新時代のスピードなんてない。

自粛中は、現実逃避からかアフターコロナという言葉がはやって、しばらくして収束の気配がないとなると、ウィズコロナになって…と、言葉はあちこちで人と共存しています。

でも、例えば「新時代のスピード」なんて、そもそもありません。流れ続けている時間は、たとえるなら川です。川がゴーゴーと流れているときには、5㎞離れたってやっぱりゴーゴーと流れています。川がゆったり流れているときは、5km離れてもやっぱりゆったり流れているのです。

変わらない時の流れに、時代という広告と関連の深い言葉を持ってきては、さもありなんという感じで「新時代のスピード」等々言ってくる人たちは、川をみたこともないのでしょう。つまり、時間に追われる生活をしていて、時の本質には触れていないのでしょう。

あなたが本質にあれば、こういう広告絡みのワードからは、いつも自由に生きているでしょう。振り回す気満々のものに、ひっかかりもしない爽快さが、当たり前でしょう。