【開催報告】 7/31(月)午後 ワークショップ「でも、人生はうつくしい!」(東京)

ミンミンゼミとアブラゼミでにぎわっていた神楽坂で、去る7月31日、ワークショップ「でも、人生はうつくしい!」を開催しました。

名張よりずっとひくい湿度に、身体が楽でホッとしながら、平日が日曜に見える込み具合に驚きつつ、全体としてある空間のきつさには、骨が動き筋肉が収縮し、身体が形をかえていきます。店先のほおずきに、うれしくなりながら、会場に向かいました。

参加者お一人でしたので、その方に必要なことをじっくりやっていって、予定になかったことを一杯したのですが、これがわたしにとっては、大きな恵みになりました。とても感謝しています。約5年、がんばってきたことが、ようやく実りを結び始めたことを、明白に知れたのでした。参加者の方は、驚きと共に、他のやり方ではもたらしえないその変容ぶりを、享受していらっしゃいました。

持っていったお茶やお菓子も楽しんでくださって、ゆるりとしながらも濃い充実した、実は高度なことをたくさんした稀有な経験をして頂いた時間にできたことを、誇りに思います。

では、参加者の方の感想をシェアします。

「(今、身体は)ほっとして脱力。余分な力が抜けている。

(今、心は)普段、蓋をしている思いの大きさに気づき、放心状態。

(これからの自分の人生にとって、一番大切な学びは)現状の苦しさを大事な人に伝えること。

フレキシブルにニーズに応えて下さり、どうもありがとうございました。

(43歳、専業主婦)

この後、2回フォローアップがありますので、またその時間もゆるりとしながら、現実を変えるという意味で大きく飛躍する時間になるよう、心を尽くしていきます。

神楽坂は、一本入ると静かだし、きれいな植栽にも多々出会えるから、うれしいです。

【開催概要】 7/31(月)午後 ワークショップ「でも、人生はうつくしい!」(東京)

地球はボロボロで、世界は汚く、分かち合うしかないこの命をどう生き活かしていったらいいか、全体性を生きる者ほど、途方に暮れては、心がすり鉢ですられるかのような、立ち上がれぬ毎日かもしれません。

大自然を感じるにつけ、世界情勢を感じるにつけ、心はあっという間にパウダー状になります。期待値を下げれば落ち込まずに済みますが、そんなスレッカラシにはならず、無力ではない微力な自分のまま痛みに苦しむ人に、わたしは味方します。自分の理解の浅さや狡さを知り「最短で自分を変えることで、世界や地球を変えていく」という思いに嘘がない人を支えます。

わたしたちは地球に生きる生物として、人間社会を形成していますが、経験するのは自分の人生だけです。不健康な地球も、品の損なわれた社会も、すべてがあなたの人生をうつくしくする始まりにすぎません。痛みにあえぐという希望の中で、まだ見ぬ楽しみを知らせてくれる苦しみに器を広げてもらい、どんどん自分を力づけて気高く生きましょう。

—–

◆ 7月31日(月) ワークショップ「でも、人生はうつくしい!」 ◆

– 日 時: 7月31日(月)昼13:30~午後17:30
– 最 寄: 飯田橋駅(JR), 飯田橋駅・神楽坂駅(東京メトロ) 、牛込神楽坂駅(都営大江戸線)
※ 場所の詳細は、ご参加の方にお報せいたします。

– 対 象: 以下に、1つでも「YES!」が出る方向けのワークショップです。

□ 寝っ転がって夕焼けを見れば、幸せ。
□ おひさまの匂いのする洗濯物が恋しい。
□ 生きている実感を、お金で得たくない。
□ 空や大地や海に値付けするのは、異常だ。
□ ペットに依存して生きる人は、不気味だ。
□ つぎはぎの空や大地が、苦しい。
□ わたしたちの世代の過ちくらい正したい。
□ 子供に何を遺すか、真剣に考える。
□ まず自分から変えようと、心から思える。
□ 何が起きても、ただ幸せに向かっていく。
□ 和らげたり慰めたりなだめず、生きたい。
□ 痛みを奪えば絶望に向かうと理解できる。

– 参加費: 25,000円
– 定 員: 6名        ※場所の規定上、小学生未満のお子様連れNGです。
– 〆 切: 7月28日(金)夜21:00

– お申込みフォーム:https://ws.formzu.net/dist/S86985973/

~ キャンセレーションポリシー ~

お申込み後のキャンセルには一切応じません。単発コーチング(60分)への振り替えは可能です。治療が必要な方(喫煙や飲酒の常習だけでなく、共依存の状態を含む)は、ご参加いただけません。

~ 特典 ~
後日、グループでのフォローアップがつきます。詳細は、ご参加の方にお伝えします。全員参加できるよう、日程も調整します。

~ 主催 ~

グローバル・フラワーリング 吉野実岐子(米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ)

-----

せっかく室内開催になったので、富山と石川の滋味豊かな、口にすると生き返るもの、お持ちいたします。ご参加の方は、上半身は動きやすい素材・デザインの物をお召しになり、アクセサリー等は外していらしてください。また、お申し込み後に、詳細をお伝えします。

珊瑚は、水のきれいな海でしか生きていけません。しかし珊瑚がいると、海の水はますますきれいになります。人間はまだ、地球にとって「珊瑚」になれる可能性を秘めています。