プロとアマの違い

「話を聞く」というと、誰にでもできると思われるんです。では「話を聞く」プロとアマの違いがどこにあるかというと、そこに含まれる情報量の差です。プロは同じことを聞いても、アマとは比較にならない量の情報を、受け取ります。

自己愛が強すぎると、返された言葉という外見だけに囚われて、その中身の違いを受け取れず「話を聞く」プロの間を転々としてしまうかもしれません。何気なく返された言葉の中に詰め込まれた大事な物たちをどさっと見逃すだけでなく、それらがみずみずしく存在していることに、気づく気配すら持てないかもしれません。

自分たちの耳の中に閉じ込めたものを「話」だと思って、プロの前に行き、自己愛が強いから「あなたは自然の中に音楽を聴けなくなった音楽家のようだ」と言われても、それを否定しては自己愛を強めるということを繰り返していると、なかなか厄介な人生が展開することになります。

別の視点から言うなら、そういうことを続ける限り、チャンスを見逃し続けて、不自由なままになることになります。そういうことを続けていると、全面降伏か全面対決となってしまい、解決を目指せないからです。