あなたの時間に。あなたの場所で。

こちらに書きましたが、3月中旬から祈りの時間を持っています。

あまりにも急速に人がたくさん亡くなり、また弔いもできない状態があちこちで起きています。そのことに、世界中の人が心が追い付いていないことを感じているからです。また、亡くなった方もあまりにも唐突に苦しみの中、愛する人による看取られもないまま亡くなっているので、大きな戸惑いがあります。

だから、亡くなった人たちを思って、毎晩20時に祈りの時間を持っています。ちょうどこの時間は、セッションを入れないし、宅配も受け取らないと決めている時間なのです。よかったら一緒に、あなたの時間にあなたの場所で、祈りませんか?

祈りとは相手に注意を向けることです。その相手に形があるかどうかは、重要ではないのです。会ったことがあるかどうかも関係ないのです。きっと間に6人入れば、どの人も知り合いでしょうから、そんなことを考える必要もありません。ただ、戸惑っている生きている人と、混乱の中にある亡くなった方を思って「あなたの居場所は、私の心の中にあります」と、伝えて下さい。

これは、英語に訳すと “You’re in my heart.” すなわち “I love you.”です。これが祈りの本質です。生きている人と死者、両方を安寧に透みわたる心身に導きます。