ストレス耐性を上げるには?

この方は、エンターテイナーなんですね。

さて、ストレスとは、わたしたちが「嫌だ」「大変だ」感じるもの、と言い換えられるでしょう。

そこで「いやだ」「大変だ」と感じる対象から逃げつづけると、私たちの中で強化されるのは「この嫌なことのせいで…」「あの大変なことのせいで…」という発想です。そうなると、自然災害が起きたり、感染症の流行で経営悪化に見舞われるような逃げ場がないときには、ものすごく追い詰められてしまいます。「この嫌なことのせいで…」「あの大変なことのせいで…」、つまり、自分にはそれをどうにかする力もないと、自分に言い聞かせ続けたも同然だからです。

実は、私たちが嫌なのは「この嫌なこと」自体や「あの大変なこと」そのものではなく、「この嫌なこと」や「あの大変なこと」が、あなたの内側に引き起こしていく反応の方です。

つまり、あなたの内側に引き起こしていく反応の方を変えることができれば、「この嫌なこと」や「あの大変なこと」が、ちょっと顔をしかめる程度の存在にかわるのです。つまり、嫌だったり大変なのは自分の反応そのものの方だと受け取れると、ストレス耐性をあげる余地が生まれていきます。