【開催報告】9/11「子宮にやさしく、地球にやさしく~「たたかわなければならない」という幻から目覚める~」【closed】

クローズドですが、9月11日に、東京で「子宮にやさしく、地球にやさしく~「たたかわなければならない」という幻から目覚める~」を、少人数&手作りご飯つきで、開催しました。

せっかくなので、わたしは、1.平日夜の開催 2.手作りご飯つき 3.その場からだけ創り出す(タイムラインなし)という、ミニチャレンジを3つさせて頂く機会として、使わせて頂きました。

裏方のお話になりますが、今まできっちりとしたタイムラインありきで、ワークショップをしてきました。しかし、そろそろ、タイムラインなしという本来のわたしに合う方へ、移行してもいいんじゃないかなと、思っていたんです。とはいうものの…、ドキドキしました。たららん。

ご飯は、無農薬・有機・自然農法の物を、西日本と南日本から取り寄せる&持ってくるで、つくったのですが、お取り寄せの方が、大雨の影響で機能せず、わたしが東京滞在中には結局、頼んだ果物もお野菜も届き終えなかったのです。取り寄せる&持ってくると、リスク分散しておいて、よかったと思いました。同時に、ますます、いろいろなリスク管理と、コントロールできないことを受け入れる農家さんのマインドに、意識がむいた9月上旬でした。結果、もちろん、メニューも大幅に変わりました。

身体にフォーカスした内容のため、手作りごはんを出すことにしましたが、手作りごはんをワークショップでお出しするのは、はじめてだったため、おにぎりの握り加減など、いちいちドキドキしていました。しかし、みなさんそんなわたしの気持ちを掬いとって下さるように「握り加減がちょうどいい」と、言葉を添えてくださったりして、本当に嬉しかったです!

それでは、参加者のみなさんが下さった感想の一部をお披露目します。

「今日も穏やかで、しっとりとした、暖かい時間をありがとうございました。

あの空間が秘密会議のようでとてもワクワクしました♪

今日もいろんなキーワードをいただきました。
一番は…

身体を目覚めさせてあげる⇒そうすると、真実に近づく

この世の中全体と照らし合わせると、なんておもしろいのでしょう。

私は引き続き、ただただ自分の真実にアクセスする日々を送っていきます。
そして、私もその真実を伝えていきます。

実は生理と久しぶりの東京でちょこっとぐったりしてたのですが、ヨガやあらゆるワークを通して、視界が明るくなったり、身体が軽くなって、終わりかけが一番元気でした♪

ご飯がおいしくとても幸せでした!

そして、☆さんの手作りケーキにお誕生日をお祝いしてもらうことは想定外で、本当にうれしかったです。

みなさんと家族のような繋がりを感じて嬉しかったなぁ。
ありがとうございました^^」

「今回のワークショップではゆったりした時間の中でこれから生きて行く上で大切なことが得られたと思っています。

最初の自分の身体の弱い所が実は強いということ。身体からのメッセージの大切さ。ヨガや呼吸法を続けて行こうと思います。

自信を持って胸を張ってと言いますが、立った時に視界に少し胸の辺りが入るのが自分を見失わない姿勢というのも面白いと感じました。

エゴとa part of the truth、エゴからの反応ではなく、エゴを越えた行動。これからの時代、エゴと向き合わざるを得ない局面が沢山出てくると思います。たたかいを強いようとし、あきらめを強いようとする…その時にたたかいでもあきらめでもなく、行動する自分で在りたいと思います。

当日、参加はできないけれどと、☆さんが手作り小松菜ケーキを、お子さんと一緒に届けて下さり、拭き掃除まで一緒にして下さったのでした。ケーキは、心が澄みわたる味で、大事につくって下さったことが、よくよく伝わってきました。

ちなみに、当日シェアした、無水調理ができるお鍋「バーミキュラ」は、こちらです。
そして、DVDを使って、陰ヨガを続けていきたい方は、こちらを、参考にされてください。

【その後の感想】 4/20「子宮にやさしく、地球にやさしく ~身体スペシャル~」

やっと、4月下旬くらいのお天気になってきた、京都です。
環境の変化で、色々なものが乱れた後に、追いついてやれやれという感じでしょうか。
少し前から、鶯もみみずくも猿も(!?)鳴き始めました。(鹿が鳴くところも~)
つつじやハナミズキが終わりかけ、色とりどりのてっせんが満開です。

IMG_7016

さてさて、後日、感想を下さった方がいらっしゃるので、シェアします。

『遅くなっちゃったけど、この前の「子宮にやさしく~」では、ありがとうございました。

子宮で聞いて話す。すごーく、よいね。
意識しないと、すぐ吹っ飛んでしまうんだけど、
前より断然、自分を大事にしやすくなったって思う。

『みきさんにお会いできて嬉しかったです(*^_^*)

子宮に目と口がついてると思って話すってことが一番得たことでした。
そうしてたら、頭から考えてない自分がいて、引き続き、意識しています。
身体で感じるって、そういう方法もあるんだなぁ。という気持ちでした(*^_^*)

すごい冷え性でつい気が上がっちゃうんですが、気を下げて子宮で感じる。
そして感じたことを信じていい。

スローライフも5月からは可能な環境になりますので、近づけていきたいです(*^_^*)』

次回は、福岡でやりたいと思っていますよ、福岡のみなさん!

◎ 4/20「子宮にやさしく、地球にやさしく ~身体スペシャル~」の開催報告はこちらです。
◎ 4/20「子宮にやさしく、地球にやさしく ~身体スペシャル~」の開催概要はこちらです。

【開催報告】 4月20日「子宮にやさしく、地球にやさしく~身体スペシャル~」

4月20日(土)「地球にやさしく、子宮にやさしく~身体スペシャル~」の開催報告です。
(以下の引用はすべて、掲載許可を頂いています。)

参加が叶わずとも「いい会になるように」ご自身がいいエネルギーでいて下さった優しいみなさん、当日、急遽力をかして下さった方、心づくしの対応をして下さったアシスタントさん達、寛容な参加者の皆さんのおかげで、時空をこえて旅するような時間を、ご一緒できました。

千葉・神奈川・東京・静岡から、計9名の女性がいらして下さって、地元の美味しいもの、手作りのものなど、持ち寄って下さって、ミニパーティのようでもありました。写真は、頂いたものの一部です。

IMG_6750

裸足になって、ピフィラティスをした後は、「赤ちゃんぶりくらい」「はじめて」と多くのみなさんが感じるような時間を、ご一緒していきました。

● 会社員、30歳

子宮に目と口があったら何と言ってるか? こう意識することが、身体で感じることに、イコールでした。頭で考えるのでなく、本当の気持ちにぐっと近づきました。子宮と地球の感覚って似てるんだなぁと、おどろきでした!子宮と地球にやさしくあるため「今から自分に約束すること」は、①ゆっくり生きる、②自分を大事にする ③子宮をもっと意識する です。まどわされないで、自分の子宮の感覚、大事にしよう!

● ピラティスインストラクター、38歳

混乱を整然に変換するプロセスを経験しました。自分が動物や子宮のような、より原始的というか、頭でっかちにならないものになりきってみて、普段自分がないがしろにしている部分に気が付いたので、より動物的でより身体の事を頼りにするやり方に、シフトしていく時間を持ったと思います。子宮と地球にやさしくあるため「今から自分に約束すること」は、①休む ②慈しむ ③愛でる です。

● 会社員、44歳

初めて(の経験でした。)今日は、子宮をほぐせたような気がします。やわらかくはずんでいます。子宮というわかりやすいものをイメージすることで、自分にやさしくという感覚がよりわかりやすくなりました。「子宮のもつエネルギー、すごいでしょー」と、子宮が小踊りしています。子宮から全体が見えやすくなる気もします。子宮と地球にやさしくあるため「今から自分に約束すること」は、命がみちた食べ物を口にします。②子宮で聞いて話します。③声なき生き物(言葉が通じない動物、人も含む)になりきって、声をききます。

● 主婦、35歳

肩の力を抜いて、”生きる”ことを楽しめばいい。(という経験を自分に贈れました。)子宮と地球にやさしくあるため「今から自分に約束すること」は、①清らかな空間を保つ ②頭で考えすぎない ③よりそう生き方です。

● 主婦、37歳

子宮の存在感を高める、わたしの身体の中でのスペースを子宮にプレゼント、子宮を主役にしてあげる、という経験ができました。子宮と地球にやさしくあるため「今から自分に約束すること」は、①何をするにも愛をもって(ゴミを捨てる時も電気を使うときも)、②無力感を越えて希望を見ていく(地球に対して)②余るほど持たない。

● 会社員、39歳

体にきく、自分のスピリットを大切にすることを思い出す。という経験を自分にプレゼントできた。子宮と地球にやさしくあるため「今から自分に約束すること」は、①無理をしない、②時間を惜しまない、③心のおもむくまま。(今、子宮に湧き上がるのは)休むこと、癒すこと、自然の摂理。

IMG_6729

ネィティブ・アメリカンの智慧も、すこしだけですが、お伝えしました。(普段は、Be Peaceという名で、スカイプビデオを使って、お伝えしています)

涙ぐんだり、涙をポロポロこぼされている方や、味わい尽くしていて、すぐに立ち上がれない方も、多々いらっしゃいました。ゆるんでゆるんで、最後名残惜しそうに、みんなたくさんおしゃべりして、帰っていきました。

● 主婦、24歳

地球とむすび直される経験を、自分にプレゼントできた。子宮と地球にやさしくあるため「今から自分に約束すること」は、①ある人と距離をとる ② 私は私にやさしくする ③ 本当にありたい状態を恥じない。「私はすでに完全です」と、今、子宮に湧き上がる。

● 主婦、55歳

身体も心もゆるめて、本当に求めていることをさがす時間を、自分にプレゼントできた。子宮と地球にやさしくあるため「今から自分に約束すること」は、①あきらめない ②自分を開くことをおそれない ③毎日を喜んでくらす。今、子宮に湧き上がることは、生命がつながれている不思議、今日を与えられている感謝。

● 会社員、49歳

子宮で考えると、ゆったりした時間がもてる、頭がつかれていた自分にゆとりをプレゼントできた。子宮と地球にやさしくあるため「今から自分に約束すること」は、①頭で考えすぎない(子宮で考える) ② 全てはつながっている ③いいエネルギーを発する。今、子宮に湧き上がるのは、すべては自分から始まること。地球のすべてにやさしいことは、自分を一番輝かせること。

最後に、みなさんがいかに食べたか、残骸?をシェアします(笑)。

IMG_6720

さまざまな形で助けて下さった皆さんも、改めて、ありがとうございました。
次回は秋に、福岡で開催希望なんです、九州の皆さん・・・!

★ 4月20日「子宮にやさしく、地球にやさしく~身体スペシャル~」開催概要はこちらです。

【感謝 ー 満席】 4月20日(土) 「子宮にやさしく、地球にやさしく ~身体スペシャル~」 赤坂

影響されやすく否定と不安の多い閉じた身体ではなく、NOや怒りも正当に扱える開いた身体になりましょう。清らかな自然環境を望むなら、あなたの身体を、清らかに保ちましょう。

有名なマハトマ・ガンジーの言葉”Be the change.(望む変化そのものになれ)”とは、そういうことです。

そこで、今回、対話(焦点は、事柄)+コーチング(焦点は、人)+伝授(ネィティブ・アメリカンの身体の智慧)の三つを使って、ひたすら身体全体をひらく、「子宮にやさしく、地球にやさしく~身体スペシャル~」を、4月20日に、開催します。

身体をひらくと、無理なく、最小限の労力で、必要な変化を起こせるようになります。あたまを身体の一部に、戻してあげましょう。

身体を大切にしたいけれど、とっかかりの分からない方や、あたまでなく身体の感覚で、地球にやさしい方へ、自然とシフトしていきたい女性は、積極的に参加してください。

今回、日本ではまだ珍しい、ピフィラティス(Pfilates)も体験して頂ける、かなりお得な内容です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

4月20日 「子宮にやさしく、地球にやさしく ~身体スペシャル~」赤坂

■ 日 時: 4月20日(土) 13:30~17:30   ※ 開場は13:15
■ 場 所: 森の中にいるような、深呼吸したくなるスペース(赤坂・溜池山王エリア
       ※ 詳細は、お申込みいただいた方に、お知らせします。

■ 内 容: ピフィラティス/生き物の眼/ネィティブ・アメリカンの身体の智慧 etc.
       ※ ピフィラティス(Pfilates)は、先生をお呼びしています。

■ 対 象:  
       □ 頭で考えすぎず、身体をひらきたい。
       □ 買い物をする時、どれがいいかわからなくなる。
       □ 「骨盤底筋って何?知りたーい」と思った。
       □ 身体が冷えていることに、すぐ気づけない。
       □ 人からの言葉など、受け取り上手になりたい。
       □ 考えるのに疲れ、「もういいこれで」と決めがち。
       □ 動物や植物が、大好きだ。
       □ 身体美人になりたい。
       □ スローダウンしたい。
       □ 地に足のついた考え方が、できるようになりたい。
       □ 地球と一体の感覚を、味わいたい。
       □ おいしい水と空気の地球を、取り戻したい。

■ 服 装: 動きやすい素材の、下半身が冷えない恰好。
■ 持ち物: ペン

★ 定 員: 定員9名。女性限定。
★ 〆 切: 受付を終了しました。
★ お申込みフォーム: 満席です。

■ 主 催: グローバル・フラワーリング代表、吉野 実岐子
      (米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ、認定シードプランター)
       http://globalflowering.com/portrait.html

▼ ご留意ください
残念ながら、治療が必要な方のお役には、立てません。ご了承ください。

*ピフィラティスとは・・・

ピフィラティス(Pfilates)は、「Pelvic floor(骨盤底筋) pilates」です。
骨盤底筋(お腹、背中、太腿の筋肉の出発点)は、内臓を支えるとても大事な存在でありながら、その存在を出産以外で、あまり感じられていない陰の大黒柱の筋肉です。身体のバランスを安定させる要となる筋肉であり、便を出すための、腹筋群と肛門括約筋も強くなり、便通が良くなります。また、骨盤内の血流も促され、冷えが改善して生理機能が整います。

近年、骨盤底筋そのものを動かすより、骨盤底筋と協調して働く脚やお尻やお腹を、骨盤底筋と一緒に動かすと、より効果的に骨盤底筋が生き生きすることが、筋電図の値などでも、証明されるようになってきました。手短にいうと、それがピフィラティスです。アメリカの泌尿婦人科専門医が開発しました。

ピラティス経験のある方は、「骨盤底筋を引き上げながら~」と、先生にいわれたことがあるかもしれません。まだ、日本では珍しいピフィラティスで、あなたの大事な筋肉と、会話し始めてみてください。意識すると、骨盤底筋だって、美人になっていきます。自分ではまず見ない筋肉ですが、そこが一番美しいって、最高だと思いませんか?

足指ジャンケンがしづらい/ジャンプの着地2秒前に働き始める筋肉を使ってみたい/美尻になりたい/下腹部が冷えやすい/産前産後のケアをしたい/内腿プルプルしてみたい 方は特に、お見逃しなく!

*今までの「子宮にやさしく、地球にやさしく」への感想

・「子宮から考える」というのは、すごくシンプルで無理がない、ということを経験できた。
・(あることに)考えたこともなかったと気づき、驚愕した。
・(これからも)自分の体に耳を傾けて、エネルギーを感じていたい
・(これからも)何もしない時間を創り、自分と深くつながっていきたい
・生きていることが、本当にありがたいなあ、ってそんな感じです。
・みきさんの集まりだから優しい方たちが集まるんだろうと思っていましたが、やっぱり素敵な方たちでしたね!
・人間が大きなサイクルの中で生かされていることを、忘れてはいけないと実感できた。
・みんな違うんだなぁということ。違っていてもそのままで居られる。
・対話って、キュンからはじまるんだなということ。そして、コミュニケーションについて学ぶということが、地球にやさしいんだと分かった。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

普段から、エコに邁進していたり、身体を鍛えている必要は、一切ありません。いつも迷って、もじもじして、お申込みのタイミングを逃してしまうあなたに、ぜひ来ていただきたいです。

また、普段から、食・体・空間に、意識を向けている方にも、充実した時間を過ごして頂ける、貴重なプログラムになっています。知っている方も、新しい方も、お会いできるのが、楽しみです!

★ 4月20日(土)「子宮にやさしく、地球にやさしく~身体スペシャル~」開催報告はこちらです。

デーツに目覚めるの巻。

写真は、3/2『遊びはいのちをまもる』でわたしが用意したお菓子と、参加者さんが差し入れてくださったお菓子です。

左下のオレンジの器に、デーツ(なつめやし)が入っています、実は、わたしはデーツがちょっと苦手でした。かつてスペインでデーツのデグレット種を食べた時、うへーと思ったのです(笑)。でも、日本の方もデーツに手が伸びているところを、日本で何度も目にして「みんなは好きなのか~」と、今回マジョール種のデーツを用意してみました。

IMG_5274

それで、家に帰り残ったデーツを口にしてみたら、わたしにも、マジョール種のデーツはおいしかったです!そして、すっかりマジョール種のデーツにハマりました。ミネラル豊富だそうです。さらに、10/13『子宮にやさしく、地球にやさしく~沖縄スペシャル~』で、美人アシスタントさんがアーモンドなど木の実を、持ってきて下さったのです。そこで、木の実にめざめ、今回はアーモンドも用意してみました。

今回は、お菓子へのみなさんの反応もおもしろかったです。『体にいいお菓子だと、水を飲まなくても、どんどん食べられるのかー!』『なにこれ?おおきい!あ、おいしーい!(→デーツのこと)』と感嘆の声が上がっていました。お菓子を食べるタイミングも自由にしていたので、開始前やワーク中に、おもむろに小鳥が餌をついばむように、食べている様子は、なんとも自然で、みなさんが動くたび、いい風が吹くようでした。

会社員の方、デーツや木の実は、会社の引き出しにしのばせておくのにも、オススメです。

【開催報告】 10/13「子宮にやさしく、地球にやさしく ~沖縄スペシャル~」

10/13「子宮に優しく、地球に優しく~沖縄スペシャル~」の開催報告です。東京と沖縄から、女性ばかり集まって下さいました。全体としては、こんな時間でした。

・不思議な時間だった
・心地よいエネルギーでとてもリラックスできた
・とても平和なおだやかな状態で参加できた
・人間とは?ということを考えたこともなかったし、何も知らなかったことにきょうがくでした。
・沖縄はとてもい時間でしたね。振り返るととてもいい時間だったことがよくわかります。
・「子宮から考える」というのは、すごくシンプルで無理がない、ということを経験できた。

子宮で考えると『身体の重心が下がる』ので、正しい答えを選びやすいのです。また、事実ベースで、以下を経験して頂きました。

・他国と自国の食文化を比較できた。
・食の大切さ、食べ物に関する自分の経験を振り返ることができた。

わたしたちは、普段から食を通じて地球とつながっています!

・アルパカで生きてみる。
・チューリップだったら…とか、これには食べられたくないというようなものが、意外とスラスラ口からでた。
・ふだん考えない、やらないようなことを体験できた。

という、面白い経験もしていただいてから、「自分とは何か」も思い出していきました。

・ここ一週間のイヤなことではなく、30年前の子供の時が一番思い浮かんだこと→現在考えたり思ったりしているイヤなことは、それほどじゅうようなことではないかもしれない、と気づいた。
・自分についていろいろ思い出す事ができた(ことを、経験できてよかった)。

そして、未来の自分への約束に、つながっていきます。

・頭ではなく、子宮(体)から考えるくせをつけたい。体がほしがるものを食べます。
・自分の体に耳を傾けて、エネルギーを感じていたい
・何もしない時間を創り、自分と深くつながっていく

沖縄から、そして、東京から、ご参加くださったみなさん、本当にありがとうございました。ほんとうに今でも振り返ると、励まされるようないい時間を、ご一緒できたことを、誇りに思います。

終了後は、とってもすてきなお店で、フレンチを頂いて、懇親会でした。アシスタントさんが、とってもすてきなお店を見つけて下さって、心もお腹も、あふれる幸せで、はち切れんばかりでした~♪

今思い出しても、ほんとうに、ラフテーのように、とろけちゃいます…。

最後に、長い期間、サポートしてくださったアシスタントさん、リツイートしてくれたり、フェイスブックで共有してくれたり、人をどんどんつないでくれたり、メールで「子宮に優しく…」を紹介して、輪を広げようとして下さった、世界の色んなところにいる大事な友人のみんな、本当にありがとうございました。

この記事で、みんなにも、子宮に優しく、地球に優しいエネルギーが、届いていますように。

10/13「子宮にやさしく、地球にやさしく」開催概要です。

【募集スタート】 10/13「子宮にやさしく、地球にやさしく ~沖縄スペシャル~」

「命(ぬち)どぅ宝」という、沖縄のことばを、ご存じだと、思います。では、これが、琉球最期の王、尚泰が詠んだ琉歌(和歌と違い、8、8、8、6のリズム)から来ている説があることは、ご存じでしたか?

「戦さ世んしまち みるく世ややがて 嘆くなよ臣下 命どぅ宝」
戦いの世も終わり、平和がやがて訪れる。嘆くな、家来の者たちよ。生きていること、いのちこそが、宝なのだから。

琉球が薩摩に侵攻され、10日後には、首里城を明け渡した戦いで、上の歌は、その際、尚泰王が詠んだとされます。戦いが10日で終わったのは、みんなのいのちという宝を、守るためだったとされます。この説に基づくなら、「命どぅ宝」は、尚泰王にとって、リーダーシップステイク(何があっても放さず、必ずここに戻る軸)だったのです。国家の一大事の際、「いのちより経済」(今の日本)ではなく、 「いのちこそが宝」という考えに沿って、大きな決断をしたリーダーがいたことになります。

「命が宝」だからこそ、負けも勝ちもつくらずに、共存していこうという考えに、つながっているようです。沖縄の底力につながっていると、思います。

===================================================================
 日時:  10月13日(土)12:30 – 16:45 (※ 開場は12:15)
 場所:  沖縄県中頭群北中城村喜舎場の風通しのいい、気持ちのいいスペース。

        那覇空港~会場の道順 → http://tinyurl.com/9tt5uhq
        ※ 詳細は申しこまれた方に、お知らせ。
        ※ 那覇空港より、レンタカー・バス・タクシーで50分
        ※ 遠方の方に、会場近くのホテル情報もご案内します。

内容:  生き物の眼、注文の多い料理店、世界の食、ネィティブ・アメリカンの智慧 etc.

        ※ ネィティブ・アメリカンの智慧以外:オリジナル。
        ※ コーチングでなく、否定のない対話の力を、経験して頂けます。
        ※ ボストン土産のお菓子を、用意します。

 定員:  9名 
 受講費: 10,000円
 
 こんな方にオススメ!:

    ○ 平和を願う方
   ○ 清らかな気持ちになりたい方
   ○ 体感を取り戻したい方
   ○ 子宮を大切にしたい方
   ○ ありのままを観たい方
   ○ この時代に、生を受けた意味を、見つけたい方
   ○ 日本に生まれた意味を、見つけたい方
   ○ エネルギーを感じやすい方
   ○ 動物好きの方
   ○ 植物好きの方
   ○ 子供にうつくしい地球を残したい方
   ○ 安心して住める地球がいい方

   今回、いい意味で、原始的な動物的な人が、集まりつつあります。
===================================================================

アシスタントさんが、すてきな懇親会会場を見つけて、予約して下さいました。そちらも、お楽しみに!

◎ 10/13「子宮にやさしく、地球にやさしく」開催報告は、こちらです。

【感想】 3/11「子宮にやさしく、地球にやさしく」

3/11「子宮にやさしく、地球にやさしく」後、頂いた感想です、掲載許可を頂いたので、ご紹介します。

● 自分が幸せだと世界が幸せになれる。

『私へのメッセージは、もっと自分と向き合いなさい。もっと自分を愛しなさい。そうすれば、周りの人にも愛を注ぐことができる。自分が幸せだと世界が幸せになれる。

行く2、3日前にふと感じたこと。私は瞑想のワークも行ったことがあるけど、ちゃんと自分の内面を見つめることができてなかったんじゃないかと。

私は気分転換にカフェに行ったりもするんだけど、混んでるとゆっくりできないからすぐ出てきちゃう。お気に入りの空間でも心を落ち着けることができない。家でも何もしない時って寝てる時ぐらいかも。

な~んて思ってた矢先のことだから、結構、ビンゴだった。

久々のワークショップで少し緊張したけど、みきさんは知っている方だし、アシスタントの方もコーチングの養成機関で学んだ同期でした。(偶然なんだけど、4年ぶりくらい?)

私は空間が大事な人。その場所は和室でリラックスできるお部屋でした。

私が今できることは、ちゃんと自分に愛を注ぐこと。そして、笑顔でいること。そこから幸せが周りに波及していけばいいなぁと思う。   続きはコチラ

● 今は、生きていることが、本当にありがたいなあ、ってそんな感じです。

『みきさんの集まりだから優しい方たちが集まるんだろうと思っていましたが、やっぱり素敵な方たちでしたね!

後から、じわじわと、いろんなことを感じています。
今は、生きていることが、本当にありがたいなあ、ってそんな感じです。

のびのびさせてもらって感謝です。』

◎ 3/11「子宮にやさしく、地球にやさしく」の開催概要は、こちらです。
◎ 3/11「子宮にやさしく、地球にやさしく」の開催報告は、こちらです。

【開催報告】 3/11 「子宮に優しく、地球に優しく」

3/11「子宮に優しく、地球に優しく」の開催報告です。埼玉・千葉・東京から、計11名の方が、集まってくださいました。

毎晩、眠る時、惜しみなく贈り物をくれる地球に、感謝を捧げています。そして「これからは、恩返しをしていきます。今までありがとう」と、約束します。『子宮に優しく、地球に優しく』は、そういう思いから、開催しました。

以下、ワークに関わるところは○○などに置き換え、参加された方のコメントを、ご紹介します。掲載許可をいただいています。

全体としては、こういう時間でした。

・人間が大きなサイクルの中で生かされていることを、忘れてはいけないと実感できた。
・「地球のために、対話する場をつくる」と、未来の自分に約束したい。
・みんな違うんだなぁということ。違っていてもそのままで居られるということ。

シェアハウス「地球」に、一緒に生きる他の生物の声を、人間は、あまり聞いてきませんでした。地球上の河川と湖の生物多様性は、2/3になってしまったと、OECDが発表しています

・人間としてでなく、○○や△△になってみて、地球に対して望んでいることが、すごくシンプルなことだと思いました
・□□が、フワフワの土に生えたい、ということにキュンときた。対話って、キュンからはじまるんだなということ。そして、コミュニケーションについて学ぶということが、地球にやさしいんだと分かった。
・いい空気より、電気を望む、人間の狂った感覚。明日からも、△△でいたい。感覚をチューニングし続けたい。

「じゃあ、どうしたらいいの?」と思う時、子宮に聴いてみると、シンプルな答えが見つかります。

・自分を幸せにすることって何だろうと思っていましたが、自分が与えられた命だと認識し、与えられた物を人に分け与えられたらいいんだと思えたら少し楽になりました。
・子宮から話す経験が始めてで、自分の深いところで思っている事が、言葉にしやすかった。
・子供がまっすぐ生きていけるような地球にして行けるように、やれることからやっていきたいです。

そして、わたしたちが、既に持っているものに、目を向けます。

・笑いのパワー。笑いにこんなすごいエネルギーがあるとは驚きです!
・つかいきられれば、それが自分をいやすので、出しおしみせず、つかいきられる!
・おしゃべりではなく、対話の楽しさを沢山の方と感じられた。もう1回位、連続してできたらと、思いました。 

そうすると、こんな風にシンプルな、地球への恩返しへの第一歩が、見つかります。

・自分の命を守る、すべての愛する命を守る。 
・自分を楽しもう。
・自分に愛を注ぎ、世界も幸せにしたい。

午後2:46~2:47は、自由時間とし、ゆったりと濃い時間をご一緒しました。ネィティブ・アメリカンの智慧も、気に入っていただけて、よかったです。みなさん、一緒に、地球への恩返しを続けていきましょう。

◎ 3/11「子宮にやさしく、地球にやさしく」開催概要はこちらです。
◎ 3/11「子宮にやさしく、地球にやさしく」の感想は、こちらです。

【募集スタート】 3/11「子宮にやさしく、地球にやさしく」

人間界だけを見た利益・調和から、地球全体の利益・調和へ、シフトしていく時期です。
人間でなく、いのちを中心に据えて、すべて捉え直してみませんか?

=============================================================
日時:       3月11日(日) 13:30(開始)~17:00(終了)
内容:       After 3.11/子宮ワーク/生き物の眼/ネィティブ・アメリカンの智慧

最寄駅:      市川大野(JR武蔵野線) ※ 東京駅・南浦和駅・御茶ノ水駅より、約40分             
会場:       鳥が集まる、池の向かいにある、お茶室です。

定員:       15名 ※ お子様(5歳以上)も、大歓迎です。
〆切:        3月8日 23:59
お申込み先:   http://ws.formzu.net/fgen/S30461234/

こんな人にオススメ!:

○ 優しくなりたい人
○ 地球に恩返ししたい人
○ 動物や植物も喜ぶ、地球を創っていきたい人
○ この時代に生まれた意味を、知りたい人
○ 日本人として生まれた意味を、知りたい人
○ 人と違うことを、もてあましている人
○ 清らかな気持ちに、なりたい人
○ ありのままを、観たい人
○ 子宮にやさしく生きたい人
=============================================================

地球上のすべてのいのちが、互いに大切にしあう世界、一緒に創りませんか?

普段からナチュラル志向であったり、エコについて関心が高い必要は、一切ありません。震災の後、震えながら生きてきた方、耳をふさいで生きてきてしまったという方、おひとりで参加する方も、どうぞ、参加されてください。あなたの居場所は、わたしが用意します。

◎ 3/11「子宮にやさしく、地球にやさしく」開催報告は、こちらです。
◎ 3/11「子宮にやさしく、地球にやさしく」の感想は、こちらです。