子供が苦しむ時

木村石鹸の商品はいいなぁと思うことが多めですが「風呂床の洗浄剤」は、ヒットでした。

さて、子供は、両親を尊敬できないと、とても苦しみます。それは、30代以降徐々にあらわれ、その後決定的になっていきます。

尊敬とは、相手を「こんなところがすごい」と評価したりジャッジすることではありません。両親に殺される子もいます。両親が歴史に残る犯罪者の子もいます。両親が誰か知らない子もいます。それでも、そこに子供から親への尊敬があると、つまり子供が親に近づいて、自然と頭が下がってしまう時、子供は苦しみから自由になっていきます。

尊敬とは、殺人鬼のような受け入れがたいことを、受容することではありません。それは受け入れなくていいのです。でも、ゆるすのです。そうしていくとき、子供は親に近づくことに成功する道へと、近づきます。