今年の9月

Tags

見ていると、今年は9月に人生における方向感覚や自分自身を見失った方が多かったです。

そんな時の自分の特徴を知っておくと、危機管理上の仕組みにはなります。よくあるのは「やたらと天気のことを言い始める。それもまるで今でも四季がちゃんとあるかのような物言いをする」「妙に深刻になり、穴にはいった動物みたいになる」「(多くの重いことに耐えきれず、優先順位を見失い)何事も起きてないように「運動会晴れるといいなー」のような能天気な発言をする」でしょうか?

これらは、自分にとっての警報だと思うと、いいでしょう。つまり上は警報の例でした。

海で泳いでしばらくすると、どちらが岸かわからなくなります。9月は波にさらわれたように、岸と逆の方に向かい、方向を見失っては酔っ払ったような能天気で乱雑な状態に入る人が、とても多かったです。さらに一段深く狂ったということです。

そして、未だブイの近くでたゆたって「空が広いなー海は大きいな」といって、自分が方向感覚や自分自身を見失ったことに無自覚な人が、たくさんいます。岸はこっちです!

不安が強いって素晴らしい。

Tags

「不安はダメ、安心はいい」そんな風にバッサリ裁断してませんか?だとしたら、柄の布地の柄だけを近くでみて「これはわたしに似合わない」と、判断しているようなものです。少し離れて布地を身体にあて鏡でみてみると、意外に似合っていることもあるのに、もったいないです。

不安と安心は、生と死のようにつながっています。そして、不安が強いからこそ、1円をまちがえてはいけない職務や、準備が物を言う仕事をまっとうできたりします。不安が強いからこそ、どんどん面白いものを発明しちゃう人もいます。歴史上の人物だと、吉田松蔭などは不安が強かったと言われます。

ただ、不安をどう使うかなんです。不安に巻き込まれて自分を見失うのも、不安をリソースとして使うのも自分次第です。「さびしいのは嫌」「不安はダメ」のように嫌っていると、それらはリソースとして認識されないから、たくさんあっても全部廃棄されてしまい、もったいないですよ!

意識すればいいは未解決。

Tags

募集中の単発コーチング、今夜21時〆切です。

さて、意識すれば何とかできることって、ありませんか?気をつけてやるとか、紙に書いて貼っておき意識が書いたことに向くようにするのです。これらは、意識しないときとは違う体験は運んでくれますが、そうなる理由をひもといて、解決することはしていません。

どんどん意識しなきゃが増えたら、緊張が高まり強迫的になり、ケアしているつもりがダメージを与えるという狙いと逆の結果を呼び寄せるだけです。(この段階では、評価基準を歪めることが当たり前になっているので、それを自覚することが難しい)

「意識すればいいだけだから」「意識するための仕組みを用意すればいいだけ」は、未解決の状態をあらわします。そんな風に、絆創膏を貼っただけで、解決することは、限られているんです。

“I’m feeling lucky.”にたたずんでみる

Tags

,

わたしたちは、特に子供時代に、苦しみやつらさに、ただ堪える他ない時期を持ちます。1歳の子が「自立して家でれば大丈夫」とは、思えなくて当たり前です。

ただその時期が長いと、もう自立して家を出られる時期にも、耐え続けてしまうことがあります。苦しみやつらさがなつかしのホームのようです。

そんなとき”I’m feeling lucky.”にたたずんでみることは、今までにない匂いを持つ風を吹かせます。つい、いつものホームとは違う方へ、足を運びたくなるんです。

朝の小鳥のように、口ずさむところから、はじめてみませんか?

Je suis bien dans ma peau.

Tags

“Je suis bien dans ma peau.”はいわば「ありのままの自分に満足している」の意味です。それはつまり、自分のスタイルを知っているから、朝の身支度をさっと終えられる現象に現れます。

あるいは、さっと整えた食卓から、その食卓に着いた人はこんな印象を受けるという形で表れます。「かけがえのない今日という一日には、大事なことがたくさんあって、だから食事に手をかけすぎる必要がないの。満ち足りてるの」

さらには、休みの日だからとか家の中だからと言う理由で、だらしなく過ごすのではなく、身だしなみや服装を整えることで、自分や家族に敬意を示す形で現れます。「自分は大事な存在なんだ。家族のあなたはすごく大事だよ」と言うメッセージになるのです。

「きちんとして見える」「高く見える」という他人目線のジャッジではなく、まずは自分に敬意を払うことを続けて生活すると、”Je suis bien dans ma peau.”という想いも、自然と湧くようになるでしょう。

小さな楽しみに大きな喜びを見いだす

Tags

,

大人になり、ジャッジまみれになると、楽しみにも大きい小さいが生まれます。損得から入るので、大きな楽しみに小さな喜びを見出しては、人に喜ばせてもらおうとする小賢しさを、賢さと勘違いするありさまです。

しかし、子供には楽しみに大きい小さいもありません。それがわたしたちのデフォルトてす。雨の降り方が楽しいし、空の変化が面白く、それはキャラクターに会える遊園地に行くこととは、違う面白さだと知っています。

でも、大人の方が子供の興奮する姿に「やはりキャラクターに会える遊園地の方が、大きな楽しみなのだ」と勘違いします。単に神経が興奮し、気持ちが高揚して、判断力を平常より失っている傷つきやすい状態なのに、それを大きな楽しみを与えた自分への評価と見てしまいます。

子供の方がじんわり広がる喜びをしっていて、自分で探索するワクワクに従っているのに、それらを奪い、刺激だけを与えて飼い慣らし、ジャッジしまくりの自分のミニチュアを作っていく姿は、見るに堪えぬものがあります。

小さな楽しみに大きな喜びを見いだせる暮らしの技術くらいもって、リアルな子供よりは大人になりませんか?

力を奪う刺激(二)

力を奪う刺激である、わたしたちの気分を悪くしたり、体調を変にさせたり、無自覚に思考を狂わせるものの内、日常的にあるいは定期的に入り込むものには、とにかく室内にあるいは体内に入れない仕組みが功を奏します。

ちょうど今の時期は、部屋に冷気が入ってくる場所がどの場所か、特に夜になるとわかりやすいと思いますので、その場所から塞いでいくと、効率がいいでしょう。近隣にタバコを吸う人がいたり(換気扇や通気口からも入ります)、田舎など近所で野焼きをしている場合には、窓やドアの隙間を見つけて、テープを張っていきましょう。少なくとも、ドアの下部については、ニトムズのこのテープがいい働きをしてくれました。(他の部分については、もっとこしの少ないふにゃりとしたテープの方が向く場合があります)

野焼きだけでなく焚火やスモーク(ハムなどをつくる)は、ホルムアルデヒドをはじめとする化学物質を発生させます。特に田舎だと延々一週間以上、あちこちでモクモクしていて、全部家の中に入ってきたりすることになります。そうすると、そうしたホルムアルデヒドが壁や天井について、高温多湿時に一気に空中に放たれることにもなります。化学物質は閾値を超えれば、誰でも化学物質過敏症になるという意味で、危険なものです。

力を奪う刺激を減らしていけば、妙な気分の落ち込みや無自覚な思考の狂いや何とも言えない変な体調から解放されるケースも多いので、ぜひまずはテープから、貼ってみて、ちょっといい明日を自分に贈ってあげて下さい。

力を奪う刺激(一)

Tags

毎日に喜びを増やしていくには、あなたから力を奪っているものを排除する必要があります。その一つに、多くの方が既に嗅覚をかなり失っているから気づいていない、化学物質の存在があります。

クラスで順番に回ってくる子どもの給食着や家に来た業者さんなど、外から来た「いい仕事をしてくれた」「いい人達」が持ち込んだ香りの成分である毒物は、家の壁や天井などに沁みついていて、主に夏になると揮発します。高温多湿下で揮発するときにも、匂いというよりその成分がみなさんをだるくさせたり、喉が少し痛くなって「あれ?風邪ひいたかな?」と思わせたり、なんだかよく眠れないという状態を起こすだけで、匂いとして感知されないものもあります。

その場合、試しに壁と天井を水拭きしてみて下さい。柔軟剤の成分などは、それで再度香るので、香りとして認識されやすいから、この段階でギョッとできる方もいらっしゃいます。既に感覚をかなり失っていて、認識できない方も、高温多湿になったときに、息が苦しくなったり、気管が狭くなるような感じがあったり、ごくわずかに動悸がしたり、頭痛がしたり、セメダインのふたを開けたときのような刺激を薄めた刺激を少しでも感じていたなら、高温多湿自体も苦手かもしれないけれど、実際にあなたから力を奪っているのは、化学物質の方だと認識を改める必要があります。

除去方法は、既に今年のメールマガジン内で何度かご紹介しています。過去のメールマガジンを辿ってみて下さいね!

 

フェイクはあなたから力を奪う

Tags

毎日がちょっといいものになっていくには、あなたから力を奪うフェイクから手を離していく必要があります。「なんだかいいんだよね」「つい寄っちゃうよね」「イマイチって思ってたけど、この間見たらすごくかっこよくて、そこからハマって」こんな調子で語られることが多いのが、フェイクの特徴です。

こうしたフェイクは、みなさんの中で満足感や安心感として語られます。つまり、満足や安心は得られていないんです。「満腹感を得るために、ごはんに〇〇を混ぜて」と自分をだますダイエット同様、満足感や安心感を届けてくれるものは、みなさんを堂々とだましていて、みなさんはそうした騙しを両手を広げて招き入れている状態です。

「好きっていうより、手軽だから。満足感が得られるのよね」「安心感があるから、つい手にとってしまうの」「あの人と話していると落ち着いて。落ち着くっていうのともちょっと違うかなぁ?なんか安心感があるの」こんな感じでみなさんが、日々誰かに話している〇〇感というフェイクに、手を伸ばすことを止めて、〇〇そのものを生活に招き入れるんです。

みなさん自身は、決してフェイクではありませんよね?リアルに存在している自分の中に、フェイクを詰め込んでいくと、何となくの不安や不満や焦りが、毎日感じられてしまうようになります。だから、その逆をいくんです。

この時にしか着れない贅沢さ

Tags

断ることができなかったりして、自分を傷つけることが当たり前になっていると、自分の満たし方を誤っていることがよくあります。

「今もっていないあれがあれば、もっと素敵にできるのに」は代表的な誤った満たし方でしょう。

例えば、夜寝るときにくたくたになって気持ちの良いスエットやTシャツを着ているなら、夜寝るときにしか着られない贅沢さを、自分に送ってあげる必要があります。つまり、ちゃんとパジャマを買うのです。

「最悪、このままのコンビニには行ける」と言う格好は、あなた自身を含め誰にも敬意を払っていない服装です。そうした見境のなさは、人生の他の面にも当然現れてきます。

ちなみに、パートナーが浮気をしているかもしれないと言う人によく提案するのは、パートナーの服に、あなた自身の手できちんとアイロンをかけることです。しわをとり、つまり見境をきちんとつけてあげると、それは浮気心という見境のなさに、ある程度の歯止めをかけてくれます。また、毎日のワイシャツやブラウスが「この時にしか着れない贅沢」になりやすくなり、仕事への誇りの種となります。

 

【募集スタート】単発コーチング「ちょっといい毎日」(1ヶ月サポート)

生きていると色んなことがあります。でも、そうしたことが視野にちゃんと入りながらも、ちょっと嬉しい毎日を創ることを、わたしは大事にしています。その方が、自分の心身も緩むだけでなく、周りにもいい影響を与えることを知識ではなく、五感を通じて経験し理解しているからです。

わたしたちは「どうしよう!」と縮こまってガンガン考え解決策を捻りだすことがあります。そうなるために緊張ホルモンを出す必要があるので、その前に不安になったりしますが、それを適度でピタッと止めると自分にも周りにも未来にもいいと、わたしは体感したから理解できています。

ここまで読んで「自分もそうなりたい」と憧れた方もいらっしゃると思います。まずは、その憧れる状態を継続するようにしてください。その上で、いきなりこの状態に飛べないので、順を追ってすべきをし終える必要があります。

同時に、そのファーストステップを踏み出すことは、あなたの人生を好転させる車輪が回り始めることを意味します。1ヶ月間、その方向に追い風が吹けば、憧れ=現実になる日が来ることも感覚としてわかるかもしれません。そんな淡い思いを抱く方に、単発コーチングを提供します。

—–

単発コーチング「ちょっと嬉しい毎日」

■ 日 時:
11月8日(金)20:30~21:30
11月11日(月)15:00~16:00
11月23日(土)13:00~14:00
新日程(~11月30日)を提案する

■ 対 象: ~ 以下の状態をひとつでも得たい方~
□ 朝が来た喜びに、鼻がちょっと上を向く
□ 気を逸らす or 視点選択と違う自己管理
□より大きな視座でバランスをとる生き方
□ 喜びの力を前向きに評価し、活用できる
□ 「周りも自分も幸せ」の正しい理解
□ 嫌なことをバネでなく、春風にする方法
□ 喜びの尊さに触れる
□ なかったことにしなくても、喜びUP
□ どんな時も堂々とうれしく在れる
□ 「威厳がある」の正しい理解と習得
□ 自動的に苦しむ不自由さからの解放
□ 苦しみの先に冒険を生める(どMと違う)
□ もう自分の人生はどこにも散っていかない
□いのちをもらった尊さが実感される
□ 真実/理を生きたい
□ コーチングを試したい

■ 手 段:スカイプ or 電話 or Zoom
■ 参加費:33,000円(税込)
■ 定 員:3名
■ 〆 切:11月5日(火)21:00
▼ お申し込み:
https://globalflowering.com/spot_coaching.html

~ キャンセレーションポリシー ~
お申込みと共に、キャンセレーションポリシー適用となりお受けにならずとも、セッション費はそのままお支払い頂きます。お子様の急な発熱・弔事・天災によるライフライン断絶時などには、日程を調整し、対応します。過去にクライアントさんだった方に限り、お子様と一緒のコーチング・お子様へのフィードバックも承ります。頂いた感想はこちらです: http://wp.me/p2ZjtS-9L5ご自身がコーチングを申込んでいいかわからない状態にある場合、そう感じる状態を詳細に表しご連絡下さい。一緒に判断しましょう。

Formaldehyde

Formaldehyde is a known cause of sick building syndrome. Maybe you don’t know that formalin is an liquid solution of formaldehyde. And also formaldehyde is included in both cigarette smoke and e-cigarette vapor.

So even if you are a non-smoker, when you are exposed to second-hand smoke, you are affected by it and will feel pain in your nose, throat and eyes.

My noisy neighbors love toxic things including smoking heavily. And their smoke come into my house every day. I taped all of the cracks in my room. And I use two high performance air purifiers. It improves the air in my room, but I still feel pain pinpricks and inflamed sinuses. These symptoms have intensified and I cannot sleep even if I wear an activated carbon filter mask. 

I had never experienced sick building syndrome before, but I was reminded of formaldehyde. I used a spray with a formaldehyde enzyme. So immediately I could breath deeply and my sinuses improved.  Even the floor felt differently on the soles of my feet.  I felt that my room became bigger.

I used many products to remove all the smoky odor, but there are still toxic residue, like formaldehyde. Formaldehyde is colorless and sometimes odorless. I wiped the floors with a cloth every day. This works to remove odors to some extent, so it is hard to detect toxins through smell.

If you feel some pain on your sinuses, it is worth thinking about formaldehyde.

オメガ3のオイル

Tags

日本のどこであれ、安全な魚を手に入れることが難しくなりました。そのため、今年からはオメガ3のオイルを摂取するようにしています。

朝サラダをいただくことが多いのでドレッシングに使ったり、あるいは朝のシャワー時のオイルプリングに使うこともあります。

肉より魚の方がずーっと身体に合うので、肉はほぼ不要だったわたしですが、311以降はそんなことを言っているといのちに差し障るようになりました。

また、魚は水銀など有害な金属を含むため、魚だけの生活は簡単にいうと健康リスクが増します。かと言って、毎食豆腐一丁いただくわけにもいかず、そうなるとやはりバランスよく頂くという結論に達します。

そんな点からも、オメガ3のオイルには助けられています。ちなみに、クルミなどもオメガ3オイルを含みますが、ローストしたものは含まないそうです。

地球全体がどんどんアンバランスになるなか、逆にバランスをとるのは、揺れの激しい車内で倒れないときのように、自分に集中していく必要があります。

自分に集中するとは、新しい情報を得ることでなく、まず実感していくことです。よりバランスをとろうとして、自分に集中していれば、少ししか加える必要がないことを、自覚できるでしょう。

Like Tofu Makers

My sense of discipline has helped me.  For example, it has helped me to walk every other day.  Discipline has helped me maintain my health for a long time.  However, I have wanted to change such fixed everyday rituals to more appropriate adapted ones for my body based on my needs for the day. 

In Japan, tofu makers change the amount of water to soy beans to make tofu every day, because every day we have different weather. I think that that is a more natural method than doing the same thing regardless of weather.

I wanted to be like the tofu maker for my body. They feel the conditions of both soy beans and the weather.  I also wanted to sense the condition of my body and the weather more.

I have believed that repeating the same thing changes the quality itself. And it happened like a thunderclap.  Suddenly I became like a tofu maker. Now I can prepare the most appropriate exercise routine like yoga, walking and stretching for the day. I can stop at the comfortable level of the day.

This is a new dimension for me. It is very fun!