あの人はあの人として美しいだけ。

少し前に、本当に今のあなたで十分だと、お伝えしました。 それを知ることが、本当にみなさんの基盤になります。

それは、例えば「あの人はあの人として美しいだけ」だと理解することです。あなたはあなたとしての美しさでは、絶対に負けることなどあり得ないのです。

あなたとしての美しさには、責任を持つのです。あなたとしての美しさから、目を背けたりしないのです。

仮に、そんなこと思えないけれど、開き直りたいなら「そんなこと思えない自分がいると認められない自分」を、許しましょう。その許しが全細胞に広がって、緊張がゆっくり確実に解けていきます。

周りを見て「自分も同じだ」と決めつけずに、自分の姿をありありとちゃんと見て、自分の姿を手に入れていくのです。