おいしい水

みなさん、お茶やジュースは、お好きでしょうか?自分で調合して飲むのも楽しいし、絞りたてのフルーツジュースは最高ですし、楽しみがたくさんあります。

でも、もう一歩踏み込めば、それは「水がまずい」ということなのかもしれません。というのは、本当においしい水は、何か味付けを欲さずに、どんどん水だけで飲めてしまいますし、お料理に使っても調味料をあれこれ必要としないからです。いろいろな味が欲しくなるのは、水・土・空気といった土台がよくないサインと考えると、かなり合点がいく方も多いでしょう。

水の話に絞って表すなら、本当に水がおいしいとそのままで美味しいから「でも、タイ料理で旅気分を味わいたい」のように、心が旅しなくなります。旅しなくても、すぐ満足できるようになります。基本的欲求が満たされるから、その上にあれこれ楽しみたいと思わなくなるのです。頭で「あれはこれにいいから」と膨大な知識を必要としなくなります。わたしも薬膳の知識を必要としたのは、水がおいしくない東京にいた時でしたし、無論その知識は無駄にはなっていませんが、でもそうした「わざわざどこかに探しに行く」ような知識を必要とするなら、結局、水など基礎の部分が悪いのです。

同じことは人にも言えます。飾り立てる工夫を必要としたり、盛ったりするということは、そういうことです。比較的表面的な例でいうなら、この5年ほど基礎化粧品もメイクも、随分ややこしくなったと思います。化粧水を塗る前に、化粧水の浸透を良くするものが必要ですとか、肌つやを良く見せるためにこれを塗ってから、ファンデーションを塗ると内側から発光してみえますとか、テクニックの大盛りになってきました。そこまで、肌がボロボロということは、内臓が危険な状態にあるから、生活全般を変えなくてはいけないということですが、そこには意識が向かないのです。

土台を良くしていかないと、お金ばっかりかかるから、余計にお金を崇めていく狂った方向に進んでしまいます。そして、そうやって表面に留まり、狂いを深める奥には、トラウマがいることがすごく多いのです。