コロナ前はしなかったこと

わたしには、コロナ前はしなかったこと、つまり現在はすることが三つあります。

一つめは、帰宅後シャワーを浴びる際(お風呂は別に入ります)、数時間後にお風呂に入る時間であっても、がっつり髪を洗います。今年に入って、さらに空気が汚くなったためですが、ちょうど時期的に、コロナの始まりと重なりました。

二つめは、帰宅後にメガネを殺菌することです。これは、コロナの特性(段ボールの上では24時間、プラスチックやステンレスの上では72時間生き残る)を踏まえて、はじめています。

昨年と比べて明らかに空気が汚くなっているだけでなく、1日の気温差や季節の乱れも大きくなっています。今年は1日の気温差が20度ある日が既に何回もありました。例年ならば、たんぽぽが咲き、梅が咲き、桜が咲き、なずなが咲いて、椿が落ちるといった順番でしたが、今年は、梅が咲き、なずなが咲いて、椿が落ちて、たんぽぽが咲き、桜が咲くという順番でした。

コロナが始まってから、ヨーロッパや中国では、大気汚染と水質が改善されたようですが、地球全体で見ると、まだまだ地球は汚すぎます。もっと人間が「移動」といった地球を害する行為をやめないと、より複雑なことが待ち受けるでしょう。

三つめは、これもたまたま重なっただけですが、ハリッサというチュニジアの調味料が、キッチンに仲間入りしました。私は、納豆に混ぜていただくのが気にいっています。もともとは、クスクスに少し入れていただいたりするようです。唐辛子なのに少し山椒感覚も覚える、長引かない辛味です。

おっ…!?実際に直にコロナと関連していたのは一つでしたね(笑)こんな風に、なんとなく紐付けられていた紐を、きちんと外していくことは、私たちをスッキリさせてくれます。みなさんもテーマを決めて書きだしてみて、なぜかくっついてきた関係のない紐を外して、スッキリ爽やかになっちゃいませんか?