【開催報告】3/21, 3/25, …オンラインWS「心の傷」

昨日は一月、明日は五月、今朝は二月で午後は六月、そんな感じでめちゃくちゃな気候の中、オンラインWSを開催しました。ちなみに、3月30日まで募集中ですから、まだお申し込みOKです。

「(今の身体は)
・頭が軽くなった
・身体全体の力みが抜けた。特に上半身。
・みぞおちが柔らかくなった感じ
・視界がクリアになり遠くまで見える感じ

(今の心は)
・希望
・ちょっと怖いなという気持ち
・楽しみ

(これからの人生にとって大事なことは)
根っこは一緒。
怒りを表現すること!

心に傷があると起こること
それらに思い当たるものが驚くほど多くありました。
傷からでていることだと区別していくこと。怒りをきちんと表現すること。
自分が怒って相手は傷ついたわけではないかもしれない。逆に怒らなかったことで相手との関係性はどうなったか。。。
怒りって感じたくないと思っていたけれど、何だかどんどん感じてみようと思うと自分の力が戻ってくる感じがしています。希望が感じられたこともとても嬉しいです。

(事務、51歳、女性)」

「(今の身体は)
首の痛みが消え、首を回せる
・腰が伸び、ウェストが細くなった
・頭が軽くなり、鼻詰まりが消えた

(今の心は)
・解放感
あまずっぱい
・のびやか

(これからの人生にとって大事なことは)
わたしのせいじゃなかった!

とてもリラックシングな時間で、終了後ずっとこもっていた部屋が違って見えました。明日からの仕事にも前向きに取り組めます。今受けて本当によかったです。わたしの人生に希望が戻ってきました。

(医師、37歳、女性)」

 

【開催報告】10/31,11/4,11/12 オンラインWS「失敗の力。絶望の力」

秋が深まってきた時期に、オンラインWS「失敗の力。絶望の力」を開催しました。よく「楽しんでいれば、問題は消える」なんていいますが、それが決して嘘ではなく、多くの方にとって「楽しむほど、安定してくる」「表現を大事にすると、安定にしてくる」であることも、実感して頂けたと思います。また、日常における「大難を小難にかえる方法」(予防法)もお伝えしました。

今回は、練習をつづけるといい方法をお伝えしたこともあり、WS後に練習用シートもお送りしました。ぜひ、使ってみて、今回お伝えした発想を、日々の振り返りの仲間に入れてあげて下さい。そうして、自由で豊かで傷つかない毎日を、創っていきましょう。

「(身体は)
身体がゆるみ柔らかくなった
息がしやすい
視界がクリアになった
疲れが和らいだ

(心は)
弾んでる感じ
楽しい

(これからの人生にとって大事なことは)
楽しむ姿勢と気恥ずかしさ。
無意識。

自分にとって大事なこと、それを大事にするためのファーストステップは、意外なもので、そしてちょっとしたことでした。安定を得ようと頑張っていたのに、私は楽しいを大事にするとすると安定するということも発見。今回も日常ですぐに取り組めるものも分かり力が湧きました。真逆な方向に頑張りがちな私。大変だったね。でもそれも何らかのニーズを叶えてたと思うと良かったねと言いたくもなる。不思議な感じ。満たされる。まだまだ、ふしぎ~という感じだけど自習用ワークもやってみよっ♪と楽しくなりました。ありがとうございました。

(事務、50歳、女性)

「(身体は)
背中や腰の強張りがとれ、右肩の痛みが消えています。目がよく見えます。鼻がつまっていたと気づきました。

(心は)
優しく満ち足りています。誇りが宿っています。

(これからのあなたの人生にとって大事なことは)
意識で暴走せず、無意識の素晴らしい采配に、道を譲ることです。

胸のつかえが取れ、自分を労うことができました。生産的な休息の時間でした。折に触れて助けていただき、ありがとうございます。息子のことも宜しくお願いします。

(経営者、52歳、男性)

「(身体は)
WSが始まる前と比べて、身体の境界をより明確に感じることができている。

(心は)
過去のことや今のことを、WSが始まる前よりも、幅広くとらえることができている。

(これからのあなたの人生にとって大事なことは)
頭だけではなく身体に目を向けることを実践していくこと。そのために今日教えていただいた「ニーズ」という観点を持ち込んで、自分に起きたことをとらえてみること。

失敗というテーマをとおして、今年1年の振り返りをすることができ、次の一歩のきっかけをたくさん得ることができました。

WSを最後まで受けて、冒頭にコメントしていただいた「10個の宿題の一番最後だけが質が違う」と言っていただいた意味を実感できました。

今日教わった内容を活かして、そういう質で起きたことをとらえていこうと思います。

(42歳、コンサルタント、男性)

「(身体は)
◯胴体から余分な力が抜けて、呼吸が深くなった
◯背中の筋肉がほぐれて、肩の可動域が広がった
◯全身の関節のすきまが広がり、身体の動きがスムーズになった

(心は)
◯静かで穏やかな風が吹いているような感じ
◯固くなった部分が耕されてふかふかしている

(これからのあなたの人生にとって大事なことは)
◯身体に任せることを増やす
起こった事象を無理やりジャッジせず、ないがしろにしない

◯粘土を使ってイメージを形にする工程が楽しかった
自分の中を気づかないうちに耕して、種?を蒔いている不思議な感覚がありましたが、とても心地よかった

(43歳、営業、女性)

* 【開催概要】オンラインWS「失敗の力。絶望の力」

【開催報告】8/29, 9/12, 9/13 秋のオンラインWS「スケールアップ1 ~恥~」

全国的に涼しさが増した地域が多かった日に、秋のオンラインワークショップ「スケールアップ」を行いました。川沿いを歩けば、赤とんぼの大群が飛んでいて、わたしの中ではりんごジュースがおいしくて仕方なかった頃です。

近頃は、みなさんわざわざ半休を取って、ワークショップに参加してくださるので、とてもありがたく、お気持ちが身に沁みます。それでは、頂いた感想をシェアします。

「(今の身体は)
緊張が緩んだ(背筋の過度な緊張がとれて、ものさしから背骨にもどった感じ)お腹の緊張も緩んだ

(今の心は)
驚き
ホッとした
迷い

(これからの人生にとって大事なことは)
・自分で自分の内側から満たしていく
・謙虚さとはどんな状態か、そこに近づけていく
・自分で自分に恥を与えない。

恥について初めて学んだ時間でした。
たくさん例も出していただき思い当たることも多々ありました。
そして水のワークは驚きでした。
理解もイメージもしやすくなりました。
全く逆の考えで生きてきて、これまで大変だったなと思いました。
身体の面からのアプローチも教えていただいたので取り入れていきます。
今回も充実の内容ありがとうございました。

(50歳、事務、女性)

「(今の身体は)
〇WS開始前より頸椎と脊椎が柔らかくなった。
〇肋骨が動くようになって、吸える息の量が増えた。
〇手足が軽くなった。

(今の心は)
〇始まる前よりより深く落ち着いている。
〇よく耕された土のように、空気を含んでふかふかしている。
〇これからどんな一歩を踏み出して進もうかわくわくしている。

(これからの人生にとって大事なことは)
〇自分のエネルギーで自分を満たしていく
〇細胞壁を適切に保つ

自分を健やかに守り過ごす方法について、本質的な部分を教えてもらいました。説明が身体にすっと入り、これから具体的に何をしたらよいか、とても分かりやすかったです。目からうろこがバンバン落ちました。今後もWSを楽しみにしています。ありがとうございました。」
(43歳、営業、女性)

「(今の身体は)
耳がとおっている。顎が緩んでいる。背骨がスッととおっている。

(今の心は)
落ち着いていて、とても満足している感じがある。未来に意識が向いている。

(これからの人生にとって大事なことは)
自分自身を満たしていくこと。これまで、いろいろな考え方やメンテナンスのやり方を教わってきましたが、それらをバラバラにとらえるのではなく、自分自身を満たしていくために使っていきたいと思います。

自分を満たしていくと同時に、教えていただいた男性性を増やしていくことも実践していきたいと思います。」

(42歳、コンサルタント、男性)

今回参加したすべての方が、背骨に変化を感じているのが面白いですね!なぜなら、背骨に関わるようなワークもしていなければ、身体を動かすワークもしていないからです。

わたしの提供する全ワークショップやコーチング・セッションでは、軽い頭痛のような多少の不調であれば、その提供内容にかかわらず、改善し回復するようにデザインしてあります。

「仕事帰りにワークショップ」や「子供を送り出して、自分の仕事の合間にワークショップ」だと、余計に頭が疲れそうな感じがするかもしれませんが、むしろその逆のインパクトがでていることは、毎回のワークショップの感想によく表れていると思います。逆に、マッサージに行ったりお風呂に入ったように、身体が楽になり、ちゃんと考えたのに頭が四角くならないので、皆さん最後は、とてもいい声いい顔(カメラ使用の場合)をされています。

秋のオンラインWS「スケールアップ」開催概要はこちらです。

【開催報告】7/13,16 オンラインWS「スピンオフ 息を吹き返す4」

雨がざぶんざぶんと降っている日と、アブラゼミと蜩と鶯とカエルの鳴く日に、スピンオフとなる「息を吹き返す」を開催しました。

急に暑くなることを警戒して、うちの台所にはスイカ一玉を転がしておいてあります。そして、夜間急に冷えることもあるため、毛布も常備してありながら、地球温暖化の進む早さにオロオロするだけの状態から、やっと抜けたところです。

話を戻しますね。それでは頂いた感想をシェアします。シリーズすべて受けてくださって、ありがとうございました。受け取ってくださったことが、本当に嬉しいです。

「(今の身体は)身体の感覚を感じやすくなっています。WSを受けて、全般的にこわばっている感じや緊張している感じが緩んだこともあると思いますが、身体それぞれの部分と、そのつながりを感じる感度がWS前よりも高まりました。

(今の心は)自分を受け容れている感じがあります。WS中にも出た顔の表情に対する意識が変わったことで、自分のいまの状況(身体と心)をそのまま意識しやすくなったことで「あ、いまこういう感じなんだぁ」という形で自分の状態をそのまま受け取るような感覚があります。そして、この感覚をとても心地良く感じています。

(これからの人生にとって大事なことは)
自分の感情を表情で感じること。今日のWSを受けて、「表情を顔に出してはいけない」という思い込みが強いことに気がつきました。ネガティブな感情だけでなく、ポジティブな喜びとか驚きも「出してはいけない」という感覚が根強くあって、それが当たり前になってしまっていることに気がつきました。ここを少しずつ変えていき、表情と感情をつなげていくと、身体の感覚を意識しやすくなると思いますし、他の人とのコミュニケーションも、今よりもごまかしのないものになっていくのではないかと思いました。

これまでのWSをすべてをとおして振り返ると、自分の身体と心の感覚をそのまま受け取るということを学びました。自分の感覚をそのまま受け取るということをせず、抑えていたことで見落としていたこと、気づけていなかったことがたくさんありました。これからは、教えていただいたことを実践し続けて、今までよりも毎日をきめ細かく過ごしていけるようになっていきたいと思います。

(コンサルタント、42歳、男性)

「(今の身体は)
自分では自覚できなかった余分な力が抜けた。頚椎と胸椎、腰椎が余分な力が入らずほぐれている。

(今の心は)
とても静か。感情的に外にぴょーんと飛び出していかない感覚。

(これからの人生にとって大事なことは)
不得意な感情から逃げず、自分に許可を出して向き合う。

自分が不得意な部分をまざまざと見て、(不得意な部分を)どのように生かすか指針を見せていただきました。貴重で、きらきらした時間でした。

(営業、42歳、女性)

ビジネスにおいて、特に交渉など担当してしまうと、ポーカーフェイスであることを求められがちです。しかし、本質的に人はそんなに「浅い」ものでしょうか?「よし、相手の気持ちを読めた」と思い込める態度は、あなた自身の尊厳をまもってきたでしょうか?

必死に小手先の対応を重ね、いつの間にか厚顔無恥になっている大人のひとりに、自分が入ってしまったなら、その後の自分の人生は、どんな潜在的な機会や展開を失ってしまっているのでしょう?

そんなことも踏まえて作ったワークショップでした。たくさんの方が、息を吹き返し、自分を取り戻して、ほんとうにあの頃望んだ人生を歩んでくれたらと、願っています。

オンラインWS「スピンオフ 息を吹き返す4 〜アンチエイジング編〜」の開催概要はこちらです。

それでね、息を吹き返すシリーズのアンコール開催、行います。9月5日までのお好きな日時で、開催いたします。「実はあれ見逃した」「今になって興味が出てきた」という方、以下から9月4日までにお申し込みください。

アンコール開催 オンラインWS「息を吹き返す」シリーズに、申し込む

息を吹き返すシリーズはすべて「努力しても変わらないんですけど、どうしたらいいの!」という方のために作った、自分を傷つけずに未来をまもっていく日常を当たり前にしてくれるワークショップです。他のワークショップに比べ、病的な状態の方でも受けて頂けるよう、作りました。他のワークショップやコーチングではお断りせざるを得ない方も、このワークショップについては、お申込みいただけるケースがあります。詳細は、ご自身の状態を添えて、お問い合わせください。

【開催報告】6/9, 13, 14 オンラインWS「息を吹き返す3 〜魅力編〜」

激しい気温差にトレンチコートを引っ張り出したり、梅の手仕事をはじめたり、「どうしているかな〜?」と気にかけていた方にバッタリ会えてうれしかったりした日々に、このワークショップを開催しました。

ちょうど参加者全員が梅雨入りした地域の方でしたね!それでは、頂いた感想をシェアします。

「(今の身体は)
頚椎と骨盤周りの余分な力が抜けて楽になった。自分では気がついていない重いものが身体からすっと抜けて軽くなった。

(今の心は)
静か。WSが始まる前に比べて、心のより深いところから静かな感じがする。

(これからの人生にとって大事なことは)
日常で本当にしたいことをする。
気負わない。

風通しをよくすることについて、自分が思っていたことやこれまで見聞きしたこととは全く別の視点から、本質的な話をしていただき、目から鱗でした。これから人生の風通しをもっとよくして行けそうです。ありがとうございました。」
(営業、42歳、女性)

「(今の身体は)
肩や首まわりの緊張が取れている。全体的に余分な力が抜けている。

(今の心は)
周りに振り回されず、落ち着いていて、先のことに目を向けられている。

(これからの人生にとって大事なことは)
本当にしたいことをするための考え方を知ることができたことです。このことを、これまでの自分が間違って理解してしまっていたことを修正しながら知ることができました。

メールマガジンやワークショップの内容にも書いてあった「上昇思考は卒業し、前向きに生きる」ための一歩を踏み出すことができたワークショップでした。ありがとうございました。」
(コンサルタント、42歳、男性)

「(今の身体は)
だるかったのがすっきりしている。無駄な緊張が取れたゆるんだ感じ。どっしりと安定した感じ。

(今の心は)
頭の中のモヤモヤが取れて、すっきりした。落ち着いていて、はっきりとしてきた。

(これからの人生にとって大事なことは)
自然体。意識で操作しないこと。無意識までが自分だと忘れないでおくこと。たてるは楯になる。おかげさま。

子供にとっての後ろ盾として機能していけるよう、自分を高めたい。周囲で起きているハラスメントや共依存は、完全に断ち切れなくても、自分が影響を与えてしまう直接かかわる人に影響されず、自分らしく自然体でありたい。」
(ピラティスインストラクター、45歳、女性)

「(今の身体は)
背中が柔軟で視界は明るい
全体的に軽くなった感じ

(今の心は)
新しい感覚を得た嬉しさ
落ち着きがある
消化中という感じ

(これからの人生にとって大事なことは)
感情的、意識的にならない。
人との関係性。

びっくりの内容でした。
これまで思ってきたことと真逆だったり、そう言われてみるとそうかもと気づいたり。
まだ消化中の部分もありますが、ちょっと冒険にでるような嬉しい気持ちがあります。」
(事務、50歳、女性)

オンラインWS「息を吹き返す3 〜魅力編〜」の開催概要は、こちらです。

【開催報告】5/1, 5/2, 5/17, 5/23 オンラインWS「息を吹き返す2 〜お金編〜」

あったかい気持ちをたくさんくれた年上の友人が、令和に入りすぐ亡くなりました。何度思い出しても、柔和な笑顔とやさしい心根が浮かびます。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

さて、随分濃霧が長く続いた午前中と、5月なのにニット着用という季節を失った時間の中で、人生に息吹を取り戻し、言うならば10年後には「あらら~お金持ちになってしまう、望まなくても」というワークショップを開催しました。

それでは、頂いた感想をご紹介します。

「(今の身体は)
上半身の重さがきえた
目が見えやすくなった感じ
身体が全体的に柔らかくなった感じ

(今の心は)
明るい
元気になった
意欲的になった感じ(さぁ、やるぞ!とは違う静かで繊細な)

(これからの人生にとって大事なことは)
「お金がない」という時の実は本当に言いたいことは何だったかを思い出し、それを得るための行動をする。
知識として知ったことや日々やるといいことを日常の中で継続し自分のありようの変化を見続ける。
静けさ、繊細さを大事にする

「お金がない」という時の実は本当に言いたいことというのに最初はビックリしましたが、確かにそうだなとだんだんと腑に落ちました。
これまでの認識のずれや、トンチンカンな対処をしたり自分を責めたりしていたことにも気づけました。
まずは浪費が減りそうです。

ありがとうございました。」(主婦、50歳、女性)

「(今の身体は)
始まる前よりも緩んでいる(そのことで、始まる前は、自分で自覚していたつもりだった以上に、緊張をしていたことに気がつきました)。頭もすっきりしていて明晰さが増していて、耳などの感覚もよりクリアになっています。地に足がしっかりついている感覚もあります。

(今の心は)
余裕ができました。ワークショップの最後の方に出た「10年」という時間感覚からも影響を受けていますが、今の状況を明確にできたことでの余裕があります。そこから生まれてくる前向きな感覚もあります。それでいて、気が楽な感じもあり、余計な力みがない状態でいます。

(これからの人生にとって大事なことは)
自分の能力を存分に発揮していくこと。

「お金」というテーマに興味を持って申し込んだワークショップでしたが、お金をとおして、これからの仕事や生活を見つめなおすきっかけになりました。今日から教えてもらったことを実践していきます。」
(コンサルタント、42歳、男性)

「(今の身体は)
肋骨が動きやすくなって、ワークショップが始まる前より息が深く吸えるようになった。
固まっていた胸椎の下部と腰椎が楽になった。

(今の心は)
心の深い部分からとても静か

(これからの人生にとって大事なことは)
心から通じあえる人を増やすこと。

参加して本当に良かったです。テーマはお金でしたが、お金だけではなく、生きること全般についてこれまでの経験や考えていたことが整理されて、腑に落ちました。ありがとうございました。
(営業、42歳、女性)」

「(今の身体は)
腰とふくらはぎが痛かったのが楽になった。
肩も楽。
頭がスッキリ。

(今の心は)
緊張が取れた。
落ち着いている。
多分、このあと、人やものごとに対して柔軟に対応できる。

(これからの人生にとって大事なことは)
夜10~11時に寝る。
唱える。
通じ合える人を増やす。

こちらで感じ取れない変化も、わかりやすく伝えてくださるので、そうかなぁと思いながら、あっという間に時間が過ぎました。なにがどうなってこうなる、という俯瞰、年齢を重ねて後悔することにならないよう、その日の為に今することが、多分、今回取り組んだことだと思います。

(ピラティスインストラクター、45歳、女性)」

【開催概要】オンラインWS「息を吹き返す2 〜お金編〜」はこちらです。

【開催報告】3/31, 4/19 オンラインWS「息を吹き返す」

新元号ひとつとっても、その扇動ぶりはひどく、今までの「ふつう」に生きるだと、下りエスカレーターに乗りつづけているようなものです。

「ふつう」に生きれば、無自覚に堕落する時代に、自由を謳歌しながら、高みに上昇しつつ、変ではなく美しいとみなされる生き様は、確かに存在しています。今回含め、この後お知らせしていくワークショップは、それを体現していただけるよう、創っています。

それでは、春爛漫の穏やかさではなく、乱痴気騒ぎによる荒みが日本に広がっていた日に開催したワークショップの感想を、ここにシェアします。

「(今の身体は)
身体が全体的にゆるんだ感じ
呼吸がゆっくり深くなった
力強い

(今の心は)
おだやかで優しい
ゆとり
楽しい

(これからの人生にとって大事なことは)
自分の感覚を取り戻し、自由になる

参加できて本当に良かったです。
自分が思っていた以上に気づいていなかった怒りがありました、
頭での理解と腑におちた感覚、
今後どうしていったらいいのか
すべてを味わう時間でした。

後は毎日コツコツ実践します♪
1か月後が自分でもとても楽しみに感じます。
終わってみて、あ~これが「息を吹き返す」ってことかぁとしみじみしました。
ありがとうございました。」

(主婦、50歳、女性)

「今の身体のありようは?
自分自身の身体だと実感できている。自分という身体の中に、自分がおさまっている。余計な力は入っていない。地に足がついている。

(今の心は)
穏やかな気分。自分で自分を受け容れられている。

(これからの人生にとって大事なことは)
他人の感覚ではなく、自分の感覚を生きていくということ。

「怒り」というテーマをとおして、自分の感覚を生きていくということを、実感して、身体の感覚として理解したことができました。

出していただいた例が、自分に当てはまるものがほとんどだったので、日々の中で取り入れやすい形で理解できたのもありがたかったです。

進め方という点では、普段の1対1のコーチングとは違い、他の方もいることで、信頼関係や自分の感覚などを、よりクリアに実感しながら参加することができました。

頭での理解だけではなく、セミナー中から身体で実感できるような形で内容が進んでいくので、継続して教わったことを実践していきやすい状態でセミナーが終わるのも良いなと思いました。

今日から実践しながら、どのように変わっていくのかが楽しみです。」

(コンサルタント、41歳、男性)

【開催概要】オンラインWS「息を吹き返す」

【開催報告】12/30 オンラインWS「病の本質」

こちらは2日前に初雪が降りましたが、今月真夏日も記録した場所にお住まいの方と、本日の午前中は、ワークショップをご一緒しました。本質だけを本質的に伝えていったからこそ、静かな感動の時間になりました。ピアソラ(アルゼンチンタンゴ)もかけました♪

それでは、いただいた感想をシェアします。

「(今の身体は)
身体がふっくらやわらか

(今の心は)
静かで凪のような穏やかさと偉大さ
安心。

(これからの人生にとって大事なことは)
とても静かでパワフルな感覚。
身体で感じたことを信じ大切にする。

ありがとうございます。
今年最後の締めくくりとして、言葉でいい表せない感動を味わいました。

ここからまた新しい人生が始まる♪
女性として生まれた、自分が女性である未来、敵はいない未来
これらの言葉が自分からでてきたことに
も驚きと感動がありました。

戦いの人生ともさよならして、新しい人生を歩みます。

ありがとうございました。

(49才、経理、女性)」

これを読んでいる皆さんは、そもそも「どんな未来を守りたいか」を具体化しましょう。その上で、不要なことは今日からやめて、必要なことは今から始めていきましょう。あなたという存在は、二度とありません。そんなあなたが過ごす時間は、いのちそのものです。

「世間がどうだから」や人目が気になるとき、あなたの中にその受け皿があります。「世間がどうだから」や人目という名の、実は自らの思い込みでご自分を削っていって、その機能も尊厳も奪うのではなく、その真逆をいってくださいね!

【開催概要】オンラインWS「病の本質」

【開催報告】オンラインWS「人はすばらしく、おそろしい」

ゴーヤはおしまいにしたけれど、まだまだ万願寺とうがらしとセロリはベランダ産という、秋も半ばの夜、オンライン・ワークショップ「人はすばらしく、おそろしい」を開催しました。

攻撃することされること、その深みに触れながら、どちらとも疎遠になっていくための本質的な深いワークと、日常ですぐ使える毎日の歯磨きみたいなワーク、両方お伝えできて、豊かな時間となりました。

では、いただいた感想です。

「(今の身体は)
体が柔らかくなり柔軟性がある
部分部分で細かく動く感じ
首や肩回りも軽くなった

(今の心は)
穏やかで広がりがある
ゆったりと大らか

(これからの人生にとって大事なことは)
体で感じていることをもっと大事にする。
軽やかになる、楽しみ♪という感じる感覚も大事にする。
これまでとは違う方法で自分の居場所を得ていく。それをこれからやってみることが楽しみ。そう感じられたことも嬉しい。

不思議なワークでしたが、即効性がありちゃんとそれを体感できた。体が柔らかくなるとホッとするし、ひたひたと嬉しさがやってくるみたい。久々の感覚です。もっとこんな感じを日常に増やしていきたいです。
ありがとうございました。」

(49歳、経理、女性)

参加してくださった方は、日々使っていって、さらに人生を豊かになさってください!

オンライン・ワークショップ「人はすばらしく、おそろしい」の開催概要はこちらです。

【開催報告】早春のオンラインWS「循環と再生 Episode2:ひらめく身体」

桃の節句ですね!おはようございます。吉野実岐子です。2月最後の日、夜なのに10℃を超えていることに驚きながら、オンラインWS「循環と再生 Episode2:ひらめく身体」を開催しました。

サティの「ピカデリー」や「風変わりな美女より 大リトルネロ」などもかけながら、驚きいっぱいの楽しい時間になりました。それでは、頂いた感想のシェアです。

「(今の身体は)
・身体の中、胸のあたりも広がった感じで呼吸がしやすい
・椅子の座面とおしりがしっくりくる
・みぞおちのドキドキが減った

(今の心は)
・びっくり仰天
・楽しい
・元気な感じ
・おだやか

(これからの人生にとって一番大切なことは)
自分の身体なのに知らないことだらけでした。身体の認識が驚くほど間違っていて、痛みが出る原因はこれだったのかとも思いました。肺も思っていたよりだいぶ大きく、息もこんなに吸えるんだとか、日常置き去りにしていたようなことを感じることができました。
自分の脳にしっかり今日分かったことを伝え続け、今よりもっと楽に十分に体をつかえるようになろうと思いました。
太鼓をたたく際に師匠に注意されていたことも、こういうことだったのかと腑に落ちました。

ありがとうございました。自分の身体に興味がわきました。身体の使い方は運動音痴とは別の話と聞いて、よぉ~しそれなら私ももっと上手に使えるようになれるぞ!とも思えました。

(48歳、経理)

早春のオンラインWS「循環と再生 Episode2:ひらめく身体」の開催概要はこちらです。

【開催報告】2/15 早春のオンラインWS「循環と再生 Episode1:かわいい心」

三年前につくった陳皮を紅茶に入れて頂くのが、今週のお気に入りです。おはようございます。吉野実岐子です。

春を感じさせる柔らかい雨の降る日の夜、早春のオンラインWS「循環と再生 Episode1:かわいい心」を開催しました。音で感じる別の土地は、面白いものですよね!雪解けの清水みたいな甘い時間になったと思います。それでは、参加された方の感想のシェアです。

「(今の身体は)顎の強張りが取れて、ふんわり柔らかい感じ。ほぐれた後のじんわり感を美味しく味わっている。でも、強張ってた頃より、体の感じは、「確か」な感じがする。

(今の心は)穏やかさ8割、奇妙なとんがり感1割、残りの1割は、ほのぼのです。ほのぼのは、穏やかさに、うふふという笑いを掛け算してみた感じです。

(これからの人生にとって重要なことは)
わたしはわたしなので、かわいい!と体に落ちてきたこと。弱さがあるから、いい。かわいい。

ここ最近、愛ってなんだろう、自立と依存を痛みなく切り離すにはどうしたら良いのか、ということを考えていました。そこにすっと答えみたいなものが出ただけではなく、自分が思っていたのとは違う、もっと先の次元のようなところに降り立ってしまって、ここからどこをどう歩いて行くのか、こわごわ、でも楽しみという感じがします。

(36歳、団体職員)

参加された方には、自然と決まったこれからの時間の質と、そこにステイし続けるためのマジックワードをぜひ使いつづけて、やさしくやわらかで確かな道のりを歩んでいってほしいなと願っています。

早春のオンラインWS「循環と再生Episode1:かわいい心」の開催概要はこちらです。

【開催報告】1/17 and 1/25 初春のオンラインワークショップ「あんしん 後編」

寒波の影響で、今週に限って東京よりも内陸性気候の名張が暖かく、何とも妙な気分です。おはようございます。吉野実岐子です。

さて、桜が咲きそうに暖かい日と、ザ・大寒な凍れる日。二回に分けて初春のワークショップ「あんしん 後編」を開催しました。オンラインだから、大雪もなんのその、飛行機遅延で間に合わないなんていうこともなければ、流行りのインフルエンザをうつしあうこともありませんね!

それでは、参加された方の感想です。

「(今の身体は)
目がひらいた
背筋がのびた
どっしりとし姿勢もよくなった

(今の心は)
楽しみ
顔がにやけてくる
ワクワク

(これからの自分の人生に大事なことは)
今の自分にも既にあるものを堂々と大事に体現していけばいいと分かったこと。
ビジョンの卵としてこれからやっていくことも分かり自然と笑みがこぼれる感覚。
私がどんな人であるかということ。
神は細部にやどる!は自分とは関係ないことではなかった。実はとても大事に思っている自分のことがとても嬉しく誇らしく思えた。

明日、早速お花買ってきます♪」

(48歳、経理)

「(今の身体は)
脱力して下半身がより安定の方向にある。

(今の心は)見たくなかったこと(自分の傷)が眼前に置かれたことに「あーあ」と落胆するけど、でも、腰を上げてそれに取り組むことに大きく希望を感じる。

(これからの自分の人生に大事なことは)
何かあった時には、他の誰かではなく未来の自分はどう言うかをまずを聞いてみる。

ビジョンを描くって難しいと思っていたけれど、なんとなくいつも気になってること、うすうすどこかでわかっていたこととつながり、嬉しいです。」

(42歳、主婦)

今回は、開催日によってですが、小沢健二「流動体について」をかけました。この曲のように、まちがいを正せるなら、それ自体が希望です。

初春のオンラインワークショップ「あんしん後編」開催概要はこちらです。

【開催報告】1/3 and 1/7 オンラインWS 「あんしん 前編」

おはようございます。吉野実岐子です。今年のお正月は、松の内までの間に、オンラインWS「あんしん 前編」を開催しました。

開催日によりますが、Déodat de Séverac(セヴラック)のピアノ曲集「En vacances(休暇の日々から)」を流したりして、すっかり夏のバカンスみたいな気分になったりもしました。それはそれで、子供のときワイングラスに牛乳を入れて飲んだような背伸びする新鮮さがあり、甘酸っぱくてよかったです。

それでは頂いた感想のシェアです♡

「(今の身体は)
背が伸びた感じ
目が開いた
視力がよくなった感じ

(今の心は)
穏やか
ウキウキ
明日に希望がもてる

(これから人生で一番大切なことは)
境界の大事さがすごくよくわかりました。
境界がない状態の自分への負担度合も。
毎日自分にできることが分かって、希望がもてました。

自分が大事にする価値観が明確になった。

すごく良かったです。
自分の思い違いも分かったし、大事にしていいことも分かって嬉しいです。
ありがとうございました♪♪」
(経理、48歳)

「(今の身体は)
身体のスペースが広がりきった感覚。足の付け根から下の空間もちゃんと感じる。

(今の心は)
この先予想外のことばかりが待っているんだろうなぁと、不思議な感じ。先が見えずまっさら。

(これから人生で一番大切なことは)
外側を型にはめることでしゃんとするのではなく、内側から梁を立てることでピンと立つ。

普段追いやっている、自分が本当に求めている価値観が出てきてまだ混乱していますが、これからが楽しみです。」
(専業主婦、42歳)

参加された方の2018年が、健やかな実体ある安心に満ちていくように、ワークショップを創りました。参加された方は、2018年を思い切り楽しまれてください!

そうそう、みなさんどうぞインフルエンザには気をつけてくださいね。この年末年始だけでも、だいぶ流行っているようです。

オンラインWS 「あんしん前編」の開催概要はこちらです。

【開催報告】11/23 and 11/28 オンラインWS 「あんぜん3部作 第3部:生まれてしまった」

12月に入りました。おはようございます。吉野実岐子です。

11月下旬、紅葉も進んた朝や晩秋の夜、「あんぜん3部作」のラストにあたる「第3部:生まれてしまった」を開催しました。図らずも、ワークショップで小沢健二かけてしまいました~。

今回は、いつも以上に感想に幅があって、面白いんじゃないかと思います。人がそれぞれ違うことが、明確に表れているんじゃないかと思います。また、統合が深まると、身体に安定感がでることや、心が嵐の時も、それをホールドできる自分で在れると、背中や肩はゆるむことがあることは、多くの方にとって学びになるでしょう。

「(今の身体は)胸がしめつけられる、みぞおちが痛い、背中や肩はゆるんでいる。
(今の心は)怒り、悲しみ、むなしさ。

(これからの人生にとって一番大切なことは)心にふりまわされていると苦しい。過去の自分の痛みにも、その痛みを恐れるがために今起こっていることも、まずは共感することから始める。痛みだけじゃなくその反対に安心してほっとした事実も同じくらい、それ以上に感じるようにする。

途中までは、すごく自分の中でも実感として受け入れられていたが、最後に混乱があったのでそこからまだ抜け切れていない。でもこの状況が日常よく起こっているということも分かった。小鳥と手鏡、親指ともっと仲良くしたいと思いました。」
(経理、48歳)

「(今の身体は)全身のつながりというか安定感を感じている。頭でっかちでない。おざけんに背中押されてる。
(今の心は)おだやか。前向きで物事がサクサク進みそう。

(これからの人生にとって一番大切なことは)昔飼っていた文鳥。ピーコとピースケ。子供にもっと触れてやるということ。シャボン玉のような生まれては消えるものであっても、大切なその瞬間をただ大切にするということ。

ありがと~う♪」
(ピラティスインストラクター、43歳)

自分の中の整理整頓がすすむと、何か起きても、どこにどう手をつければいいかがすっと解るようになります。そうすると、実際の対処スピードも速くなり、いつでもどこでも安全を創りだせる自信につながっていきます。まだ12月14日の開催が残っているので、楽しみにしています!

【開催報告】 10/9 and 10/17 WS「あんぜん3部作 第2部:そこは地球だった(オンライン)」

近所の滝に、さくっと行ってきました。おはようございます。吉野実岐子です。

夏日が戻ってきた10月9日と、雨続きで低温の10月17日、オンラインでワークショップ「あんぜん3部作 第2部:そこは地球だった」を、開催しました。わたしたちが普段社会で生きている時間感覚では、高度にも感じられるだろう内容でしたが、短期的成果を求めて自分で自分を侵食するようなことをせず、まして自分を罰したりせず、ただ「どうなるか楽しみだね!」と、目をキラキラさせながら、淡々とやるべきことを続けていただければ、新しい時間感覚で生きていける道も開ける、そんな内容でした。

身体の感覚は正しいのだけど、頭で仮説を立て始めて、正解をひねり出そうとしながら、五感はおざなりにしてしまい、結果、せっかく正しくうけとっている身体の感覚からの情報は、丸ごと無視していたりすると、勿体ないですね!農家さんからもらった新鮮野菜の存在を忘れ、冷蔵庫で腐らせながら、冷凍食品を食べている人みたいな感じがします。

参加された方からは、深い満足感が伝わってきたので、よかったです。それでは、感想をシェアします。

「(今の身体は)身体がゆるんで、やわらかくなった感じ。背中が楽になった。みぞおちのあたりには緊張がある

(今の心は)楽しくなってきた。できるかなと少し不安もある。明るい晴れやかな感じ

(これからの人生にとって一番大切なことは)自分の身体の声を大事にもっともっと信頼していく。身体の声、心の声、頭の声を聞き分ける。身体の声を信頼していくためにも体を整える時間を作っていく。

質。というのがとても興味深かったです。上品でありたいと思いました。
日々の生活の中でも「清さ」というものを意識していきます。
身体を整える時間というものの重要性を改めて感じられて良かったです。」
(経理、48歳)

「(今の身体は)芯がありつつも、軽やかな感覚があります。
(今の心は)穏やかで静かな感じ。

(これからの人生にとって一番大切なことは)心と頭で本質を歪めず、しっかり身体で本質を感じるという事。

思い返すと、心と頭で凄く考えていたんだなあと気付きました。身体の感覚をもっと大事にしていきます。本日はありがとうございました。

(接客業、27歳)

「(今の身体は)ゆったりしている
(今の心は)おだやか

(これからの人生にとって一番大切なことは)身体で感じること
心で歪ませないこと
身体の調整を行うこと
心をクリアに保つこと

シンプルに楽しかったです。
そこに懐かしさも加わって、より一層でした。
クッキーの味については、へ~という感じ。最初に手に持った体に受けた印象を信じたいと思いました。」

(ピラティスインストラクター、43歳)

それでは、今日も清々しい一日になりますように!

【開催報告】9/1 and 9/14 WS「あんぜん3部作 第1部:はじめに母がいた(オンライン)」

去る9月1日と9月14日に、WS「あんぜん3部作 第1部:はじめに母がいた(オンライン)」を、スカイプ上で開催しました。

ほんとうに幸せを感じたいと思っている勇気あふれる方が参加してくださったので、とことん惜しみなく受け取っていただけて、わたしも幸せでした。

それでは、参加された方の感想をシェアします。めいっぱい参加して下さったその嘘のない心意気が、感想によく表れています。

「(今の身体は)肩が下がり上半身が楽。体に力が入っていなくて自然な感じ。息が深くゆっくりしている

(今の心は)喜びがあるって感じ。ふわっとやわらかく心地いい

(この2時間で経験した中で、これからの人生にとって一番大切なことは)一人で何かと闘っているんじゃない。守られて助け合い微笑みあってる感覚をつかめたこと。自分を誇らしく思えたこと。

ありがとうございます。

今は胸が一杯のような、でも何にもなくなったようないい表わしがたい心地よさです。

(経理事務、48歳)」

「(今の身体は)内側をスキャンされた感じ。
軽くなったところもあり、もともとあった腰痛も、さらにちゃんとそこにあるとわかる。

(今の心は)落ち着いていて穏やか、広がりをもち、ゆったりのんびりしている。

(この2時間で経験した中で、これからの人生にとって一番大切なことは)後ろの人に引っ張られないこと、自分の中にあるものをちゃんとみて育てること。

こういう内容は、話したくても、じっくり取り組める場所や、話せる相手もいないので、スルーされがち。見過ごされがちだけれど、そういうことも、掘り起こして肥やしにできるのが、本当にいい。と感じた2時間強でした。
ありがとうございます!

(ピラティスインストラクター、43歳)」

人は限界を超えて、強くなることを見せていただきました。ただし、その場合には、限界を超えた先がその方向が、理にかなっていることが、必要です。

理にかなわない方に向かい、限界を超えることを「無理」といいます。それは崩壊と破滅の道です。単に限界を超えることだけ奨励したり、提案するのは、あやまりです。

受け取っていただける幸せを噛み締めながら、理にかなう方に向かって勇気を出すと、人はこんなにもうつくしさを増す様を見せていただけて、光栄でした。

ほんとうにありがとうございました。

【開催報告】 7/31(月)午後 ワークショップ「でも、人生はうつくしい!」(東京)

ミンミンゼミとアブラゼミでにぎわっていた神楽坂で、去る7月31日、ワークショップ「でも、人生はうつくしい!」を開催しました。

名張よりずっとひくい湿度に、身体が楽でホッとしながら、平日が日曜に見える込み具合に驚きつつ、全体としてある空間のきつさには、骨が動き筋肉が収縮し、身体が形をかえていきます。店先のほおずきに、うれしくなりながら、会場に向かいました。

参加者お一人でしたので、その方に必要なことをじっくりやっていって、予定になかったことを一杯したのですが、これがわたしにとっては、大きな恵みになりました。とても感謝しています。約5年、がんばってきたことが、ようやく実りを結び始めたことを、明白に知れたのでした。参加者の方は、驚きと共に、他のやり方ではもたらしえないその変容ぶりを、享受していらっしゃいました。

持っていったお茶やお菓子も楽しんでくださって、ゆるりとしながらも濃い充実した、実は高度なことをたくさんした稀有な経験をして頂いた時間にできたことを、誇りに思います。

では、参加者の方の感想をシェアします。

「(今、身体は)ほっとして脱力。余分な力が抜けている。

(今、心は)普段、蓋をしている思いの大きさに気づき、放心状態。

(これからの自分の人生にとって、一番大切な学びは)現状の苦しさを大事な人に伝えること。

フレキシブルにニーズに応えて下さり、どうもありがとうございました。

(43歳、専業主婦)

この後、2回フォローアップがありますので、またその時間もゆるりとしながら、現実を変えるという意味で大きく飛躍する時間になるよう、心を尽くしていきます。

神楽坂は、一本入ると静かだし、きれいな植栽にも多々出会えるから、うれしいです。

【開催報告】 2/18, 2/24 ワークショップ「職業があなたを選ぶ」(オンライン)

2月18日夜、二十四節気では雨水に入りました。陽気がよくなり、雪や氷が溶けて水になり、雪は雨に変わっていく時期です。

みなさんの人生にも陽気が増し、凍っていたものがとけて、潤うべきが潤っていくようにとオンラインワークショップ「職業があなたを選ぶ」を開催しています。

開催が終了した分から、いただいた感想をみなさまにシェアしていきます。この後、2月21日(火)の昼、2月24日(金)の朝も、ワークショップは開催します。どちらも前日の夜 21:00までお申し込みを受付けています。キャリア形成や職業選択について、親でありつつ働くことについて、少しでも内側から揺れがある方、その揺れを生かしに、ぜひいらしてください。

「(今、身体は)これまでになく、清らかな感じがします。空気を美味しく感じ、不要なこりを筋肉に感じない。

(今、心は)軽くなりました。今ここに固執する理由も、前に進む恐怖もなくなりました。どこにでも行ける自信みたいなものがあります。

(ファーストステップとして、自分に約束したいのは)とりあえず、今、目の前のこと目の前の人を大事にしよう。大事にするとは、お互いの分をわきまえること。ことに対しては、どうなるかわからなくても結果を思い描けなくても、とにかく心と手を尽くしてやってみる。

ワークの中で恩師のことを感じた時に、涙が止まらなくなりました。本当は甘えるというか、もっと頼りにしたかった、とか自分の中でも考えないようにしていたことが涙になって溢れました。序列があるというのは日本ではあまりよいものとしてとらえられないかもしれませんが、順番や秩序が健やかに機能して初めて、私は自由にどこまでも行けるし、本当はこれまでだって、それをきっと出来たのだと気づきました。

過去は変えられないけれど、受けとめ方や向き合い方はこうして変えていけることにも気づけました。よい意味で前を向いて、新しい生活を始めていけそうですし、全力を尽くして得る結果を有り難く受け取ることが出来そうです。

コミュニケーション術やお仕事術などのスキルは勿論お仕事を円滑に進めるのに大切ですが、このWSでは姿勢を知ることが出来ましたし、過去のお掃除もできました。そのおかげで、これから仕事で学ぶことを100%以上受け取れそうです。」

(35歳、大学院生)

身体の奥にしっかりと力が存在している感じ

( 今、心は)ちょっとドキドキしている。

( ファーストステップとして、自分に約束することは)教えてもらったクリーニング法や身体のケアをして感じてみる。

とても盛りだくさんの内容でした。やっぱりな残念という思いと、嬉しいけどどうしようという戸惑い。職業から選ばれるというのを少し感じられたので、それが現実的になっていくよう動けたらなと思いました。今はまだ怖いという方が大きい気がしますが、嬉しい気持ちを選択できるといいなと思いました。」

(47歳、経理)

ちなみに、ウィリー・ロニス(写真家)が、職業に選ばれる感覚を言葉になさっていました。
さらに、河瀨直美さん(映画監督)も、こんなことを仰っています。職業に選ばれる感覚を伝えているため、引用しておきます。

「自分の人生だけだったら、多分どうにも生きてられなかったかもしれないなっていうところに、映画がやってきたので、だからこそそこに ものすごいリアリティものすごい魂入れたくなる、そこにしか入れられないみたいな。(中略)カンヌ(映画祭を目指して映画をつくる)とかそういう、当て込むんじゃなくて、自分が真摯にそれしかないと思ったものが、その人と幸せな出会いをするってことはあるわけで、そういうときにはかげがえのないものが生み出される。(それが結果、カンヌ映画祭で賞をとるといった形に、帰結することがある)」

職業に選ばれたら、あとは一心をかけて精進していくのみです。

* 【開催概要】 2/18, 2/24 ワークショップ「職業があなたを選ぶ」(オンライン)はこちらです。

【開催報告】 10月10日 東京WS「絶望する。希望する」

この中吊り広告、いいなと思いました。おはようございます。吉野実岐子です。

昨日は、約二年ぶりに、神楽坂をぐんぐん上って、ワークショップ「絶望する、希望する」を開催してきました。肌寒い中、毘沙門前でお花を買って、ハロウィンの飾りつけもして、もちろん絶望フードに絶望ドリンクも用意しました。

img_2311

絶望と希望の間で自由だと、人間として尊厳をまもれます。そして、絶望と希望の間で自由である限り、何ができようとできまいと、生き様が魅力になります。つまり、絶望と希望の間で自由な人は、人間としてお手本になっていきます。

img_2316

テーマゆえに、今までのワークショップとは違う、一つの行為をひたすら丁寧に体感しきっていただいてから、次に進むワークショップでした。きっと今頃、あたらしい深まる感覚や広がる感覚の中にいらっしゃるだろうと思います。「あーよく休めた」と思っていただいて、普段緩まない深部が緩み、眠りが深くなるワークショップになっていたはずです。それでは、掲載許可を頂いたので、頂いた感想をみなさまにシェアいたします。

「(今、身体は)重だるい感じ。
(今、心は)これまで開いていなかった新しいドアが開いた感覚。
(今日学び取った中で、これからの人生をとって一番大切なことは)からだの感覚を取り戻すことや先祖供養は、日頃気にかけているエコ的なこととまっすぐつながっていること。

久しぶりにゆっくりみきちゃんとお話できて、嬉しかったです。
自分がどれだけ休息を必要としているかに気づけました。
ひっかかっていた事故のことをきちんと見られたことも助けになりました。」

(41歳、女性、専業主婦)

参加者がお一人でしたので、ボディワークもたっぷり時間を使って行えました。ご本人にとって、これからの人生の優先順位が明白になる、大切な問いにも多々お応えできて、受け取って頂くことができました。人生の指針が変わられました。「今」受け取るというのは、実は結構なチャレンジだったりするわけですが、そこに飛び込んでいただけました。

これから徐々に、落ちる時期がないようになって、真実を生きる覚悟が生まれて、自分の考えを発信し続けられるようになって、どんなときも笑いと感謝を生きて、希望を意図し続けられるようになっていかれるでしょう!

img_2313

こんなプレゼントもいただきました。りんご尽くし!です。一番左の「フリーズドライアップル」は、香りもよく美味しくて、我が家の「絶望フード」に仲間入りです。ジュースはこの後の飲み比べが楽しみです。次のワークショップ作りへのエネルギーとなるでしょう。

うふふ。あ〜楽しかった!ちなみに、我が家の絶望フードには、こんな長期保存パンもエントリーしています。絶望フードは、東京滞在中に、もう少し開拓したいと思っています。

◎ 10月10日 東京WS「絶望する。希望する」の開催概要はこちらです。

【開催報告】 5月22日 ワークショップ「すこやかな怒り」(京都)

おはようございます。吉野実岐子です。昨日開催した「すこやかな怒り」のレポートです。

IMG_4365

季節外れの暑さと乾燥の中、熊本産のレモングラスティ・奈良産ミニトマト・福岡産ラディッシュをご用意し、さっぱりしていただけるようにしました。すべて、こだわりのオーガニックです。トマトは甘酸っぱく、ラディッシュはピリッと辛く、レモングラスは目も覚めますので、きっとさっぱりされたと思います。怒りにフォーカスするため、配る資料もブルーにして、久しぶりにクレヨンに触ったり、コラージュを作ったり、三日月のポーズ(ヨガ)をしたりもしました。

IMG_4374

ご参加いただいた方は、京都の空気のひどさ・氣のわるさに驚かれていました。遠くからほんとうにありがとうございました!それでは、いただいた感想のシェアです。

(今、身体は)落ち着いて力が入っていない感じ。
(今、心は)ちょっとウキウキした感じ。

(今日学び取ったことのなかで、これからの自分の人生にとって一番大切なことは)
怒りは、こわいことでも、我慢することでもなかったんだ。
怒りが私に平安を持ってきてくれることもあるんだ。
境界線があるのとないのの違い、大事だと感じられた。
怒りは大事。もっと怒ってみよう!

怒りについて、たくさん知ることができました。身近になった感じです。
マンツーマンですごく私にとってはラッキーでした。ありがとうございます。

(女性、47歳、経理)

帰りには、こんな初めて&おっしゃれ~なお土産もいただき、次のワークショップも楽しみにしていただき、とても嬉しかったです。

IMG_4380
http://www.jahanakippan.com/

怒りについて、あたま・身体・こころ、スピリチュアル・グローバル、全方向からバランスよくアプローチし、実感だけでなく、技も身につけていただけるワークショップができました。やっぱり対面ワークショップは、オンラインとは違う楽しさがあって、開催できることが喜びです。

これでほっこりしたまま、関西を去れそうです。さぁ来い!素晴らしき物件!

【開催報告】 4/18 ワークショップ「おかえり 」(オンライン),Webinar “Back to Wholeness.”

おはようございます、吉野実岐子です。

今日は、ワークショップ「おかえり」の開催報告です。オンラインワークショップでしたので、スカイプを通して、まずは1名の方に、ご参加いただきました。

傷は、他の傷が癒えることを促し、全体があるべき正しい姿に戻っていくことも促しますが、同時に、傷はけがれもつれてきて、全体がさらに狂う質の低下も、促します。どちらに転ぶかは、みなさんがいかに無意識を自覚されているかに、かかっています。

今まさに、地球上では、短期間にテロや地震が続いています。傷だらけです。放っておくと後者になります。そんな中、前者であろうとする方が、お忙しいのに、きちんと時間を生み出し、ワークショップに参加してくださったこと自体が、今後の希望のかけらだと思っています。このワークショップは、まだまだ続きます。みなさんも、後に続きませんか?

それでは、ご参加くださった方の、感想をシェアします。

(身体の感覚は)
体は背中や首の硬さやコリがとれたようなやわらかくなった感じ。
頭もスッキリとしている。

(心は)
とてもおだやかで優しい。そしてゆるぎない感じ。

(ファーストステップとして、自分に約束すること)
おだやかでやさしい感覚を思い出す。そうじゃないときは、一息おく。

とても不思議な体験でした。会いたかった人に会えた感じで嬉しさと頼もしさを味わった。

(女性、47歳、経理)

不安・緊張・痛み・苦しみにフォーカスするからこそ、穏やかで優しい頼もしいゆるぎない感覚を味わっていただけます。穏やかで優しい頼もしいゆるぎない感覚を味わいたいなら、真に不安・緊張・痛み・苦しみと、自ら出会っていくことです。

ご参加を希望される方は、こちらから遠慮なくご連絡くださいね!日程をご提案頂き次第、随時開催します。いいワークショップになっています。ワークショップの詳細は、以下からご確認ください。傷があるすべての人のための、優しくなれるワークショップです。

【開催概要】 4/18ワークショップ「おかえり 」(オンライン),Webinar “Back to Wholeness.”

12/11,12/22 and 12/30【開催報告】ワークショップ「よいお年を!~事業と職業~」(オンライン)

まだ蜂が飛んでいて驚いたら、タンポポも満開でした。おはようございます、吉野実岐子です。

昨夜はワークショップ「よいお年を!~事業と職業~」(オンライン)でした。

このワークショプも、全国津々浦々から、男女あわせて8名の方に、ご参加いただきました。それでは、頂いた感想をシェアします。

「(身体は)背中がゆるんで丸みがある感じ。 落ち着いてゆっくり呼吸をしている。
(心は)ふんわり。
(自分に約束することは)気が下がった状態を意識する。上がっていたら下げる。

たくさん宿題をもらったような、それでいて頭はものすごく静かな感じ。ゆっくり答えがうまれてくるのかな、それもいいかなとゆったりしている。不思議な感覚。

(46歳、経理)

「(身体は)下半身が重い。
(心は) 自分にとって大切なものを、拒否していたことや、断絶していたことに気付いた。ただ、だからといって、拒否や断絶をすぐ止められるわけでもない。そう上手くはいかない。でも、やめたいと思う。

(自分に約束することは)その人がくれたものを、知ること。記憶にないことは、「本当はこうだったのだろう」と、推し量ること。それは、これから生きていく上で、ずっと大切にしたいことだと認識すること。たぶん、「拒否」が出てくるだろうけど、すること。

うまくいかない感じを抱えていて、その理由と目指すところが、クリアーになった。 自分の根っこと目指すところは、一緒なのかな?週末の夜は、疲れていて眠くなる場面があった。仕事があるので、日中は参加できないのですけどね。」

(43歳、保育士)

「(身体は)背中の力が抜けて、腰が緩んだ感じ。
(心は)ここにいる、ここにいていい、そこから自由に今を見てる。

(自分に約束することは)自分との約束をまもる。
今の現在地と現実を冷静に見て、そこから今を作って望む現実を自分から作り始めます。

すみません、途中眠気で意識が飛んでしまいました。せっかく参加したけれど、まさか寝てしまうとは・・・背中に○○を感じた後で記憶が曖昧です。グループでスカイプをつなぐのが久しぶりだったのでやや緊張しました。他の方のお声で、なんとなくですが反応の違いを感じられたのも興味深かったです。」

(41歳、原料購買)

「(身体は)柔らかい感覚が身体全体にあります。意識はすっきりしています。
(心は)静かで、穏やかな感覚です。
(自分に約束することは)母と父にありがとうと言う。母に、謝りたい、と思うことがあったので、それについて謝る。

全体を通して、穏やかな身体の感覚を感じれました。ゆったりとした時間を過ごし、今は、頭も身体も、すっきりしています。」

(25歳、接客販売)

「(身体は)ゆるんでいる。やわらかく、やさしいものに支えられている。そこにゆだねられている。
(心は) 深さ。遠さ。後ろにいる存在への思いと、その存在を初めて明確に意識したことについての満たされた気分と深いところからわきあがってくる感謝。
(自分に約束することは)ゆるすこと。自分も、周囲の人も。

自分自身を超えたところから自分を見ることができたというのが浮かんでくることです。うしろにいる存在の大きさと、今、この時代にいることについて思いを馳せているところです。意図を持たないことから浮かんでくる大きさというか、広がりのようなものに浸っているというのが今の気分です。

(38歳、コンサルタント)

「(身体は)寝起きのような感じ。
(心は)ぼやっとしているようなすっきりしているような。
(自分に約束することは)××すべきでないものを招き入れること。
これから自分の中で何か変化があるのか、まだよくわかりません。」

(32歳、作家・講師)

「(身体は)軽くてゆるんだ感じ。眠たい感じ、、
(心は)美味しいお水をのんだときみたい
(自分に約束することは)祝福、支えてくれた人への感謝に想いをはせてみる、電話をしてみる

とにかく不思議でした。まだ言葉になりませんが守られている感がします。実は今年はアクシデントで2か月入院をしたりしたのですが、その体験を消化するヒントにもなるかなあと。××さんはじっとしていたけど、私は前に引き寄せられました。それはなんだろう??

(37歳、組織マネジメント)

「(身体は)事業の成功というと、キリットして左脳でなにかを掴む、身体もきりっと整えてとイメージしていましたが、予想通り、みきさんワークショップでは身体が緩んでふわふわ感に満ちています。
(心は)ああそうだったのか~という感覚に満ちていて、そして深く安心しました。

(自分に約束することは)自分が大きいと感じることを自分に許す。
父方の祖父や曾祖父をこれまで自分の人生に招いたこと、感じたとは全くありませんでした。
私は彼から頂いたこと、彼らに背中を押されて社会へ出てきた、その大事なことを改めて思い出しました。そのことが大きく腑に落ちました。」

(55歳、 経営コンサルタント)

「大きな助け」として、眠気が訪れる場合もありますが、必要なことがなされていますので、安心なさってください。また、「わからない」はお伝えしたように、疑いだけ示すことに、謙虚であってください。好奇心に見せかけた疑念も、同じです。

終了後には、明らかに在り方が変わっていた方もいて、つまり、大きく生き方を変えた方もいて、すばらしかったです。みなさんどうぞ、生き続けてくださいね。出会いに心から感謝しています。

開催概要はこちらです。

【開催報告】12/4,12/6,12/26,1/14 and 1/18「名前のいらないワークショップ」(オンライン)

ベランダ育ちのレモンバームティがおいしい朝を迎えています。おはようございます、吉野実岐子です。

今日は「名前のいらないワークショップ」の開催報告です。

オンラインワークショップでしたので、スカイプを通して、日本各地から10名にご参加いただきました。

暗闇から明るさは生まれます。足もとと先に向けての明るさを祈念し、掲載許可をいただけた感想を、みなさんにシェアします。内容に触れるところと個人的だと判断したところは、伏字になっています。

「(今、身体は)弛緩している。鼻と目の通りが良くなっている。
(今、心は)穏やかに緩やかに何かが巡っている感じ。
(自分に約束することは)愛を信じること、愛を感じること。

「こうしたい、ああしたい」などの目的があって参加を決めたのですが、これは何か、これは何故か、何か、何か、、とだんだん思考が停止していくのを感じました。思考が停止することで、ようやく自分の感覚にフォーカスできました。まだ何か不思議な感覚です。」

(43歳、講師)

「(今、身体は)ふううううう~~~~~~と緩んであたたかです。腸が少し動きだしました。
余分な緊張が抜けて溶けてゆきます。
(今、心は)しずかで、今みた死者を感じています。××を感じています。静かです。

(自分に約束することは)私に連なる全てのご先祖様が安心される行動。滞ってしまったお金の整理をまた始める。怖いと思っている事務書類を片付けるどんな書類どんな仕事も溜めない。すぐやる。本当に大切に出来るものだけを残す。自分を大切にし、収入が止まる恐怖から逃れる為に仕事を引き受けない。ひるむこと無く、コンサルティグフィーを提示する。毎日の掃除・整理整頓・お金の整理を滞らさない。
△△と××の諍い。□□と△△の諍いが見えました。**も□□も**も∇∇も、☆☆が「○○」と告げても、受け取りませんでした。その記憶を私が持っていました。手放します。」

(55歳、コンサルタント)

「(今、身体は)鳥のさえずりで生き返った気分。それまで、ずんと重かったです。肩まわりの重さ、特に右肩のこれまでの重みを認識しています。重みの余韻がこだまする感じ。
(今、心は)奥行きを感じる。

(自分に約束することは)自分の命がどれだけの命の上に成り立っているのかを意識する。生き残っている存在なんだと意識する。目の前の子どものケアだけに終始せず、自分の中の子どもの存在を意識する。ぐったりして、具体的な行動を思いついていないけど、何かの行動に結び付けたい。
どっぷり△△で、ぐったりきました~。「○○」にはっとしました。今、目の前に見える、生きている人たちをどうするかってことだけじゃないんだって、気付きました。」

(40歳、専業主婦)

「(身体は)スッキリしている。からだ全体の通りが、すぅすぅと、良くなった感じ。
(心は)静けさ。ひそやかさ。
(自分への約束は)過去の、わたしにつながっている方々に、頭をふかぶか下げる。

おもしろかった。
じぶん一人では、会えなかった人々に会って、伝えたり、目撃したりすることができた。

(43歳、保育士)

「(身体は)コリがほぐれて柔らかくなった感覚。
(心は)優しく穏やかになった感じ
(自分への約束は)私をもっと見て感じる

自分の中からでた言葉に驚きと、やっぱりそうかという両方があった。
ずっとほしかったものを手に入れる方法がひとつ見つかったという感じ。

(46歳、経理)

「(身体は)上半身や、背中が清々しく軽い感じ。みぞおちもふんわりするけど、しっかりある感じ。眠気。
(心は)穏やか。静か。湖の湖面を見ているような。
(自分への約束は)後ろの人たちに日々感謝する。今ここに生きて、生かされていることに感謝。

今日も眠気があり、最初の20分ほど意識が飛んでいました。不思議なワークだなあ、でもなんとなくわかるなあと思いながら受けていました。つながりがない人なんてなく、自分と繋がるいろんな要素があって今の自分がいることの不思議さを持ちました。ただ自分の生を全うしようと思います。」
(41歳、原料購買)

「(身体は)落ち着いた感覚。何かにせかされることのないいまここを味わっている感覚。
(心は)ぽかーんとしていてまわりがくっきり見える。
(自分への約束は)簡単に反応して感情移入せず、事実をありのままにみること。

瞑想の途中で、望遠鏡の穴からのぞいたような景色が見えました。
うしろにいるひとたちのことは否定的にしかとらえてこなかったので、
受け入れがたいこともありましたが、
自分勝手にジャッジせずにいられたら、また新しい何かが開けてくるだろうなと予感しました。」
(41歳、ヨガ・ピラティスインストラクター)

「(身体は)内側から、暖かくなる感覚
(心は)穏やかな感じになっています。
死者に目を向け、祈ることを(自分に約束する)

身体が内側から、ぽかぽかする、不思議な感覚でした。
なんだか、自分の中にすとんと何かが落ちた感覚もあります。


(25歳、接客販売)

「(身体は)穏やかで静かな感覚です。眼は開いているのに、眠っている状態に近いです。

(心は)大きな流れと自分が繋がっていることに安心を感じています。
(自分への約束は)毎日お線香を立てて、ご先祖様に清まってもらうよう話しかける(祈る?)ことを続けたいです。
ご先祖様や死者に意識を向けることはお互いのためということが深くわかりました。リラックスして受けられました。」
(39歳、技術営業)

みなさんのうしろでは、じわじわ静かに確実な変容が始まっているでしょう。聞いたこと・話したことを他言しないことで、みなさんのうしろにルーツに、敬意を払ってくださいね。

すべての問題には、まず敬意を払ってくださいね。問題とは「排除」されるべきものではないのです。ただ見られることを長い間待っていたものなのです。問題があることに、どうにかしようとする方は、ご自身の傲慢さを認める好機です。

* 開催概要はこちらです。

【開催報告】 6/19「エネルギーのうつくしい循環」

6月19日、雨もあがり空気も洗われ、ちょうど田植えがおわったうつくしい時期に「エネルギーのうつくしい循環~お金と時間~」はフィナーレを迎えることができました。

またまた飛行機で来てくださる方がおひとりという形でしたので、事前サポートメールを通じて知ったその方の状態にとことんチューニングしたワークショップを、開催させていただきました。

あることに向かい努力しようとしている方でしたので、飛行機で到着~ワークショップ開始時刻の間、ある場所へ行っていただき必要な体験もしていただきました。

泌尿器系と呼吸器系のケアが必要な状態にいらしたので、ボディーワークはもちろん、そのサポートになるスィーツも用意させて頂きました。

昨年つくった、大分の無農薬の梅と波照間島の黒糖のコラボレーションによる梅のエキスゼリーと、今年つくった、大分の無農薬のびわと熊本の自然農法の甘夏とイタリアの有機白ワインらによる、びわと甘夏のコンポートゼリーと、有機デーツと富山産のハトムギです。

また、いつもより多く精油やフラワーエッセンスにも登場していただきました。

私はいつものように、朝にバナナ一本と柿の葉茶をいただいただけの状態で、ワークショップを開催しました。食べ物を入れると、身体全体が鈍ります。それはつまり、提供するサービスの低下を意味するからです。(パーソナル・コーチングに際しても同様のことをしています)

energyws

お身体もぐんぐん回復され、あらゆるバランスがかなりととのったとご自身でも実感された状態で、帰路についていただけて、本当に良かったです。

それでは、掲載許可をいただいたので、感想をシェアします。

「(今、身体は)自分でつかめなかった感覚を自分の手でつかまえられる感覚。自分で自分の身体がわからないという不安を手放すことができた。

(今日学び取った中で、今後の人生に一番大切なことは)記憶は真実ではない。→過去の記憶に必要以上にふりまわされない。

(これから三週間続けることは)寝る時間を十分にとる、ゆっくりお風呂に入るなど、自分の身体から不要なものを出す時間をとる。浪費プランを楽しむ。

時間/お金だけでなく、自分の身体とも仲直りできた。今後とも参加したいです。

(38歳、女性、会社員)

かなり濃い上質な時をお過ごしいただけたと思います。

今回もシャーマニックな領域まで踏み込めて、わたしは満足です!

 【開催概要】6/19「エネルギーのうつくしい循環~お金と時間~」はこちらです。

【開催報告】 5月4日(月・祝) 「うつくしいリーダー~真心に触れる~」 

おはようございます、吉野実岐子です。子供の日ですね!

5月4日(月)、フィナーレとなったワークショップ「うつくしいリーダー」を、はじめて奈良で開催しました。

わたしたちがつくりだした気候変動による、異様な暑さと乾燥が和らぎはじめた、うつくしい満月の日でした。今回、参加者はおひとりでしたが、事前にお話させていただいて、予定通りワークショップは開催しました。

南方から飛行機に乗っていらして下さったのですが、お住まいがすでに夏のエリアなんです。夏といえば、呼吸器大活躍の時期です。詳しい説明は省きますが、腸と肺は補完関係にあります。食物繊維は腸だけでなく、肺の働きも助けます。

そこで、肺や腸が本来の働きを取り戻すことを助けるメニューをご用意しました。

・大分の無農薬の梅と波照間島の黒糖を使った梅ゼリー
・広島の有機こんにゃくのお煮しめ
・熊本で自然農法で育った甘夏
・アメリカ産有機ドライデーツ

また、ワークショップ中は、肺の働きを高める動きなども、お伝えしました。肺の働きを助ける精油も、使用しました。

0504-1

こうしたことは、お会いできる形式の全ワークショップで行ってきています。すべて知恵として持ち帰っていただき、日常にインストールしていただくために、補完的に整えています。

また、これまでのクライアントさん達やワークショップにご参加くださったみなさんの中では、かなり身体がひらいている方だと、事前にわかったため、その方に合わせて、今回は少しシャーマニックな内容を開催することもできました。この領域をワークショップでご一緒できたのは、わたしにとってかなりの喜びでした。

いつもワークショップでは、事前に一度細かいプログラムを組みますが、どんな方が参加されるか決定してから、もう一度すべて壊して新しく作り直します。

初めにつくるものは、かならず壊される運命にあるので、両思いの前は必ず片思いという感じでした。しかし、やはり来てくださった方に届けたい思いがずっと勝ってしまい、いつもこんな完全カスタマイズ形式で、みなさまにはワークショップをお届けさせていただいていました。

あと一つ残るワークショップ「エネルギーのうつくしい循環」も、そのようにして、お届けします。ぜひ、あと5名来ていただきたいです!

それでは「うつくしいリーダー」にいらしてくださった方の感想をシェアします。(掲載許可済み)

「(身体は)肩の力がぬけて、ゆったりとしている。(心は)これからが楽しみ!!っていう感じ。

(これから1ヶ月)まずプライベートで、リーダーシップを発揮していく。具体的には、家の不要な物を捨てたり、あるべき場所に戻して、キレイな空間づくりをする。

(今日は)もりだくさんでした。1人だったのでプライベートセッションっていう感じで、ラッキーでした。行くと決めた日から、いろいろ始まったという感じで、自分の位置を確認できました。みきさんが全力でサポートしてくれているという安心感と嬉しさもありました。ありがとうございました。弱さをかくさないということが少しできた旅になりました。

(女性、46歳、経理)

終了後は、一緒に関西粉物探究の旅に出かけました。明石焼きをクレープ状にしたかのような奈良焼き、初めて頂きました。

IMG_1990

すでに、1ヶ月間つづくフォローアップで、ご一緒しはじめていて、わたしもワクワクしています!!
おまけに、奈良を走る風流な電車(JR)のドアの写真です。

door

◎ 5月4日(月・祝)「うつくしいリーダー」の開催概要は、こちらです。

【開催報告】3月20日(金)夜 オンラインワークショップ「春のデトックス」

おはようございます、吉野実岐子です。明日でお彼岸もあけてしまいますね。

新月で皆既日食で春分前日、つまりもっともデトックスに適していた3月20日は、オンラインワークショップ「春のデトックス」を緊急開催しました。

沖縄と兵庫から、お2人が参加してくださいました。ちょうどお二人とも風邪を引いていましたが、オンラインだと「出かけると具合が悪くなっちゃうかな」「風邪をうつしてしまったら、悪いな」と、気にしなくていいところも、いいですね!

こころと身体、両方からデトックスしていき、ずっと使って頂けるいのちをまもる技も、お伝えしました。それでは、いただいた感想をご紹介します。

(ワークショップ中は)よくわかんないまま、体を動かしてました。会話しながらなので不安なく、わからないことは聞いて、リラックスしてました。その時より、あとになって「おもしろかったな」という感じが、ふつふつ湧きました。エンタティメントな時間でしたね。

(得やすくなった身体の感覚は)体の感覚、そのものです。いままで、体や心を切り離して、頭で考えすぎたてたんだな、って実感がありました。体の発するサインに耳を傾けてればいいのに。

朝起きて、体の感覚がつかめない、と感じたら、教えてもらった動きをします。そしたら、身体のどこの部位が疲れてる、とか、困ってる、とか気づけます。そうなると思います。

ここ1年は、心を抑えて生きてたなぁ、って気づかされました。目の前にやらなきゃいけないことがあり、心の声を聞いてる場合ではない、感じだったので。新しい職場に来て、言っていい事と悪い事がわからないので黙ってることも、よくありましたし。

心に寄り添いたくなりました。今は心は、小さな声でしかお話ししくれないので、ていねいに聞く必要があるんだけど、体の感覚が整うと、心の声も自然と聞けるでしょう。どんな気持ち?どうしたい?って、ていねいに聞いていきたい。そうして、今の状況や環境を楽しみたいです。

ワークショップを受けている間は、心は喜んでいるようでした。

疲れたときに味の濃いお菓子を食べること・ものを食べながら、新聞を読むこと(をこれからは止めます)

(これから続けていくことは)教えてもらった、体の動きやケアの仕方を、朝晩やります。身体とつながろうと思えば、自然とやるでしょう。なので、続けることは、「身体とつながろうとすること」です。

(43歳、保育士、女性)

身体と対話する時間(を過ごせた)。自分の身体なのに、十分にコミュニケーションを取っていなかったことに気付き、もっと身体とお話ししたいという気持ちがでてきて、それを叶えることができた。

自分が心地いい平穏さ、身体が主体の感覚を得やすくなった。自分の気持ちをより外側から見ることが出来る状態を得やすくなった。

(これからは)何かを麻痺させたいがための暴飲暴食を止める。もっともっと水と白湯を飲む。

(38歳、機械技師、女性)

わたしたちが、身体もこころもデトックスして過ごすのは、地球に対する最低限のマナーです。ご参加の皆さんは、お伝えした技を、ひたすら続けて下さいね!

オンラインワークショップ「春のデトックス」の開催概要は、こちらです。

【開催報告】12/28「エネルギーのうつくしい循環~お金と時間~」

おはようございます、吉野実岐子です。

今日は、おととい28日、いいお天気の中で終わった、「エネルギーのうつくしい循環~お金と時間~」について、みなさんにシェアします。東京は、朝、氷が張っていました。

残念ながらお一人は来れなくなってしまい、千葉・東京から来てくださったお二人とゆったりじっくりじわじわ、進めていきました。二つのお部屋を使って、もちろん身体も開いてから行ったため、のびのびできたかと思います。

IMG_1457

今の季節の身体をサポートするものとワークショップの趣旨に合ったものを、手作りおやつとしてご用意しました。一部をここに書くと、例えば、杏仁豆腐は、肺を潤し、痰を切り、咳を止めることを助けます。ケーキに入れたプルーンやいちじくは、整腸作用があります。ポップコーンは、女性の男性に対する憎悪や嫌悪感を癒すことを助けます。

IMG_1460

そして、おやつを使ったワークもやりました。ここについては、またブログに書きますので、参加されたお二人は、改めてさらに深く身体で受け取るチャンスとして、よかったら活用されてみてください。

例によって、あまり写真は撮りませんでしたが、参加された方の感想を読んでいただければ、伝わるものがあるので、さっそくご紹介します。

(今、身体は)余計な力やコリが抜けて、本当持っているパワーを生かしたくって、うずうずしているような、でもぽんぽんはじけて飛んでいくのではなくて、大地に根づいているような・・・不思議な感覚です。

(今日学び取ったことの中で、今後の人生にとって一番大切なことは)自分のからだの感覚を全力で信じてそれをベースに生きても何ら怖いことはない。堂々とNOを言う、伝えることからも全てを始め、結果幸せになれる。軸があるから遊べる。

(これから三週間続けることは)欲(自己、他者)に敏感になる。なっていい。その分、自分の体を守る術をとることを怠らない。分からなくてもいい、すぐ結論を出さなくていい。問いを持ち続けること。

こんなにも惜しみないワークショップを開催してくださって、
ありがとうございました。

WSに参加するまでの道筋(宿題、そのフォローアップ)を整え、
会場を整え、
内容を吟味して、
体も開いてくださって。
家に帰って、改めて、みきさんのブラウニーをほおばっていたら、泣けてきました。

みきさんは、○さんや私と、そして私たちのその先に連なるいのちにまで、
今日のWSを提供してくださったんですね。
家族、だけではなくて、私たちの頭の上にある空、踏みしめている大地、
命を押し戴いている動物。

そういう点でも、エネルギーって循環していくんだと思いました。いつか必ず、自分に戻ってきますね。

そんなみきさんに、私はどんなお返しできるかなとふと考えたのですが、
100%自分自身として生きていくこと以上に何もないと感じています。

まずは、自分から。

今日は、みきさんからの恩恵を、自分にインストールするために、
ゆっくり休みたいと思います。
ありがとうございました。

(女性、33才、インストラクター)

(今、身体は)静かで落ち着いた中、何があっても、なくても、安心していられる。

(今日学び取ったことの中で、今後の人生にとって一番大切なことは)今の時間をありのままに受けとめ、味わっていこうということ。記憶や思考、感情に引きづられないでいたいなぁと思います。

(これから三週間続けることは)自分に優しくあります。身体が辛いとき、休みます。助けてほしいとき、そう言います。顔のむくみに気をつけたいです。自分の顔を見れるように、腎臓からケアします。そのうえで、ありのまま慈しむ呪文を唱えます。

お金と時間という限られた要素で話が進みましたが、消費・浪費・投資の側面からみていくことで、行動のねっこになる感情が見えてきて、おもしろかったです。そこから派生させて、いくらでも、展開でき、様々に活かせそう!!

(女性、40才、主婦)

2

休憩時間に、沖縄の曲(唐船ドーイ、やなわらばーの曲、など)をかけることになったのも、面白い流れでした。参加されたみなさん、また、残り2回あるフォローアップでお会いするのを、楽しみにしています!

◎ 【開催概要】12/28「エネルギーのうつくしい循環~お金と時間~」は、こちらです。

たったひとりの存在は、こんなにも大きい。

おはようございます、吉野実岐子です。

IMG_1144

11月29日(土)に、ファイナル開催となる「2014うつくしいリーダー同窓会」を開催しました。新潟・埼玉・千葉から、男女三名が参加されて「たったひとりの存在は、こんなにも大きい」を、じっくり味わいながら、今年の自分を慈しんで愛していく時間を持ちました。

大雨でしたが、途中から青空も広がりました。晩秋と初冬の狭間、紅葉も目を楽しませてくれました。

IMG_1197IMG_1207

讃美歌を歌ったり、作品をつくって、にわかアーティストになってみたり、ウサギになってぴょんぴょん跳ねてみたり、踊ってみたり、寸劇をやってみたり、寝転がってみたり、ヒーリングの時間も持ちました。盛りだくさんでしたね!

IMG_1209

IMG_1166

チョコもいただいて、来てくれるだけで、再会できるだけでうれしいのに、最後も全員が当たり前のようにお片づけを手伝ってくださって、みなさんのあたたかさに、わたしもほっこりさせていただきました。もちろんクリスマス気分も味わっていただきました。

IMG_1131

IMG_1145

それでは、ここからは、掲載許可をいただいた感想を、シェアしていきますね。

「色々な経験ができて幸せな一年だったね。どんな時でも大丈夫、いつも守られているよ。全ての経験に意味がある。そして、これから歩む時に、力になる。

それぞれのギフトを分け合おうと思っていると、大きく成長していくと信じて、これからも共に歩もう。

少人数だったおかげで、とても濃い時間を共有できたことが嬉しい。それぞれに感謝の言葉を伝え合えたことで、あったかい心をかかえて帰ることができます。」

(57歳、主婦、女性)

「一歩踏み出して、体験したことが実りとして受け取れるようになったね♡ (ここまでの自分は)頑張ってきたね。ここまで歩いてきて良かった。途中で迷い子にならなくて良かった。

頭と心は一緒だよ。どんな自分でありたいのか、頭だけで考えるのではなく、心が感じていることを大事にしていこう。

今、ここにいる自分を感じられるようになってきました。自分の中にいるたくさんの自分が一緒になり同じ方を向いているさわやかさを感じます。当たり前の言葉が更に広がりを持って、受け取れます。」

(55歳、主婦、女性)

「行きたい場所に行けることを実践して自分のチカラを出せた一年だったね。自分でやめなくてよかったね。

出会う人がいるから、生かされてきたのだと思います。その経験が必要だから、自分に起こっている。日々の歩みを大切に、新しいエッセンスも取り入れて、みんなで乗り切っていこう。

最後まで、参加を迷いましたが、あたたかく語り合える仲間がいることを改めて感じた一日になりました。ありがとうございました。」

(43歳、接客ときにSE、男性)

来年から、ワークショップ開催数はぐっと減りますので、最後はこれもファイナルのお茶もしました。

IMG_1232

なにより「自分というたったひとりの存在が、こんなにも大きい」ことが、いつまでも皆さんの心にとどまっていくでしょう。これからのみなさんのご多幸をお祈りしています。

◎ 11月29日「2014うつくしいリーダー同窓会」の開催概要はこちらです。

【開催報告】 10月19日(日)「うつくしいリーダー~今を生きる~」

10月19日、一昨日は、待ちにまった「うつくしいリーダー」の日でした。

気候変動の影響で、オーダーしていたものが届かず、急遽お出しするメニューも変更して、以下になりました。

・ニュージーランドのキウイ
・淡路島の玉ねぎビスケット
・香川のさつまいも・福岡のかぼちゃ・ココナッツのケーキ

IMG_0922

お出ししたものは、すべて無農薬or有機のもので、南の方の産地の物です。わずかに黒砂糖を使用した他は、自然の甘さです。全粒粉やさつまいもやココナッツのおかげで、昨日、腸が活性化した方も、いらっしゃるかもしれません。

さつまいも小3つとかぼちゃ大1/2を、蒸かして擂鉢ですりつぶしてと、手間をかけましたので、みなさんが本当に喜んで下さって、わたしもうれしかったです。

お飲み物は、有機ルイボスティーが人気でした。これからも、ルイボスティー用意するようにしますね。

IMG_0927

参加して下さったのは、京都・埼玉・東京・千葉からいらしてくださった20代~50代の男女4名で、新しいお部屋をつかって、秋の日差しやハロウィンを感じながらの時間となりました。ハロウィンを演出する帽子を用意して下さった方も、ありがとうございました!

IMG_0923

かぼちゃやさつまいものように、ほくほくした自然な甘さの時間になったと思います。そして、みなさんが認識されているより、ずっと深いところを取り扱っていますので、この後、秋が深まるように、どんどん奥から自然な変容が進んでいきます。参加された皆さんは、楽しみにされていてくださいね。

img_09302

早速、オンラインコミュニティも動き始めていて、いい感じです。それでは、掲載の許可をいただいた方のご感想をシェアします。

『(今、身体は)痛みや不自由な感じがない感覚。(今、心は)静かな気持ち。でも喜びにみたされている感覚。(これから1ヶ月は)自分の身体や気持ちの動きを尊重して、そこから始められる自分(に変容していく予定です)。そのために、身体のサインに敏感になろう!(と自分に約束します)。楽しく刺激的な時間でした。』
(女性、57歳、主婦)

『(今、身体は)ジワーっと硬い液体のような感じ。気体のように軽くなく、固体のようにこってはいない。(今、心は)力強さ。自分は今間違った方向には来ていない安心感(を味わっている)。(これから1ヶ月は)ありのままでいい自分を知ってはいるが、遠慮せず周りを気にせずOPENに表現していく。(今日は)○○さんのおかげで、抽象的ではなく、何かはっきりした心の強さを感じられた。私はまちがってない。愛されている。』
(女性、46歳、クルーズ船アテンダント)

『身体で味わう世界が、目で見る世界よりももっとびみょうで奥深いと感じています。(今、心が味わっている感覚は)いつにない感じ、言葉にするのはちょっと難しいです。(これから1ヶ月で)過去や未来に揺れながら、今と自由に行き来できる自分になっていく予定です。自分に約束することは、自分の身体を大事にすることを第一の優先順位にして、行動を選んでいくことです。(今日は)子供の頃の感情を紙に書き、まるめて捨てたことが、新鮮でした。記憶と自分を切り離せるという体験ができました。初めての感覚です』
(女性、55歳、主婦)

帰りは、今年御用達にしているPAULでお茶して、様々な天然ボケ談義で盛り上がりました。
IMG_0934

ここから数か月後、さらに「気づいたらよくよくみたら、すごく変わっていてびっくり」という体験を、みなさんしていかれると思います。みなさんの旅路をご一緒できること、既にとても楽しんでいます。

☆ 【開催概要】 10月19日(日) 「うつくしいリーダー ~今を生きる~」

【開催報告】 5月16日(金)PM ワークショップ「怒りの正体」

5月16日「怒りの正体」へは、東京・埼玉・茨城・長野・京都から、20代~50代の男女5名が、いらして下さいました。

平日なのに、勤務先をお休みして、遠くからもいらして下さって、みなさん本当にありがとうございました。「自分を愛したい」(地球を愛したいと同意義)に、深くコミットしている方たちの、集まりでした。

最初から不思議なハプニングがあったり、前回のWSからぐーんと変容された方がいらしたり、みんながお菓子をおいしくいただいてくれて、ホッとしたりしながら「今までのWSで一番よかった」「本当に本当に本当に、来てよかった」と伝えて下さる言葉をうけとったりして、私自身も「ほんとうにやって良かった」と、深いところから満足を得られたWSでした。

このWSでは、通常セラピーでないと扱わない領域を、ぐんぐん盛り込んで、みなさんを深いけれども秩序ある世界へご招待しました。

gathering

フォローアップが全体に対して2回、個人に対して1回用意されているワークショップですが、みなさんこの後も、自分のペースを大事に、この6月までの「隠れた感情にアクセスしやすい」恵まれた機会を、ぜひ活用されてください。誰かに歩調を合わせるのではなく、自分の中の小さな自分に、歩調をあわせてあげてくださいね。

わたしたちがこと「怒りは人を傷つける」「怒りは人を操作する」と考えがちなのは、なんてことない、自分の中の怒りを自分で自覚していないからなだけ、だったりします。日常においてこうしたことを経験するなら、自分をクリアにするということに対して、無責任でいると、そういう経験をするだけだということに、目覚めて下さい。

いつものPAULでも、少しお伝えしましたが、自分がクリアであれば、傷つけられることも、操作されることもなく、しっかりと自分をまもっていけます。より現実的な言い方をすると、だんだんとそう実感できる機会が増えていきます。

そして、記憶の連鎖、家族内や会社内、地域コミュニティ内でみられる、あらゆる記憶の連鎖を完了させていける人になります。記憶の連鎖を完了させること、これは偉業です。そのためには、まず自分自身を記憶と区別していくことが、スタート地点です。

IMG_7138

では、掲載をOKしてくださった方の感想をシェアします。

「(今、身体の感覚は)やわらかい感じです。体の中にシコリがない感じです。
(変わりつつあることは)相手の方との間には、きちんと境目があっていいんだという思いがはっきりし始めています。
(今インストール中/アンインストール中なのは)小さい時の感情が今も関係していたんだけれども、変えていけるんだ。変えられないものはない。感情にとらわれたままということはない。
深い所へ、みんなで行ってきた。行ってくれた!!グループ・ワークってすごい。色々思い出せる
。」

(55歳、主婦)

「(今、身体の感覚は)安心ってこういうこと?みたいな感じがあるけれど、胃の辺りがざわざわします。
(変わりつつあることは)私が苦しんでいることを、私自身が癒していけるのかなという気がします。
(今インストール中なのは)自分にやさしくしたい。(アンインストール中なのは)恐怖、不安、孤独・・・。身体にきいて、自分に嘘つかないでいきたいです。
お菓子とてもおいしかったです。身体に染み渡る優しい味でした。」

(36歳、医療関係)

「(今、身体の感覚は)身体の中がすんだ水になった感じがします。それでいて重さみたいなものもある。
(変わりつつあることは)もっと感情を伝えていいんだ、と思い始めてます。
(今インストール中/アンインストール中なのは)自分はダメなんかじゃない。ちゃんと価値があるんだよという感覚。
あっというまに時間が過ぎました。自分の中にあった怒りと向かい合うことができた気がします。」

(23歳、フリーター)

「(今、身体の感覚は)ラクな感じ、肩の力が抜けたような。
(変わりつつあることは)怒りの正体がある、ということに気づいてそれを見ようとする姿勢が生まれたこと。
見えないものをしっかり見る、という姿勢をインストールして、見すごす、見のがすはアンインストール中。
来てよかったです。集まった方との話の中にも、気づきの種がありました。WSのダイゴミですね。」

(47歳、事務員)

IMG_7132

今回のお菓子は、バナナを3本とドライプルーンを8個つかった「バナナとプルーンとココナッツのケーキ」と、キャベツのクラッカーでした。ケーキの方は、バナナをふんだんに使うことで、お砂糖の代わりとしています。多分、マンゴーなど、とろっとした他の南国フルーツでも、同じことができるのではないかと思います。

また、プルーンのおかげでお通じがよくなりますが、その効果を早速実感された方も、いらっしゃるようです。(該当する方は、普段から毎日お通じがくるように、運動を増やしたり、プルーンをとるなど、腸の働きをサポートする思考と心の動きを、選んでいってください。)

キャベツのクラッカーは、今まで玉ねぎのクラッカーをお出ししていたのですが、いい玉ねぎが手に入らはかったので、熊本産の有機キャベツで代用してみました。甘い物の後に、こういうお惣菜風のものがあると、お口の中が落ち着きますよね。次回のワークショップからは、湿度もだいぶ高くなっているでしょうから、夏メニューを考えています。「今回はなにかな?」と、楽しみにしてくださる姿が、すごくうれしいです!みなさん、たくさん「おいしい」を連発して下さって、ありがとうございました。

ぜひ、普段から、身体に深くしみわたって、身体にいることがホッとするようなものを、口にされてくださいね。それが、あなたの身体を正しい身体へ、導いていってくれます。

また、最後にこの時期にいいヨガをお伝えしましたが、心の柔らさと身体の柔らかさは比例します。ぜひ、おふろ上がりに、身体を気持ちいい範囲で、毎日ストレッチしてみてください。見られる職業であるモデルさんは、どんなに忙しい日も、モデルさんはストレッチ or 同じ効果をもたらすものだけは続けるそうです。

毎日、懐中時計をただしい時間にあわせたり、毎日ヴァイオリンを調律したり、毎日包丁をとぐように、毎日身体のメンテナンス(静と動の両方)をしていきましょう。正しい身体に、正しい思考と正しいこころが宿ります。逆は、残念ながらありません。

◎ 【開催概要】 5月16日(金)PM ワークショップ「怒りの正体」