざ」出かける必要があります。受動的に何かを得ることは不自然で、能動的に何かを得る方が自然なのです。つまり、自然に従う、理に沿うようにしました。

次に、この間かなり多くの方に見られて、気になったことを書きます。

それは、メディアに「正しく怖がろう」「不安を広げないために」などといわれたことをうのみにし、自分の身体や気持ちの状態を確認もせず「不安だ」「恐怖だ」と、自分にとって正しくない言葉を平気で使う人の多さです。ここが、心の傷のあらわれなんです。

病原体の忠実さは、わたしたちに「能動的に生きて、自分を保つ」ことや「自然に沿う。そして、その自然を汚さない、壊さない」こと等、多くを教えてくれているのではないでしょうか?つまり「何に忠実であるべきか、問いかけてくれている」と考えることは、みなさんの未来をちょっといいものへと変えてくれませんか?