怒らないから生まれる損失

命を長らえたい方は、こちらご覧ください。

さて、多くの方が誤解しているのですが、怒りは相手を傷つけません。むしろ、怒りを抑圧して生じる恨みこそ、相手を破壊します。「怒り→手を挙げた→ケガさせた」のように見て「はじめの怒りを抑圧しよう」という発想は「怒れば必ず手をあげるし、それも怪我をさせてしまうほどだ」と、一緒くたにしています。

怒りほど、あなたを守ってくれる感情はありません。怒りは、相手との関係を続けようとするから生じるポジティブなものです。

例えば「今こんなことをされて嫌だった、怒っている」と紙に書くことだって、怒りの表現です。決して、怒り=暴力のようにはなりません。

心に傷があると、怒りという自分をまもる力についても誤解し、むしろ本当に人を傷つけてしまいます。さらに、恨みをもっていれば、人と親密な関係を築けなくなり、「がんばらないと!」という意識的な状態にばかりはいって、無意識がその力を失い始めます。恨みがあなたにもたらす損失、つまり怒らないことで生まれた損失は、非常に大きいのです。「がんばらないと!」という意識的な状態が、無理しちゃうfakeを生んでいきます。

隠ぺいのミルフィーユ大国では、恨みも降り積もって、その厚さはかなりのものです。その破壊力を、非常に危惧しています。