甘酸っぱい理

今週の聞くブログは「甘酸っぱい理」でお届けします。夕方ベランダで録音したので、虫を取るのに一生懸命なツバメのおしゃべりが、なかなか激しいです(笑)。鳩も鳴いていましたが、入っているかな…?

今回、ご紹介している絵本『ねえさんといもうと』(シャーロット・ゾロトウ著、酒井駒子訳とイラスト、あすなろ書房)は、挿絵からもこの物語のエッセンスが溢れていて、本当に素敵なので、ぜひ本そのものも手に取って頂けたら幸いです。

◆ 2020.4スタート!「今日も”thumbs-up”」

Podcastはこちら:https://podcasts.apple.com/jp/podcast/今日も-thumbs-up/id1506865481
Radiotalkはこちら:https://radiotalk.jp/program/43003

聞いた後は、レモネード飲みたくなるかもしれません!

【募集スタート】オンラインWS「ストレス耐性UP」

ストレスもきつくなってくれば、睡眠に影響が出ます。ただし、幼少期にネグレクトされているとストレス反応そのものが特異だったり、システムに問題が帰属していると、睡眠に不安のある個人でなくその人が属するシステム全体に働きかける必要があります。一例を述べたに過ぎませんが、睡眠の改善にも、創造的な関わりが必要なのです。

みなさんが探したがる、直近のストレス要因は、最後の一押しに過ぎずトカゲのしっぽ切りと同じです。あなたの生前も含むそれまでに積もったあれこれに働きかけないと、長期的にストレス耐性は上がりません。

ストレス耐性が低いと「なんでも意識的にどうにかできる」と頑張ろうとします。実はこれは逆効果で、自分を害し傷つけ、他者と親密な関係を築けなくするだけですが、それこそ意識的には止められないのです。

そこで、意識と無意識のバランスを良くし、無意識の力を使えるようにすることで傷が減り、能力だけでなく魅力の底上げもしていくことで長中期的にストレス耐性が上がるワークショップを開催します。

もちろん、心身両方のアプローチからカンフル剤としてきく技もお渡しし、がんばりたがるみなさんの意識にも、足して頂けるようにします。

なお、このワークショップはオンラインWS「心の傷」の続編として作っています。経験が推奨されるオンラインWS「心の傷」(15.000円 90分 ※COVID-19スペシャルで医療従事者割あり)から受けたい方は、お申し込み欄にその旨を添えて下さい。

いつものように、コーチングやFAPからはみ出た部分を扱います。故にクライアントさんも大歓迎です。


オンラインWS「ストレス耐性UP」

○ 場 所:Skype  ※有線LAN接続推奨
○ 日 時:

  1. 5月6日(水)13:00~14:30
  2. 5月8日(金)11:00~12:30
  3. 5月14日(木)20:00~21:30
  4. ご希望の日時(~7/15)を提案

○ 対 象:~ 一つでも当てはまる方 ~

  • □薄氷を踏むような瞬間がある
    □ 恐いのに見てしまう
    □ 不安に巻き込まれる
    □ 人目を気にする
    □ 睡眠に不安がある
    □ ついがんばり過ぎてしまう
    □ 大変なことはもう嫌だと思う
    □ 混乱すると焦る
    □ 混乱も楽しみたい
    □ 親密な関係が苦手だ
    □ 感情表現が苦手だ
    □ ストレスに強くなりたい
    □ どしっとしていたい
    □ 誠実に生きたい
    □ 可能性を実力へと変えたい
    □ こわがらずに生きたい
    □ より柔軟になりたい
    □ もっと創造的になりたい

○ 参加費:13,200円(税込)

○ 〆 切:5月15日(金)夜21:00
◎ お申込み:https://is.gd/DJADUv

~ ご協力お願い申し上げます ~

治療を要する方・ 喫煙常習者・飲酒常習者は、ご利用頂けません。ご自身の状態からお申込みを迷う方は、電話番号と共に詳しい症状を添え、気軽にご連絡ください。ギフト利用の際は、守秘義務に同意したものとみなします。幼児や動物のいる方は、静かな環境作りにご配慮下さい。お申込み後のキャンセルは一切承らず、参加費が発生するものの、7月15日までを対象に、日程変更は承ります。祝日も開催できます。


ストレス耐性が上がると真実をすぃっと見渡せる胆力のようなものがつくから、気持ちよく晴れやかに生き続けられるでしょう。そんな人が一人でも増えることを願っています。

天然の樟脳

かつて、お祭りに行くために浴衣を着ようと、着物箪笥を開けては「樟脳がくさい〜!」と騒ぐのが楽しかったものです。

さて、しばらくは天然100%のハーブでできたものを、防虫に使っていましたが「コスパというわたし自身への負荷と地球への負荷を共に減らしたい点から行くと、やっぱり樟脳がいいんじゃない?」と思い始めました。

そしたら、江戸時代から続く内野樟脳さんが、ちゃんと樟脳のアロマオイルを作って下さっていました!福岡の会社ですが、嬉しいことに、九州産のクスノキから作って下さっています。玄関の掃除や網の掃除にも良いそうです。

また、月一でだけ洗剤を使うお風呂場用にも、ソーダサンから出ているバスルームクリーナーという今使っている物より地球に少し優しいだろう物を見つけられました。暗くくすむ重い世で、心が晴れました。

在宅勤務になったり、お店が多数閉まっている中で、自分のおうちと地球というおうちの両方を、害することなく綺麗にしたくなってきた方も、増えたんじゃないかと思います。

地球が立ち行かなくなれば、そもそも社会も成立しません。経済だけ回っても、社会は成立しないのです。ぜひ一緒に、地球への負荷を減らしていきませんか?

ウォーキング歴2年半の立ち位置。

この4月でちょうど、ウォーキング歴が2年半になりました。今は、週3回×110分(平均)です。今は時間を増やすことより、アップダウンのあるところをなるべく歩くようにしています。

かつてなら持てなかった重さの荷物を持ちながらでも、かつてなら途中で休まないと無理だった天候でも、すいすい歩けるようになりました。かつては遠すぎて、そもそも行く場所の候補にすら入らなかったスーパーにも、行けるようになりました。体力アップを感じています!

運動後の回復も早くなったので、それこそ二年半前は仕事も夕食作りも全部終えた後にしか歩けなかったところを、今は帰宅後に仕事も家事も十分にできるので、非常に自由度が上がりました。

運動後の回復を確実に早くするために、ストレッチなども学んだので、知識も増えました。その知識を還元したクライアントさんにも、喜んでいただけています!

COVID-19絡みで、みなさんa) 住環境に求める条件 b)働く意義 c)心地よい洋服の条件、など「心地よさ」を生む材料に変化が生じているでしょう。ぜひ「心地よさ」を感じられる身体の条件についても、再考してみませんか?

苦しみが和らぐ習慣

今週の聞くブログは「苦しみは和らぎ、薄れる」と題して、お届けします。今回は、時折気持ちよく歌ううぐいすの声も、はっきりと入っています。

簡単に言うと苦しむのは、その環境・状況に適応していないからです。ただ適応とは自分の意見を飲み込んで、自分を傷つけることではありません。また、拒絶すべき環境(例:空気の汚い環境)もあります。例えば、汚いことがこんなにも苦しいことだという実感を、現在、どれくらいの方が持てているでしょうか?

話を戻しまして、では何に添って行くといいのか、どんな習慣を持つとそうなるか、その一部をお話しています。またそうすると触れられる愛についても、お話しています。

SpotifyやGoogle Podcastからも配信されているようなのですがURLがよくわからないので、AppleのPodcastとRadiotalkのリンク先だけ、以下に貼っておきます。どちらも、PCからはアプリやソフトとのダウンロードなしで、そのまま再生して聞いて頂けます。

◆ 2020.4スタート!「今日も”thumbs-up”」

Podcastはこちら:https://podcasts.apple.com/jp/podcast/今日も-thumbs-up/id1506865481
Radiotalkはこちら:https://radiotalk.jp/program/43003

では、楽しい日曜日をお過ごしください!

色んなものになれる今

新型コロナをきっかけとして「ウィルスについてめちゃくちゃ詳しくなった」「今ならパリのカフェで政治の議論ふっかけられても、何時間も相手にできるくらい、政治ネタを毎日話してる」のような経験をされていませんか?

それは、医者を目指す子供が辿る道とか政治家を目指す大学生が歩んだ道に、似ています。つまり今は皆、自分の職業とはちょっと違う「〇〇」にいくつも同時進行でなっています。

こういう時に私たちは苦手な方には向かいません。つまり政治について本当に理解したいと思っていても、本当に理解できない場合には、どこかでそれを諦めて現状を打開する別の方法(例:ウィルスについてめちゃくちゃ詳しくなる)に向かいます。

つまり、今皆さんが意図せずなっている「駆け出しの〇〇」は、皆さんは第二の職業の可能性を表してくれています。職業まで行かなくても、関わる業界の可能性を、かなり現実的に見せてくれています。

言い換えるなら、今こそ新しい夢が見つかる時なんです!

「なくそう」は非現実的

創られているエンターテイメントの厚みが、心底すごいと思います。

さて、不安や恐怖を「なくそう」とするのは、非現実的な目標設定です。むしろそうすると、不安や恐怖を深めてしまうかもしれません。ストレスも同じです。むしろ、ストレスを適切にとらえ、人生の質を高めるチャンスとして考えていきませんか?

自分は大切な価値ある存在だという自尊感情が高いほど、ストレス耐性は高いことがわかっています。さらに「自分はこれまでもよくやってきた。今もこの状況下でやっていけてる。これからも大丈夫」という、いわば自分の実績への信頼が高いほど、ストレスを生む状況を改善していけることも、わかっています。

自尊感情が高い人は、自分自身に対して常に好奇心が向き続けます。例えば、病になったりトラブルに巻き込まれるなどしても、悲しんだりしながら、どこか「自分はこういう仕組みになってたのか~」と面白がっていたりします。自尊感情が低いと、自分に常に疑いと鞭を向け続けているようです。「自分はまたこうなるんじゃないか」と大騒ぎしたり、自分を疑い緊張させることで、仕事などを成し遂げようとする傾向があります。

自分の実績への信頼が高い、つまり自己効力感が高い人は、自分を次へと急かさずに「ここまでよくやってきたなぁ。今もなんとかやってこれてるなぁ。一見ネガティブに見える自分のこの癖は、実はより悪くなることから、自分を守ってくれているのかもしれない、、、それはどんなことか考えてみよう…その上でよりよい癖を身につけていきたい」と、よく考えています。自己効力感が低い人は「あーここまで終わったー。のんびりなんかしてちゃだめだ!そういうところが自分の良くないところだ。ハイ、次!」のように、いつも自分のお尻を叩いています。

ジャッジするのではなく、自分に好奇心を向けながら、細やかに「ここまでよくやったなぁ。今もやっていけてる。何だか知らないけれど、これからも大丈夫らしいよ」と、ご自身に声掛けして、ストレス耐性を高めていきませんか?

ストレス耐性を上げるには?

この方は、エンターテイナーなんですね。

さて、ストレスとは、わたしたちが「嫌だ」「大変だ」感じるもの、と言い換えられるでしょう。

そこで「いやだ」「大変だ」と感じる対象から逃げつづけると、私たちの中で強化されるのは「この嫌なことのせいで…」「あの大変なことのせいで…」という発想です。そうなると、自然災害が起きたり、感染症の流行で経営悪化に見舞われるような逃げ場がないときには、ものすごく追い詰められてしまいます。「この嫌なことのせいで…」「あの大変なことのせいで…」、つまり、自分にはそれをどうにかする力もないと、自分に言い聞かせ続けたも同然だからです。

実は、私たちが嫌なのは「この嫌なこと」自体や「あの大変なこと」そのものではなく、「この嫌なこと」や「あの大変なこと」が、あなたの内側に引き起こしていく反応の方です。

つまり、あなたの内側に引き起こしていく反応の方を変えることができれば、「この嫌なこと」や「あの大変なこと」が、ちょっと顔をしかめる程度の存在にかわるのです。つまり、嫌だったり大変なのは自分の反応そのものの方だと受け取れると、ストレス耐性をあげる余地が生まれていきます。

An Advent Calender for COVID-19

I assume that many of you feel stress and exausted by some restrictions on outings and many changes in your circumstances. It looks like we need at least two years to get back to normal. If I can know the future, I want to present to you an advent calender for COVID-19. So many of you can feel joy and peace by opening its small windows and eating some small sweets in them. Some countries like Taiwan or New Zealand helped to shorten the duration of an advent calender for COVID-19.

And I have a better idea for you. We know that “tommorow will come” is always just an illusion. I think that some of you already experienc it deeply. Based on that, living in this moment is real and sure. Sometimes we see an illusion which is called the future, and we put many complaints, anxieties and worries in it. If you are doing it now, please listen to birds singing, smell the fresh air coming into your apartment, and see the sky which has lots of changing clouds. You will start to feel gratitude toward your space, this moment, what you have and what you will be able to create.

If you stay in this moment, you can put gratitude behind you and will be lead by your courage. And you don’t need an advent calender for COVID-19 any more. Because you will start to feel that you yourself are a treasure and you are doing so well. Those feelings will make you feel that you are OK whatever your tommorow is.

オンデマンド出版

絶版になっているなど、入手できなかった本も、国会図書館・古本以外に、オンデマンド出版サービスを利用して、お家で読めるようになりました。

仕事に関係する分厚い専門書を読むため、ベストな選択肢だと思いました!注文してから、製本機を使い1冊ずつ印刷製本していただけるのです。店頭受け取りなら30分ほどで受け取れて、さらに郵送もしていただきます。わたしの住む片田舎への配送スピードは、プライムじゃないamazonよりずっと早かったです。2010年の年末からあったサービスでした。

本の街、神保町から送っていただけるので、わたしにとっては、中高を過ごした場所とつながれる、うれしさに安心感や懐かしさもあります。

職業柄、絶版の専門書を読まなくてはいけないのに国会図書館にいくのは…と悩んでいるなら、こんな選択肢もあることをお伝えしたかったのでした。

いいものを残してくれる仕組みの1つに見えるオンデマンド出版との出会いはとてもうれしく、さらにすてきな出会いを大切にしていきたいと思いました。

一緒っていいね!楽しいね。

日常にすぐ応用できるプレスリリース、素敵です!

今日は「しゃべるブログ」ということで、ポッドキャストをアップしました。「一緒っていいね!楽しいね。」と題し、実は飢餓感や自己不全感から抜けるコツをお伝えしています。3分しか話していないので、やかんでも沸かしながら、さくっと聞き終えて頂けると思います。

ポッドキャスト内でご紹介した本は、『そばかすの少年』G・ポーター著、です。いくつかの出版社から出ています。kindle unlimited をご利用の方は、少なくとも今なら0円です。古典的名著で、胸がすくような、美味しい山奥の水をごくごく飲んだような快感に満ちる本ですから、特に今、多くの方にオススメしています。

今回、忙しなくて春が遠かったみなさんにも、少しでも春の喜びに身を置いて頂きたくて、ベランダで録音しました。だから、燕や鶯や蛙の声もお楽しみいただけます。燕や鶯や蛙も一緒だと、いつも以上に楽しい毎日になります。

≪毎週どこかで配信:今日も”thumbs-up”≫

Podcastはこちら:https://podcasts.apple.com/jp/podcast/今日も-thumbs-up/id1506865481
Radiotalkはこちら:https://radiotalk.jp/program/43003

コロナ前はしなかったこと

わたしには、コロナ前はしなかったこと、つまり現在はすることが三つあります。

一つめは、帰宅後シャワーを浴びる際(お風呂は別に入ります)、数時間後にお風呂に入る時間であっても、がっつり髪を洗います。今年に入って、さらに空気が汚くなったためですが、ちょうど時期的に、コロナの始まりと重なりました。

二つめは、帰宅後にメガネを殺菌することです。これは、コロナの特性(段ボールの上では24時間、プラスチックやステンレスの上では72時間生き残る)を踏まえて、はじめています。

昨年と比べて明らかに空気が汚くなっているだけでなく、1日の気温差や季節の乱れも大きくなっています。今年は1日の気温差が20度ある日が既に何回もありました。例年ならば、たんぽぽが咲き、梅が咲き、桜が咲き、なずなが咲いて、椿が落ちるといった順番でしたが、今年は、梅が咲き、なずなが咲いて、椿が落ちて、たんぽぽが咲き、桜が咲くという順番でした。

コロナが始まってから、ヨーロッパや中国では、大気汚染と水質が改善されたようですが、地球全体で見ると、まだまだ地球は汚すぎます。もっと人間が「移動」といった地球を害する行為をやめないと、より複雑なことが待ち受けるでしょう。

三つめは、これもたまたま重なっただけですが、ハリッサというチュニジアの調味料が、キッチンに仲間入りしました。私は、納豆に混ぜていただくのが気にいっています。もともとは、クスクスに少し入れていただいたりするようです。唐辛子なのに少し山椒感覚も覚える、長引かない辛味です。

おっ…!?実際に直にコロナと関連していたのは一つでしたね(笑)こんな風に、なんとなく紐付けられていた紐を、きちんと外していくことは、私たちをスッキリさせてくれます。みなさんもテーマを決めて書きだしてみて、なぜかくっついてきた関係のない紐を外して、スッキリ爽やかになっちゃいませんか?

幸せになりたい!

幸せになった状態とは、幸せを感じ続けている状態ですよね?味覚がないと、おいしさを感じることができません。味覚を取り戻せば「おいしい!」と、破顔でニンマリできます。同じように、幸せを感じる心がなければ、そもそも幸せを感じ続ける状態には入れません。

幸せになるには「これとこれとこれをクリアすること!」と、まるで受験や入社試験であるかのように考える方が目立ちます。心が閉じてしまっていると、そうなります。心をひらけば、幸せは、そんな風に誰かのイメージに宿らないことが、明白でしょう?

あなたが「これをクリアすればいい!」という発想で突き進もうとするなら、あなたが人生をゲームとして捉えるcheaterであることが露呈します。cheater達は「あれがない!これもない!」というゲームが大好きで、いつもドラマクイーンです。もちろん、類は友のみを呼んできます。(コロナがらみを突破口とし、cheater暗躍中というより、日の光の下で大活躍中です)

工学的においしさを追究したもの、即ち混乱によりおいしいと錯覚させるものに慣れていると、幸せになるには「これとこれとこれをクリアすること!」という発想に違和感すら覚えなくなります。総じて、感覚が狂うと、幸せからは遠ざかり、ますます焦って、ますます不安になって、ますます「あれがない!これもない!」と頑張ってしまのです。感覚をさらに狂わせる人生と、正しい感覚を育む人生。あなたはこの先、どちらを選ぶのでしょうか?

Podcast始めてみました!

少し前から、Podcast始めてみています。

– 番組名:今日も”thumbs-up”
– 内容:毎日にひそむ「いいね」を、みんなと一緒に思い切り祝う。

“thumbs-up”は、皆さんおなじみ「いいね!」ボタンのあれです。「いいね!」の意味です。ちなみに、親指二本とも上がれば「最高~!」の意味になります。

第1回目は「三ツ星レストランとおうちごはん」と題して、#stayhome #チャンス #好奇心をキーワードにお話しました。パイロット版よりは洗練されたかと思いますが、、、まずは、聞く価値のある3分にはできたと思います。

これから、いわば「ラジオ」っぽくしていきますので、ここからの変化を楽しんでいただけたら、幸いです。

≪毎週どこかで配信:今日も”thumbs-up”≫

Podcastはこちら:https://podcasts.apple.com/jp/podcast/今日も-thumbs-up/id1506865481
Radiotalkはこちら:https://radiotalk.jp/program/43003